【RAV4 Prime(プラグインハイブリッド)最新情報】発売日、価格、航続距離、燃費、PHVシステムなど

スポンサーリンク

トヨタのSUV、RAV4に、プラグインハイブリッドが設定されます。

RAV4のプラグインハイブリッド車は、ガソリン車やハイブリッド車よりもかなりパワフルで、燃費だけではなく、走りも楽しいクルマになりそうです。

このページでは、RAV4、プラグインハイブリッド車の発売日、価格、航続距離、プラグインハイブリッドシステムなど、気になる情報を紹介します。

車名は、RAV4 Prime?RAV4 PHV?

RAV4のプラグインハイブリッド車ですが、車名は「RAV4 Prime」として発表されました。

これは、ロサンゼルスオートショーで発表された車名なので、アメリカ市場では「RAV4 Prime」という名前で発売されるということですね。

プリウスPHVも、アメリカ市場では「Prius Prime」という名前で販売されているので、日本ではRAV4 PrimeはRAV4 PHVという名前で販売されるのではないかと思います。

関係者の知人に聞いたところ、日本市場での車名はRAV4 PHVになるだろう。ということでした。

RAV4プラグインハイブリッド車の日本発売日は、2020年夏

RAV4、プラグインハイブリッド車の日本発売は、2020年夏に予定している。とトヨタから公式発表が出ています。

米国、日本では2020年夏、欧州では2020年後半に発売予定となっています。

ガソリン車、ハイブリッド車は、日本発売日はアメリカよりも数ヶ月後でしたが、プラグインハイブリッド車は日本も世界最速で発売されるようです。

RAV4プラグインハイブリッド車のデザイン

RAV4プラグインハイブリッド車のデザインは、ガソリン車、ハイブリッド車とほとんど変わりません。

RAV4 プラグインハイブリッド

出典https://global.toyota

価格の高いプラグインハイブリッド車ということで、いくつかの点で他のグレードと差別化されています。

・専用ミッドグリル
・専用ロアバンパー
・専用アルミホイール
・ヘッドアップディスプレイ
・パドルシフト

RAV4プラグインハイブリッドには、以上の装備が採用されており、他のグレードよりも質感が高められています。

とはいえ、詳しくない人から見たら、エンブレムがプラグインハイブリッドになっているという点くらいしか違いは分からない程度のデザインの差です。


出典https://global.toyota

室内空間は、ハイブリッド車と同等

床下にバッテリーを配置するスペースが確保してあり、バッテリーは床下に置かれるので、室内空間はハイブリッド車と同等となっています。

RAV4は設計があたらしいということもあり、はじめからプラグインハイブリッド車を設定することを前提に開発されたのでしょう。

PHVシステムは、とてもパワフル!

RAV4プラグインハイブリッドのPHVシステムは、とてもパワフルです。

システム出力は302hp(306ps)と、ハイブリッド車のシステム出力よりも83hp(84ps)もパワフルになっています。

エンジンはハイブリッドと同じ2.5Lエンジンですが、モーターの大容量化などにより高出力化を実現しています。

0-96km/h加速は5.8秒と、ハイブリッド車の7.8秒を大幅に上回る、とても速い車に仕上がっています。

駆動方式はe-Fourの4WDシステムが採用されています。

災害時には電力供給車として役立てるよう、最大1,500W出力することができるコンセントが搭載されています。

燃費は、プリウスPHVよりも3割ほど低い

RAV4プラグインハイブリッド車の燃費は、90MPGeと発表されています。

MPGeというのはアメリカの燃費基準でピンとこないかもしれませんが、プリウスPHVの燃費は、133MPGeです。

プリウスPHVよりも3割ほど低い数値だと思っておけばよいですね。

プリウスPHVのJC08モード燃費は37.2km/Lなので、RAV4 PHVのJC08モード燃費は26km/L程度になると予想することができます。

EV走行距離(航続距離)は、62km

RAV4プラグインハイブリッドのEV走行距離は、62kmとなっています。

これは、プリウスPHVの68kmよりも若干短い数値です。

プラグインハイブリッド車のSUVとしては、三菱アウトランダーPHEVが65kmですから、それよりも少し短いですが、おおよそ同じくらいですね。

アウトランダーPHEVでは、実走行距離で40km程度はいけるので、おおよそ同じくらいだと考えておけば良いでしょう。

短距離の走行が中心なら、ほとんどガソリンを入れることがなくなりそうです。

価格は、ハイブリッドよりも80万円ほど高くなる?

RAV4プラグインハイブリッドの価格は、ハイブリッド車よりも80万円ほど高くなると予想されています。

現行RAV4ハイブリッドの価格を紹介しておきます。

HYBRID X・・・3,261,500円~

HYBRID G・・・3,888,500円~

RAV4プラグインハイブリッド車の価格は、400万円程度~ということになりそうです。

補助金がいくらもらえるのかはまだ決まっていませんが、アウトランダーPHEVと同額であるならば20万円ほどもらえることになります。

RAV4プラグインハイブリッドに関して新しい情報が入りましたら、また更新します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする