【2021年最新】自動ブレーキ 性能比較 ミニバン編。シエンタ、フリード、ステップワゴン、セレナ、ノア、アルファードなど

スポンサーリンク

現在販売されている国産ミニバンには、全て自動ブレーキが搭載されています。

自動ブレーキといっても、メーカーや車種によって性能が結構違います。

このページでは、現在販売されている国産ミニバンの自動ブレーキ性能を、一覧で比較できるようにまとめました。

ミニバン自動ブレーキ性能比較:トヨタ

トヨタの自動ブレーキ機能は、「プリクラッシュセーフティ」という名前です。

シエンタの自動ブレーキ性能

進路上の車両や、昼間の歩行者を検知し、衝突の可能性があると判断した場合に、警報を発して回避操作を促します。

自転車や、夜間の歩行者は検知することができません。

警報を発した後、ブレーキが踏まれた場合は、強力なブレーキアシストが作動します。

ブレーキが踏まれなかった場合は、自動でブレーキが作動します。

歩行者に対しては10km/h~65km/hで作動します。

車両に対しては10km/h~80km/hで作動します。

公式サイトでは、停止車両に対しては、30km/h以下の場合。

昼間の歩行者に対しては、自車との速度差が20km/h以下の場合は、衝突回避または被害軽減を支援します。とありますが、衝突テストでは、50km/hでもぶつからずに止まれています。

スポンサーリンク

ノア、ヴォクシー、エスクァイアの自動ブレーキ性能

進路上の車両や、昼間の歩行者を検知し、衝突の可能性があると判断した場合に、警報を発して回避操作を促します。

自転車や、夜間の歩行者は検知することができません。

警報を発した後、ブレーキが踏まれた場合は、強力なブレーキアシストが作動します。

ブレーキが踏まれなかった場合は、自動でブレーキが作動します。

歩行者に対しては10km/h~65km/hで作動します。

車両に対しては10km/h~80km/hで作動します。

スポンサーリンク

アルファード、ヴェルファイアの自動ブレーキ性能

進路上の車両や、昼間、夜間の歩行者、昼間の自転車を検知し、衝突の可能性があると判断した場合に、警報を発して回避操作を促します。

歩行者、自転車に対しては10km/h~80km/hで作動します。

車両に対しては10km/h以上で作動します。

公式サイトには、歩行者との速度差が40km/h、停止車両に対しては自車の速度が50km/hの場合、衝突回避または被害軽減をサポートします。と記載されています。

衝突試験では、歩行者に対して60km/hで走行していても、ぶつからずに止まれています。

スポンサーリンク

ハイエースワゴンの自動ブレーキ性能

進路上の車両や、昼間の歩行者を検知し、衝突の可能性があると判断した場合に、警報を発して回避操作を促します。

自転車や、夜間の歩行者は検知することができません。

警報を発した後、ブレーキが踏まれた場合は、強力なブレーキアシストが作動します。

ブレーキが踏まれなかった場合は、自動でブレーキが作動します。

歩行者に対しては10km/h~80km/hで作動します。

車両に対しては10km/h以上で作動します。

公式サイトでは、停止車両に対して自車速度が40km/h以下の場合は、衝突回避または被害軽減をサポートします。と記載されています。

衝突試験の映像はありませんでした。

ミニバン自動ブレーキ性能比較:ホンダ

ホンダの自動ブレーキ機能は、衝突軽減ブレーキという名前です。

フリードの自動ブレーキ性能

進路上の車両や、歩行者を検知し、衝突の可能性があると判断した場合に、警報を発して回避操作を促します。

警報を発した後、衝突するまでの余裕がなくなると、軽い自動ブレーキが作動します。

回避が困難な状況になると、強い自動でブレーキが作動します。

対向車との衝突の恐れがある時は、ハンドルに振動を発生させて注意を喚起します。

5km/h以上で走行中、速度差が5km/h以上ある車両や歩行者に対して作動します。

対向車、歩行者に対しては、80km/以下の時に作動します。

スポンサーリンク

ステップワゴンの自動ブレーキ性能

進路上の車両や、歩行者を検知し、衝突の可能性があると判断した場合に、警報を発して回避操作を促します。

警報を発した後、衝突するまでの余裕がなくなると、軽い自動ブレーキが作動します。

回避が困難な状況になると、強い自動でブレーキが作動します。

対向車との衝突の恐れがある時は、ハンドルに振動を発生させて注意を喚起します。

5km/h以上で走行中、速度差が5km/h以上ある車両や歩行者に対して作動します。

対向車、歩行者に対しては、80km/以下の時に作動します。


スポンサーリンク

オデッセイの自動ブレーキ性能

進路上の車両や、歩行者を検知し、衝突の可能性があると判断した場合に、警報を発して回避操作を促します。

警報を発した後、衝突するまでの余裕がなくなると、軽い自動ブレーキが作動します。

回避が困難な状況になると、強い自動でブレーキが作動します。

対向車との衝突の恐れがある時は、ハンドルに振動を発生させて注意を喚起します。

5km/h以上で走行中、速度差が5km/h以上ある車両や歩行者に対して作動します。

対向車、歩行者に対しては、80km/以下の時に作動します。

スポンサーリンク

ミニバン自動ブレーキ性能比較:日産

日産の自動ブレーキは、インテリジェントエマージェンシーブレーキという名前です。

セレナの自動ブレーキ性能

進路上の車両や、歩行者を検知し、衝突の可能性があると判断した場合に、警報を発して回避操作を促します。

警報を発した後、衝突するまでの余裕がなくなると、軽い自動ブレーキが作動します。

回避が困難な状況になると、強い自動でブレーキが作動します。

車両に対しては、10km/h~80km/hで作動します。

歩行者に対しては、10km/h~60km/hで作動します。


スポンサーリンク

エルグランドの自動ブレーキ性能

進路上の車両や、歩行者を検知し、衝突の可能性があると判断した場合に、警報を発して回避操作を促します。

警報を発した後、衝突するまでの余裕がなくなると、軽い自動ブレーキが作動します。

回避が困難な状況になると、強い自動でブレーキが作動します。

車両に対しては、10km/h~80km/hで作動します。

歩行者に対しては、10km/h~60km/hで作動します。

自動ブレーキの試験動画はありませんでした。

NV200バネットの自動ブレーキ性能

進路上の車両や、歩行者を検知し、衝突の可能性があると判断した場合に、警報を発して回避操作を促します。

警報を発した後、衝突するまでの余裕がなくなると、軽い自動ブレーキが作動します。

回避が困難な状況になると、強い自動でブレーキが作動します。

車両に対しては、10km/h~80km/hで作動します。

歩行者に対しては、10km/h~60km/hで作動します。

自動ブレーキの試験動画はありませんでした。

NV350キャラバンの自動ブレーキ性能

進路上の車両を検知し、衝突の可能性があると判断した場合に、警報を発して回避操作を促します。歩行者には対応していません。

警報を発した後、衝突するまでの余裕がなくなると、軽い自動ブレーキが作動します。

回避が困難な状況になると、強い自動でブレーキが作動します。

5km/h以上で作動します。

自動ブレーキの試験動画はありませんでした。

スポンサーリンク

ミニバン自動ブレーキ性能比較:三菱

三菱自動車の自動ブレーキは、衝突被害軽減ブレーキシステムという名前です。

デリカD5の自動ブレーキ性能

進路上の車両や、歩行者を検知し、衝突の可能性があると判断した場合に、警報を発して回避操作を促します。

まず、ブレーキに予圧を与え、ブレーキ操作時の応答性を向上させます。

衝突する危険性が高いと判断した時、やや強めの自動ブレーキがかかります。

衝突が避けられないと判断した時、強い自動ブレーキがかかります。

車両に対しては15km/h~180km/hで作動します。

歩行者に対しては7km/h~65km/hで作動します。

自動ブレーキの試験動画はありませんでした。

以上、国産ミニバンの自動ブレーキ性能を一覧形式で紹介しました。参考にしていただければと思います。

自動ブレーキ等、先進的な機能は、日進月歩で技術が進んでいます。

最終的に車を購入する前には、担当の営業マンに確認するなど、最新の情報をご自身で確認することをおすすめします。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク