新型 日産 フーガ(Y52型)フルモデルチェンジは、いつ?発売時期、デザイン、パワートレイン、価格予想など。e-POWER、プロパイロット2.0搭載か

スポンサーリンク

フルモデルチェンジから10年以上が経過している日産・フーガですが、プロパイロット2.0や、e-POWERの搭載など、最新の機能を搭載してフルモデルチェンジされるのではないか。という情報が出てきています。

このページでは、日産フーガの発売時期、デザイン、パワートレイン、プロパイロットなど、最新情報、予想情報を紹介します。

新型フーガの発売時期

新型フーガの発売時期は、2022年ごろと予想されています。

現行フーガは、2009年に発売されていますから、既に10年以上が経過しています。

2015年にマイナーチェンジが実施され日産エンブレムがインフィニティエンブレムに変更されましたが、2019年の改良で、再び日産エンブレムに戻っています。

新型フーガのデザイン

日産は、2018年のデトロイトモーターショーで、コンセプトカー、Q Inspiration conceptを公開しました。

これが、新型フーガのコンセプトカーだと予想されています。

Q Inspiration concept

次期フーガ

次期フーガ Y52型

フーガ フルモデルチェンジ出典https://newsroom.nissan-global.com/

Q Inspiration conceptは、今流行りのクーペ風のシックスライトデザインになっています。

新型フーガも、流行りのならって6ライトデザインになると予想することができます。

また、Q Inspiration conceptのエクステリアデザインは、ダイナミックで自信にあふれ、かつ明確で簡潔なラインを特徴としています。

最近の車は、グリルが大きくなり、メッキを装飾し、派手派手な方向の車が多いのですQ Inspiration conceptも、グリルになりそうな部分は大きくくりぬかれています。

ダイナミックなデザインにするということなので、やはりフロントグリルは大きくなるのでしょう。

インテリアの方は、無駄をそぎ落とされており、クリーンで簡潔なデザインとなっています。

インテリアは、市販車とはかけ離れているとは思いますが、市販車でも、操作ボタンなどが少ない簡潔なデザインに仕上げられると予想されています。

スポンサーリンク

新型フーガのパワートレイン

新型フーガには、2.0LVCターボエンジンと、e-POWERが搭載されると予想されています。

VCターボエンジンは、状況に応じて圧縮比を変えることができるエンジンです。

2.0L VCターボエンジンは、海外でアルティマ(日本名ティアナ)に搭載されています。

<2.0Lターボエンジン>
最高出力・・・248ps
最大トルク・・・273lb-ft(37.7kgf・m)

e-POWERは、1.5Lターボエンジンとモーターが組み合わされるシステムが搭載されると予想されています。

この新しいe-POWERは、先日発表されたキャシュカイに搭載されることが発表されています。

キャシュカイでは最高出力190psですが、コンセプトカーIMQでは最高出力345psをも発揮できるということで、フーガの車重にも十分対応することができます。

プロパイロット2.0搭載か

新型フーガには、スカイラインに搭載されているプロパイロット2.0が搭載されると予想されています。

フーガはインフィニティQ70、スカイラインはインフィニティQ50と、フーガの方が上級車種なので、当然といえば当然ですね。

プロパイロット2.0は、車線変更支援機能のほか、追い越し支援機能、ナビのルートに応じた分岐の支援機能、同一車線内でのハンズオフ機能などが搭載されています。

新型フーガの価格

新型フーガの価格は、ボディやエンジンが一新されることや、プロパイロットの搭載により、結構高くなると予想されています。

まだ具体的な価格はわかりませんが、50万円ほどは高くなるのではないかとみられています。

クラウンのセダンが現行限りで終了という情報も流れる中、もしかしたら、フーガが注目される時がくるかも?しれませんね。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク