【新型 86 フルモデルチェンジ】 2021年実施か。GR86になる?BRZはどうなる?エンジンスペック、サイズ、価格予想など

スポンサーリンク

新型86は、新しい2.4Lボクサーエンジンや最新の先進機能を搭載し、GR86として発売されるといわれています。

このページでは、86、BRZののフルモデルチェンジ予想情報をお伝えします。

新型86の発売時期は、2021年ごろ

新型86の発売時期は、2021年春~夏と予想されています。

現行86が発売されたのが2012年なので、9年空きました。

BRZは、すでに販売終了

スバル・BRZは、2020年7月20日の注文を最後に、注文受け付けを終了し、生産、販売終了されています。

ついでに、レガシィB4も、6月22日予約分までで終了となります。

トヨタ86の方は、まだ販売されています。

次期BRZは、どうなる?

トヨタとスバルの提携強化の発表の際に、86、BRZ次期モデルの共同開発についても発表されました。

次期モデルも、現行モデルと同じようにトヨタとスバルで共同開発するということなので、それぞれから発売されるはずですが、日本では、トヨタからのみの発売になる可能性もあります。

新型86は、GR86になる?

新型86は、GRスープラと同じように、GR86として、GR専用車になると予想されています。

現行86にも「GR」が設定されていますが、「GR」限定になると、価格が大幅に高くなることが予想されますね。

スポンサーリンク

新型86のデザイン

新型86のデザインは、新型スープラのエッセンスを盛り込んだデザインになると予想されています。

関係者の知人から聞いた情報によると、フロントグリルは、現行モデルは台形ですが、長方形に近く、大きくなるということです。

また、ヘッドライトは現行モデルよりも鋭くつり上がったようなデザインになるようです。

インテリアでは、ディスプレイオーディオが標準装備になるだろう。ということでした。

現行86


出典https://global.toyota

こちらの動画の前半3分までに、スパイショットがいくつか紹介されています。

新型86のテスト走行の様子が、日本でも確認されています。

テールランプの光り方が、コの字型のように見えますね。

太田市の仮ナンバーをつけていたということで、次期86/BRZもスバルが製造することを示唆しています。

新型86のボディサイズ

新型86のボディサイズは、現行モデルよりも少し大きくなると予想されています。

<新型86の予想サイズ>
全長4,280mm✕全幅1,795mm✕全高1,320mm

より大きなエンジンに対応するためにも、サイズが拡大されるようです。

新型86のパワートレイン

新型86には、2.4Lの水平対向エンジンが搭載されると予想されています。

<2.4Lエンジン予想スペック>
最高出力・・・230ps
最大トルク・・・25kgf・m

最高出力は、230ps程度になるといわれています。

また、ハイパワーモデルとして、2.4Lターボエンジンが搭載されるともいわれています。

スバルの2.4Lターボエンジンは、日本には投入されていませんが、海外では、アセントやアウトバックなどに搭載されています。

<2.4Lターボエンジン>
最高出力・・・264ps/5600rpm
最大トルク・・・38.2kgm/2000-4800rpm

現行2.0Lエンジンのスペックは、以下のとおりです。

【2.0Lエンジン】
最高出力・・・200ps/7000rpm

最大トルク・・・20.9kgm/6400-6600rpm

現行86のエンジンと比べると、全然パワーが違いますね。

GRスープラの中級グレードに搭載されているエンジンに近いスペックです。

ちなみに、ハイブリッド化を期待する声も多いですが、今のところ、ハイブリッド化の情報はありません。

スポンサーリンク

新型86の予防安全装備

現行86には、自動ブレーキをはじめとした先進機能は搭載されていません。

新型86には、GRスープラと同程度の先進機能が搭載されると予想されています。

GRスープラには、「プリクラッシュセーフティ」「レーンディパーチャーアラート」「ブラインドスポットモニター」「アダプティブハイビームシステム」「リヤクロストラフィックアラート」が採用されています。

86はスバルとの共同開発なので、トヨタセーフティセンスがベースになるのか、アイサイトがベースになるのかは分かりませんが、いずれにしても、自動ブレーキ、車線逸脱抑制、ブラインドスポットモニター等が搭載されるとみられています。

新型86の価格

新型86の価格は、現行よりも更に高くなり、エントリー価格で300万円を超えてくると予想されています。

現行86も、マイナーチェンジなどで少しずつ高くなってきていますが、さらに高くなることは避けられなさそうです。

現行86の価格は、これくらい高くなっています。

<2012年発売当初>
RC・・・1,990,000円
G・・・2,410,000円
GT・・・2,790,000円
GTリミテッド・・・2,970,000円

<2020年現在>
G・・・2,696,100円
GT・・・3,105,300円
GTリミテッド・・・3,311,000円

エアコンもついていないRCグレードが廃止されたのは仕方がないにしても、その他のグレードも軒並み数十万円高くなっています。

元々、若者でも手が届くスポーツカーを。ということで発売された86ですが、蓋を開けてみれば、ユーザーは「かつての若者」がほとんどなようなので、トヨタも若者は諦めて、ある程度お金に余裕のある年齢層に絞るということでしょう。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする