【新型 日産ノートe-POWER 最新情報】発売日、デザイン、サイズ、スペック、燃費、価格など。プロパイロット搭載!

スポンサーリンク

日産のコンパクトカー、ノートのフルモデルチェンジが発表されました。

このページでは、新型ノートのデザイン、サイズ、パワートレイン、燃費、価格など、最新情報を紹介します。

新型ノートの発売日

新型ノートは、2020年11月24日に発表され、発売日は12月23日の予定となっています。

当初はFFのみの発売で、4WDは2021年2月の発売予定となっています。

先代ノートは2012年に発売されたので、約8年ぶりのフルモデルチェンジということになります。

スポンサーリンク

新型ノートのデザイン

新型ノートのデザインを紹介します。

エクステリア


出典https://global.nissannews.com

新型ノートのフロントデザインは、先日発表された新型アリアと同じように、ヘッドライトの下部からフロントバンパーに入り込むような、大きなVモーショングリルが特徴的です。

これからの新しい日産のデザインとなるのでしょう。

日産エンブレムも、新しいフラットなデザインとなっています。

リヤのデザインを見てみると、ブレーキランプやウインカーはLEDではなく、電球が採用されているように見えます。

先代ノートのブレーキランプは縦長でしたが、新型では横長になっており、リヤのデザインも大きく印象は変わります。

インテリア


出典https://global.nissannews.com

インテリアは、デジタルメーターと、9インチクラスのセンターディスプレイが採用されました。

先代ノートと比べると、デザインの印象は大きく変わりました。

先代ノート


出典https://www3.nissan.co.jp

スポンサーリンク

新型ノートのカラー

新型ノートのボディカラーは、モノトーンが11色、ツートンカラーが2色設定されました。

<モノトーン>
・ホワイト
・ピュアホワイトパール
・スーパーブラック
・ブリリアントシルバー
・ダークメタルグレー
・ガーネットレッド
・オーロラフレアブルーパール
・バーガンディー
・プレミアムホライズンオレンジ
・オペラモーブ
・オリーブグリーン


出典https://www3.nissan.co.jp

<ツートンカラー>
(ボディカラー✕ルーフカラー)
・ビビッドブルー✕スーパーブラック
・オペラモーブ✕スーパーブラック


出典https://www3.nissan.co.jp

新型ノートのサイズ

新型ノートは3ナンバーサイズになる。とずっといわれていたのですが、結局、5ナンバーサイズをキープすることとなりました。

<新型ノートのサイズ>
全長4,045mm✕全幅1,695mm✕全高1,505mm

<新型ノートのサイズ>
全長4,100mm✕全幅1,695mm✕全高1,520mm

先代モデルよりも、全長は55mm短く、全高は15mm低くなりました。

ノートが3ナンバーサイズになってしまったら、また日産の日本で売れる車が減ってしまう。と心配されていましたが、それは大丈夫そうですね。

次に、室内寸法について。

<新型ノートの室内寸法>
室内長2,030mm✕室内幅1,445mm✕室内高1,240mm

<先代ノートの室内寸法>
室内長2,065mm✕室内幅1,390mm✕室内高1,255mm

全長と全高が縮小されたので、室内長、室内高も少し狭くなっていますが、コンパクトカーとしてはこれでも広い方です。

スポンサーリンク

新型ノートのパワートレイン

さて、新型ノートでは、パワートレインがe-POWERのみとなりました。

新型e-POWERシステムが搭載されており、モーターの出力UP、エンジン始動頻度の減少などが実現しています。

<新e-POWERのスペック>
エンジン最高出力→82ps/6000rpm
エンジン最大トルク→10.5kgf・m/4800rpm
モーター最高出力→116ps
モーター最大トルク→28.6kgf・m

<先代e-POWERのスペック>
エンジン最高出力→79ps/5400rpm
エンジン最大トルク→10.5kgf・m/3600-5200rpm
モーター最高出力→109ps
モーター最大トルク→25.9kgf・m

新型ノートの燃費

新型ノートの燃費は、最良グレードで、WLTCモード燃費29.5km/Lとなっています。

<WLTCモード燃費>
Fグレード
総合→29.5km/L
市街地モード→29.9km/L
郊外モード→32.6km/L
高速道路モード→27.6km/L

S、Xグレード
総合→28.4km/L
市街地モード→28.0km/L
郊外モード→30.7km/L
高速道路モード→34.8km/L

<JC08モード燃費>
Fグレード→38.2km/L
S、Xグレード→34.8km/L

スポンサーリンク

新型ノートの先進機能

新型ノートには、プロパイロットをはじめとした先進機能が搭載されています。

搭載されているのは、スカイラインに採用された最新のプロパイロット2.0ではなく、セレナやエクストレイルに搭載されているプロパイロット1.0です。

プロパイロット1.0は、ステアリングアシスト機能とアダプティブクルーズコントロール機能を組み合わせて自動で車線の中央を走行することができる機能です。

プロパイロット1.0ですが、ナビリンク機能付となり、カーナビと連携して、カーブの大きさに合わせた減速を支援する機能が搭載されています。

プロパイロット以外の先進機能

プロパイロット以外の先進機能も、360°セーフティサポートということで、充実しています。

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・踏み間違い衝突防止アシスト
・標識検知機能
・インテリジェントFCW(前方衝突予測警報)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・フロント&バックソナー
・インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)
・BSW(後側方車両検知警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)
・SOSコール

新型ノートの価格

新型ノートは、e-POWERのみのラインナップとなったので、ガソリン車も設定されていた先代モデルよりも大幅に高くなりました。

ただ、現行のe-POWERよりは安めの価格として、e-POWERのみとなる価格の上昇はできるだけ抑えてくるようです。

<新型ノートの価格>
F→2,054,800円
S→2,029,500円
X→2,186,800円

一応、エントリーグレードはFということになっていますが、FよりもSの方が安いという逆転現象が起きています。

実質、積極的に売る気があるのはSグレードとXグレードということになります。

グレードによる装備の差などは、また今度検証をしてみます。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする