【新型 日産ノート(e-POWER)リーク情報】発売日、サイズ、スペック、価格など、予想情報。3ナンバー化、プロパイロット搭載か

スポンサーリンク

日産のコンパクトカー、ノートがフルモデルチェンジされて、3ナンバー化されるという情報がデてきています。

このページでは、新型ノートのデザイン、サイズ、パワートレイン、燃費、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

新型ノートの発売時期

新型ノートの発売日は、2020年秋と予想されています。

現行ノートは2012年から販売されており、8年が経過しています。

モデル末期にしては、e-POWERが人気を集めており、2019年の販売台数ランキングでは、登録車でプリウスに次いで2位と、大健闘しています。

スポンサーリンク

新型ノートのデザイン

新型ノートは、海外で販売されているマイクラがベースになるといわれています。

マイクラよりもVモーショングリルが大きくなり、上級モデルでは、セレナハイウェイスターや、今度発売されるキックスのように、シルバー加飾が入ると予想されています。

マイクラのデザイン

出典https://www.nissan.co.uk

セレナハイウェイスター

インテリアはマイクラとは別もので、上級グレードでは、デジタルメーターが採用されると予想されています。

【追記】
新型ノートのテスト走行の様子が、日本国内でも撮影されています。

次の項目で紹介しますが、新型ノートは3ナンバーサイズになるといわれています。

シルエットを見ても、3ナンバーになっていそうな雰囲気はありますね。

新型ノートのサイズ

新型ノートは、3ナンバーサイズになると予想されています。

<新型ノート予想サイズ>
全長4,100mm✕全幅1,740mm✕全高1,500mm

<現行ノートのサイズ>
全長4,100mm✕全幅1,695mm✕全高1,520mm

ノートが3ナンバーサイズになると、日産の5ナンバーサイズコンパクトカー、マーチだけになります。

マーチは、もうすぐ一部改良されて予防安全機能がアップデートされるようですが、フルモデルチェンジの話はまだ聞きません。

ヤリスやフィットは5ナンバーサイズを守っているので、ノートが3ナンバー化されると、これまで好調だった販売が失速しないか、ちょっと心配です。

スポンサーリンク

新型ノートのパワートレイン

新型ノートのパワートレインは、1.2Lガソリンエンジン、1.2Lスーパーチャージャーエンジンと、新型キックスに搭載された新しいe-POWERの3種類がラインナップされると予想されています。

出力などは今のところ現行と同程度になるとみられています。

<1.2Lガソリンエンジン>
最高出力・・・79ps/6000rpm
最大トルク・・・10.8kgf・m/4400rpm

<1.2Lスーパーチャージャー>
最高出力・・・98ps/5600rpm
最大トルク・・・14.5kgf・m/4400rpm

<e-POWERシステム>
エンジン最高出力・・・82ps
エンジン最大トルク・・・10.5kgf・m
最高出力・・・129ps
最大トルク・・・26.5kgm

現行e-POWERは、アイドリング中のエンジン音がうるさいという声をよく聞くので、その点が改良されるなら、更に電気自動車感のあるシステムになりそうです。

現行e-POWERシステムは1.2Lのエンジンが採用されていますが、新開発の高効率エンジンを採用することで静粛性と燃費の向上を両立するといわれています。

新開発の高効率エンジンの詳細なスペックはまだ明らかにされていませんが、熱効率45%を実現した世界最高効率のエンジンだという報道もあります。楽しみですね。

1.5Lの発電用エンジンを搭載したe-POWERシステムは、エクストレイルから投入され、ノートには引き続き1.2Lの発電用エンジンが搭載される。という情報もあります。

どちらのシステムが搭載されるかは、まだ分からない部分もあります。

スポンサーリンク

新型ノートの先進機能

新型ノートには、プロパイロットをはじめとした先進機能が搭載されると予想されています。

搭載されるのは、スカイラインに採用された最新のプロパイロット2.0ではなく、セレナやエクストレイルに搭載されているプロパイロット1.0となるでしょう。

プロパイロット1.0は、ステアリングアシスト機能とアダプティブクルーズコントロール機能を組み合わせて自動で車線の中央を走行することができる機能です。

新型フィットや新型ヤリス、フリードにも同様の機能が搭載されていますが、精度はプロパイロットが一枚上だと感じます。

プロパイロット以外の先進機能

プロパイロット以外の先進機能では、以下のようなものが搭載されると予想されています。

・インテリジェントパーキングアシスト
・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・車線逸脱防止支援システム
・車線逸脱警報
・後側方衝突防止支援システム
・後側方車両検知警報
・ふらつき警報
・踏み間違い衝突防止アシスト
・標識検知機能
・フロント&バックソナー

新型ノートの価格予想

新型ノートの価格は、現行モデルと同程度になると予想されています。

<現行ノートの価格>
ガソリン車・・・144万円~
e-POWER・・・193万円~

スライドドアのコンパクトミニバンになると、もはや現行ノートとは別ジャンルの車なので価格を直接比較する意味はありませんが、シエンタやフリードに近い価格になるでしょう。

スライドドアのモデルも投入か

日産は、シエンタやフリードのライバルになる、スライドドアのモデルも投入する。という情報が出ています。

当初は、ノートシリーズの一部として発売される。という情報でしたが、とりあえず、次期ノートは普通のハッチバックとして発売されるようです。

日産のコンパクトミニバンに関する情報も、今後情報が入り次第紹介します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする