2月~3月は、新年度の需要期に向けて在庫を確保するため、査定額が高くなりやすい時期です。

【新型 デイズ 2020 一部改良】変更点、価格を紹介。カラー、予防安全装備、快適装備が進化!

スポンサードリンク

日産、デイズが一部改良されて、カラーラインナップの変更、予防安全装備、快適装備が強化されました。

このページでは、新型デイズの変更点を紹介します。

新型デイズの発売日

新型デイズの発売日は、2020年8月20日です。

新型デイズの変更点

カラーラインナップ変更

新型デイズには、「アトランティックブルー」「アメジストパープル」「チタニウムグレー✕ブラック」の3色が新規設定されました。

アトランティックブルー

出典https://www3.nissan.co.jp

アメジストパープル

出典https://www3.nissan.co.jp

チタニウムグレー✕ブラック

出典https://www3.nissan.co.jp

これにより、新型デイズのカラーラインナップは、全部で18色になりました。

予防安全装備の充実

新型デイズには、ミリ波レーダーが採用され、「インテリジェントFCW(前方予測衝突警報)」「インテリジェントDA(ふらつき警報)」「標識検知機能」が全車標準装備となりました。

また、ハイウェイスターでは、SRSニーエアバッグ、ロードリミッター付プリテンショナーシートベルト、LEDフォグランプ、SOSコールが標準装備になりました。

ミリ波レーダーが採用されたことで、プロパイロットの精度も向上しています。

その他の変更点

「USB電源ソケット」が全車標準装備になりました。

新型デイズの価格

新型デイズの価格は、3万円~7万円ほど高くなっています。

<新型デイズの価格>
S・・・1,327,700円
X・・・1,380,500円
ハイウェイスターX・・・1,567,500円
ハイウェイスターXプロパイロットエディション・・・1,666,500円
ハイウェイスターGターボ・・・1,648,900円
ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション・・・1,747,900円

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
2月~3月は、新年度の需要期に向けて在庫を確保するため、査定額が高くなりやすい時期です。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサードリンク

フルモデルチェンジ時の情報

ここから先は、2019年のフルモデルチェンジ時の情報です。

発売日

新型日産デイズの発表日は、2019年3月28日です。

ただし、日産・三菱連合は燃費偽装問題や、検査の不正など色々な問題が発覚しているので国交省の審査が厳しく、遅れる可能性もあります。

三菱自動車の話ですが、2019年までに軽自動車をフルモデルチェンジする。という発表をしていたはずなので、日産デイズも、2019年フルモデルチェンジを目標に開発が進められていることは間違いないでしょう。

予約

新型デイズの予約受付は、2019年3月中に開始されるようです。

今回のデイズは新機能、軽自動車初となる機能が多く、納期が長くなることも予想されます。

気になる方は、早めにディーラーに確認をしてみましょう。

※追記
既に新型デイズの予約受付がはじまっており、見積もりも取れるようになっています。

新型デイズは人気になることが予想されているので、早く欲しい方は早めにディーラーにいってみることをおすすめします。

納期

新型デイズの納期は、2ヶ月~3ヶ月程度になっています。

特に今はハイウェイスターの方に注文が集中しており、標準モデルなら2ヶ月程度、ハイウェイスターは2~3ヶ月程度くらいになっています。

デザイン

タケシ
新型デイズのデザインは、どんな風になるのかな?
N氏
Vモーショングリルが採用されて、日産車らしいデザインになったぞ。

新型デイズ(ハイウェイスター)のデザインには、日産のトレードマークである、Vモーショングリルが採用されました。

先代デイズは、メッキバーが並んでいるだけで、Vモーショングリルのデザインではありませんでした。

標準モデルのデザイン
新型デイズ


出典https://www3.nissan.co.jp

タケシ
結構おとなしめなデザインだね。

新型デイズ、標準モデルは、控えめなVモーショングリルで、シンプルなデザインです。

Aピラーからドアガラス周囲がブラックアウトされていて、サイドのドアガラスからリヤガラスにつながるような一体感のあるデザインとなっています。

リヤドアやタイヤハウスあたりから、バックドアにかけてのプレスラインも、軽自動車のサイズの制約がある中、結構工夫されていると感じます。

ハイウェイスターのデザイン
新型デイズ


出典https://www3.nissan.co.jp

ハイウェイスターの方は、太く大きなVモーショングリルで、標準モデルよりも迫力がありますね。

ヘッドライトの中もキラキラしていて、光が反射すると綺麗に見えそうです。

他社のカスタム系の車に比べると、比較的落ち着いたデザインに感じます。

標準モデルのインテリア
新型デイズ インテリア


出典https://www3.nissan.co.jp

標準モデルのインテリアは、ブラウンにベージュで、落ち着いた色合いとなっています。

これはベースグレードのインテリアなので、エアコンがマニュアルです。

ベースグレードでも、インテリアはとても高いですね。

このほか、女性向けのピンクのインテリアも用意されています。

ピンクのインテリア


出典https://www3.nissan.co.jp

最近は、ラパン、ココアといった車は可愛すぎて乗りづらいということで、ミラトコットが人気となっています。

そういった感覚でいうと、この新型デイズのピンクのインテリアはちょっと可愛いすぎるような気もします。私は男なので分かりませんが。

ハイウェイスターのインテリア


出典https://www3.nissan.co.jp

ハイウェイスターの方は、チェック柄がおしゃれです。

ベースグレード以外には、この画像のようなタッチパネル式のエアコン操作パネルが採用されます。

風量調整など、ワンタッチで運転中にも操作しやすいようになっています。

新型デイズは、インテリア、エクステリアともに結構おしゃれな感じで、デザイン面の評価は高くなりそうです。

ライオンオフ式の様子

新型デイズの正式発表に先立って、3月14日に、新型デイズ、新型EKワゴンのラインオフ式が開催されました。

そのなかで、デザインが公開されましたので、紹介します。

新型デイズ エクステリア

新型デイズ インテリア

新型デイズ

出典https://newsroom.nissan-global.com

1枚め画像の左が標準モデル、右がカスタムモデルです。

どちらもVモーショングリルが採用されていますが、ハイウェイスターの方がグリルが大きくなっています。

最近の軽自動車としては、これでもデザインは落ち着いている方ではないでしょうか。

2枚目画像は、標準モデルのものかハイウェイスターのものか分かりませんが、青いチェックがアクセントとなっていて、落ち着くインテリアとなっています。

ステアリングはセレナ、リーフ、エクストレイルなどと同じで、質感の高いものが採用されています。

右側にはプロパイロットのボタンが確認できますね。

標準モデルの方は、三菱のEKワゴンとほぼ共通で、フロントグリルのデザインのわずかな差だけであることが分かります。(3枚目画像の一番左がデイズ標準モデル、一番右がEKワゴン標準モデル)

リヤは、テールランプが縦型に配置されています。現行デイズも縦型なので、受け継いでいますね。

新型デイズの画像が発表前に流出?

新型デイズや新型ekワゴンの画像が流出しているようです。

当該インスタグラムは既に削除されていますが、擬装も何もない状態の画像が出回っています。

その写真の状況から、関係者しか入れないところから撮影されているのでは?などといわれています。

日産の新型車の画像流出といえば、工場内で撮影された新型リーフの画像が流出していました。

新型リーフの件では、流出させた人は書類送検されているようです。

一般的に、撮影されることを前提とした街中でのテスト走行(たいてい擬装されている)と違い、こういった関係者から流出した画像をアップすると削除依頼がくると思うので当サイトではアップしませんが、日産関係者のスマホの持ち込みチェックとかそういったところがますます厳しくなりそうですね。

カラー

新型デイズ(標準モデル)には、モノトーンのみ11色がラインナップされました。


出典https://www3.nissan.co.jp

・ホワイト
・ホワイトパール
・スターリングシルバー
・ソーダブルー
・ブロッサムピンク
・プレミアムサンシャインオレンジ
・オーシャンブルー
・スパークリングレッド
・プレミアムオリーブ
・アッシュブラウン
・ブラック

新型デイズハイウェイスターには、モノトーンが7色、ツートンカラーが4色の、合計11色が設定されました。


出典https://www3.nissan.co.jp

<モノトーン>
・ホワイトパール
・プレミアムサンシャインオレンジ
・オーシャンブルー
・プレミアムパープル
・スパークリングレッド
・チタニウムグレー
・ブラック

<ツートンカラー>
・ホワイトパール×プレミアムサンシャインオレンジ
・スパークリングレッド×ブラック
・アッシュブラウン×フローズンバニラパール
・ソーダブルー×アッシュブラウン

エンジンスペック

新型デイズのエンジンスペックを紹介します。

<NAエンジン>
最高出力・・・52ps/6400rpm
最大トルク・・・6.1kgm/3600rpm

<ターボエンジン>
最高出力・・・64ps/5600rpm
最大トルク・・・10.2kgm/2400-4000rpm

また、ハイウェイスターグレードにはセレナに採用されているような、マイルドハイブリッドシステムが採用されました。

マイルドハイブリッドシステムに搭載されているモータースペックを紹介します。

最高出力・・・2.0ps
最大トルク・・・4.1kgm

最高出力は小さなものですが、4.1kgmの最大トルクを発進時から発揮できるというのは、軽自動車のエンジンにとっては大きなアシストになり、エンジンの負担の低減、発進加速の補助になりますね。

現行デイズのエンジンスペックは、以下のようなものでした。

<NAエンジン>
最高出力・・・49ps
最大トルク・・・6.2kgm

<ターボエンジン>
最高出力・・・64ps
最大トルク・・・10.0kgm

特にNAエンジンのパワーが弱く、さらに初期型では燃費を向上させるために、アクセルレスポンスも悪かったようで、特に加速が悪いと不評でした。

フルモデルチェンジで、ライバル車と同程度のパワーは確保される見込みです。

日産といえばe-POWERが流行っていますが、e-POWERは、エンジンに加えそれなりに大きなモーターも搭載する必要があり、スペースの小さい軽自動車には採用されないはずです。

新プラットフォーム採用

新しいプラットフォームは、従来のプラットフォームと比べて「広いキャビンスペース」「広いラゲッジスペース」を両立しています。

ホイールベースも現行より長くなり、あとから紹介しますが室内も広くなります。

新型デイズは、エンジンもプラットフォームも新しくなり、全く新しい車に生まれ変わります。

燃費

デイズといえば、燃費偽装をしていたことが記憶に新しいところです。

先代デイズは偽装発覚後、正しい燃費が発表されたのですが、25.8km/Lと、このクラスとしてはあまり良くない燃費となっていました。

新型デイズは、マイルドハイブリッドシステムの採用によって、29.8km/L(JC08モード)にまで向上しています。

非ハイブリッドNA車(S、Xグレード)
JC08モード・・・29.4km/L
WLTCモード・・・21.2km/L
市街地モード・・・18.6km/L
郊外モード・・・22.3km/L
高速道路モード・・・21.7km/L

ハイブリッドNA車(ハイウェイスターX)
JC08モード・・・29.8km/L
WLTCモード・・・21.2km/L
市街地モード・・・16.9km/L
郊外モード・・・23.0km/L
高速道路モード・・・29.8km/L

ハイブリッドターボ車(ハイウェイスターGターボ)
JC08モード・・・25.2km/L
WLTCモード・・・19.2km/L
市街地モード・・・16.0km/L
郊外モード・・・20.6km/L
高速道路モード・・・20.1km/L

非ハイブリッドモデルでも29.4km/Lなので、十分優秀ですね。

このクラスでは、ワゴンRが33.4km/Lを達成していますから、クラストップにはまだ遠いですが、燃費に関しては、過去の経験も踏まえて、無理にトップを目指さない。という方針のようです。

それに伴って、燃料タンクの容量も1割ほど削減されて、軽量化も同時に実現します。

プロパイロット

新型デイズには、自動運転機能、プロパイロットが搭載されました。

機能はセレナやエクストレイルに搭載されているものと同等の、高速道路の単一車線上で自動運転ができるものです。

軽自動車としては初の自動運転機能搭載です。

新型デイズは、海外でもテスト走行をしている様子がスクープされています。

軽自動車のデイズは、基本的には日本国内専売のはずなのに、どうして海外でテストをしているのか?

新型クラウンのように走りをテストしているのではなく、プロパイロットのテストをしているとみられています。

プロパイロットのカメラには、ZFというドイツのパーツメーカーのものが採用されています。

海外でテスト走行をされていることからも、プロパイロットの採用はほぼ確実と言って良いでしょう。

予防安全性能

現行デイズの自動ブレーキは、5-30km/hでしか作動しない、性能の低いものとなっています。

これが新型では、100km/hまで作動し、歩行者も検知するものに刷新されました。

その他予防安全機能として、

・エマージェンシーストップシグナル
・ヒルスタートアシスト
・オートブレーキサポート
・コンフォートフラッシャー
・踏み間違い衝突防止アシスト
・車線逸脱防止支援システム
・車線逸脱警報
・エマージェンシーストップシグナル
・インテリジェントオートライトシステム
・アラウンドビューモニター
・ブラインドスポットモニター

などが搭載されました。

コネクティッド機能

新型デイズには、「SOSコール」という新機能が搭載されました。

具体的には、オペレーターとの通話や、緊急時に自動で通報する機能などが搭載されるようです。

もちろん、軽自動車としては初の機能なので、目玉機能ということになりそうですね。

トヨタではコネクティッド機能の標準装備化を進めていますが、デイズは軽自動車なので、価格のアップを抑えるため、オプション扱い、あるいは一部グレードのみ標準装備になる可能性が高いです。

ゼログラビティシート採用

新型デイズには、軽自動車としては初めて、ゼログラビティシート(スパイナルサポート機能付きシート)と呼ばれる疲れにくいシートが採用されました。

ゼログラビティシートは、NASAが無重力状態で計測した、中立姿勢になるように工夫されたシートのことです。

中立姿勢とは、無重力空間の中でもっともリラックスした自然な姿勢のことです。

ゼログラビティシートでは、もっともリラックスした自然な姿勢でシートに腰掛けることができるので、長時間座っていても疲労が少なく、長距離ドライブでも体への負担が軽減されます。

ゼログラビティシートは、セレナ、ティアナ、スカイラインといった上位車種で採用されているシートです。

こういった上級車種は、長距離ドライブも楽ですよね。

もちろん、シートだけで決まるわけではありませんが、プロパイロットと合わせて、軽自動車でも長距離ドライブがかなり楽になりそうです。

後部座席は、更に広くなる

現行デイズの後部座席の足元空間は、640mm程度ですが、新型デイズでは710mmにまで拡大されました。

これは、このクラスの軽自動車としては、No1です。

現行デイズの後部座席の足元空間は、狭いわけではありませんが、このクラスの軽自動車の中では狭い方でしたが、7cmほど広くなるということで、違いを実感できるくらいの差になりそうです。

荷室も拡大!

新型デイズでは、現行型よりも荷室の長さが100mm以上も長くなると予想されています。

現行デイズでは、後部座席を一番うしろにした時の荷室長は25cm程度ですが、これが38cmにまで拡大されました。

先にも紹介したように、新型デイズでは、後部座席の空間も広くなります。

普通に考えると、軽自動車の限られた寸法の中で後部座席が広くなると、その分荷室が割を食うのではないかと思うところですが、おそらく、エンジンルームやバンパー、内張りの形状を工夫した結果なのでしょう。すごいことですね。

新型デイズの価格

新型デイズの価格を紹介します。

S・・・1,273,320円
X・・・1,325,160円
ハイウェイスターX・・・1,469,880円
ハイウェイスターXプロパイロットエディション・・・1,567,080円
ハイウェイスターGターボ・・・1,549,800円
ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション・・・1,647,000円
ボレロ・・・1,411,560円

現行デイズは115万円~152万円ですから、7~12万円ほど高くなっています。

ただ、進化を考えると価格は頑張っている方なのではないかと思います。

デイズEV

新型デイズには、電気自動車もラインナップされると予想されています。

フルモデルチェンジと同時に投入されるのではなく、1年~2年ほど遅れて投入されると予想されています。

これは、三菱のi-MiEVの後継車ともいえるもので、前後してi-MiEVは生産終了されるはずです。

今のところの情報では、航続距離は250km程度で、数が売れるデイズのボディを使うことで、価格は200万円程度に抑えられるのではないかと予想されています。

ちなみに、i-MiEVは、航続距離164kmですから、大幅に向上することになりそうです。

日産、三菱ともに電気自動車やプラグインハイブリッドには強いのでこういった電動化技術にも注目したいですね。

新型デイズは、プロパイロットや、EVを目玉に販売していくことになりそうです。

まだまだ、EVがそれほど売れる環境にはなっていないでしょうが、注目をあびることは間違いなさそうです。