相場が高くなっている今が、高く売るチャンス

日産 キックス 4WDは、いつ出る?コロンビアエディション登場!特別装備、デザイン、カラー、価格など、最新情報

スポンサーリンク

日産キックスには、4WDの設定を望む声が多くあがっています。また、特別仕様車、コロンビアエディションが設定されました。

このページでは、新型キックス、4WD車の情報、特別仕様車情報と、デザイン、カラー、パワートレイン、価格など、最新情報を紹介します。

キックス4WDは、いつ出る?

現行キックスには、FF車しか設定されていません。

SUVであるキックスには、4WDを望む声が発売当初からあがっていました。

キックスの4WD車は、2022年春ごろに追加設定されると予想されています。

キックスコロンビアエディションの発売日

キックスコロンビアエディションの発売日は、2021年11月2日です。

キックスコロンビアエディションは、限定500台となっています。

最近のキックスの月間販売台数は2,000台~3,000台程度なので、数日で完売ということはないでしょうが、短い期間での完売が予想されます。

気になる方は、早めにディーラーへ行ってみましょう。

キックスコロンビアエディションの特別装備

キックスコロンビアエディションには、以下のような特別装備が採用されています。

・ボディステッカー(フロント、サイド、リヤ)
・フロントアンダープロテクター(ブラック)
・サイドシルプロテクター(ブラック)
・リヤアンダープロテクター(ブラック)
・フロントシートエプロン(運転席、助手席)
・シートバックポケット(運転席、助手席)
・ラゲッジシート
・フロアカーペット(エクセレント、消臭機能付)
・サンシェード

コロンビアといえば、アウトドアグッズで有名なブランドですが、アウトドアで使いやすいような、汚れを気にせず使えるようなアイテムが特別装備となっています。

キックスコロンビアエディションの特別装備

キックス特別仕様車、コロンビアエディションの特別装備


出典https://global.nissannews.com(2021/11/2)

ベースグレードは、Xグレードです。

キックスコロンビアエディションのカラー

キックスコロンビアエディションのボディカラーは、ダークブルーと、チタニウムカーキの2色です。

キックスコロンビアエディションのデザイン

キックス特別仕様車2021、コロンビアエディション
出典https://global.nissannews.com(2021/11/2)

キックスコロンビアエディションの価格

キックスコロンビアエディションの価格は、2,970,000円です。

キックスXグレードが2,759,900円、コロンビアパッケージが210,100円で、合わせて2,970,000円です。

コロンビアパッケージだけ別売りして欲しいところですが、それはありません。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
中古車相場が高騰中のため、今がチャンスです。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

新型キックスの日本発売日

新型キックスの日本発売日は、2020年6月30日です。

6月25日に、オンライン上で発表されました。

日本で販売するキックスは、タイで生産し、日本に輸入する形になります。

新型キックスのデザイン

キックスのデザインを紹介します。

フロントマスクには、日産の共通デザインであるVモーショングリルが採用されています。

サイドシルエットは、トヨタ・RAV4にも似た雰囲気があります。

リヤのブレーキランプは、エクストレイルにも似たデザインですが、エクストレイルよりも張り出していて、ワイルドに見えますね。

奇抜なデザインが特徴だったジュークに比べると、キックスはオーソドックスなデザインとなっています。

インテリアはオーソドックスながら、質感はそれなりに高く仕上がっています。

タイで生産するからといって、チープな印象はありませんね。

ステアリングは、日産が共通化を進めている、ノートやエクストレイルなどと同じものが採用されています。

オレンジのステッチがアクセントとなっています。

スポンサーリンク

新型キックスのカラー

新型キックスのボディカラーは、モノトーンが9色、ツートンカラーが4色の計13色です。

<モノトーン>
・ブリリアントホワイトパール
・ブリリアントシルバー
・チタニウムカーキ
・ラディアントレッド
・ナイトベールパープル
・ダークルブルー
・プレミアムホライズンオレンジ
・ピュアブラック
・サンライトイエロー

<ツートンカラー>
(ボディカラー×ルーフカラー)
・ブリリアントホワイトパール×ピュアブラック
・ダークメタルグレー×ピュアブラック
・プレミアムホライズンオレンジ×ピュアブラック
・ラディアントレッド×ピュアブラック

新型キックスのボディサイズ

キックスのボディサイズは、全長4,290mm×全幅1,760mm×全高1,610mmです。

ジュークのボディサイズは、全長4,135mm×全幅1,765mm×全高1,565mmですから、ジュークよりも少し大きい程度ですね。

2019年にフルモデルチェンジされて、日本では発売されていない新型ジュークのボディサイズは、全長4,210mm×全幅1,800mm×全高1,595mmと、現在日本で販売されているジュークよりも全幅が少しだけ大きくなっています。

全幅が広くなったことも、ジュークではなくキックスが日本に投入されることになった理由のひとつだといわれています。

室内寸法は、室内長1,920mm✕室内幅1,420mm✕室内高1,250mmです。

ジュークは室内長1,835mm✕室内幅1,470mm✕室内高1,215mmでした。

スクエアなボディなので、ジュークよりもかなり広く感じることでしょう。

スポンサーリンク

新型キックスのパワートレインは、e-POWERのみ

日本に投入される新型キックスには、e-POWERしか設定されませんでした。

<1.2L e-POWER>
モーター最高出力・・・129ps
モーター最大トルク・・・26.5kgm

出力的には、最高出力109psのノートe-POWER、最高出力136psのセレナe-POWERの中間です。

中高速域での加速力がアップしており、高速道路での追い越しや合流、山道走行が楽になっています。

新型キックスの燃費

新型キックス、e-POWERの燃費は、JC08モードで30.0km/L、WLTCモード燃費で21.6km/Lです。

WLTCモード燃費・・・21.6km/L
市街地モード・・・26.8km/L
郊外モード・・・20.2km/L
高速道路モード・・・20.8km/L

C-HRハイブリッドの燃費は、JC08モード燃費で30.2km/Lなので、ほぼ同じです。

ヴェゼルハイブリッドの燃費は、JC08モード燃費で27.0km/Lです。

スポンサーリンク

新型キックスの先進機能

新型キックスには、プロパイロットが標準装備されています。

プロパイロットの他にも、以下のような先進安全装備が搭載されています。

・インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)
・インテリジェントエマージェンシーブレーキ
・インテリジェントLI/LDW(車線逸脱警報)
・インテリジェントDA(ふらつき警報)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・フロント&バックソナー
・SOSコール
・ヒルスタートアシスト
・ハイビームアシスト
・インテリジェントトレースコントロール
・オートブレーキホールド
・インテリジェントルームミラー

新型キックスの価格

新型キックスの価格は、275万円~と、ちょっとお高めです。

X・・・2,759,900円

Xツートンインテリアエディション・・・2,869,900円

e-POWERのみでプロパイロットが標準装備なのでこれくらいの価格になるのは仕方がないかもしれませんが、ガソリン車がないということで、コンパクトSUVとしては、かなり高いですね。

ちなみに、C-HRのハイブリッドは273万円~

ヴェゼルのハイブリッドは250万円~です。

プロパイロットがついていることを考えれば、C-HRよりはお得かもしれません。

新型ジュークは、日本発売の予定なし

さて、これまで日本で販売されてきたジュークは、実は、2019年にフルモデルチェンジされています。

新型ジューク

出典https://europe.nissannews.com(2021/10/16)

新型ジュークもVモーショングリルが採用されています。

特徴的な大きな丸いヘッドライトが引き続き採用されています。

ジュークが消滅したわけではないのに、どうしてこれまで販売されていたジュークではなく、キックスを販売するのか、気になるところですよね。

デザインが奇抜なジュークよりも、オーソドックスなデザインのキックスの方が大勢に受け入れられるのではないかという判断があったようです。

タイで生産と聞くと、マーチやラティオなど、質感が低くて日本では失敗した車が思い浮かび心配になりますが、キックスを見る限り質感は悪くなさそうです。

デザイン的にもジュークよりも幅広い層に受け入れられると思うので、コンパクトSUVでも日産の存在感が増すかもしれませんね。

スポンサーリンク