ホンダセンシングエリートとは?機能、性能を紹介。どこまで自動運転してくれるのか?作動速度、ハンズオフ機能など

スポンサーリンク

2021年3月5日、レジェンドに、ホンダセンシングエリートが搭載されることが発表されました。

ホンダセンシングエリートは、その名の通り、従来のホンダセンシングよりも優秀で、自動運転機能も含まれています。

このページでは、ホンダセンシングエリートの機能、性能について紹介します。

ホンダセンシングエリートの機能


出典https://www.honda.co.jp

ホンダセンシングエリートの機能は、以下の5つです。

・ハンズオフ機能付車線内運転支援機能
・ハンズオフ機能付車線変更支援機能
・ハンズオフ機能付高度車線変更支援機能
・トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)
・緊急時停車支援機能

それぞれの機能について詳しく解説します。

ハンズオフ機能付車線内運転支援機能

ハンズオフ機能付車線内運転支援機能とは、ステアリングから手を離した状態で、同一車線内を低速走行、追従走行ができるものです。

これは、アダプティブクルーズコントロールと、レーンキープアシスト機能のハンズオフ版です。

カーブ前では自動で減速するなど、スムーズな運転支援を実現しています。

料金所に近づいた時は、ハンズオフでの運転支援が終了し、ハンドル操作が要求されます。

ハンズオフ機能付車線変更支援機能

ハンズオフ機能付車線変更支援機能とは、高速道路をハンズオフで走行中に、ウインカーを操作すると、ステアリングから手を離した状態で車線変更をすることができる機能です。

後続車が接近している時など、安全に車線変更ができないと判断した場合は、車線変更は行わず、ドライバーに車がいることを知らせます。

ハンズオフ機能付車線変更支援機能は、65km/h以上、また、直線や半径300m以上のゆるやかなカーブを走行中に作動します。

ハンズオフ機能付高度車線変更支援機能

ハンズオフ機能付高度車線変更支援機能は、ドライバーがウインカー操作を行わなくても車線変更をしてくれる機能です。

高速道路をハンズオフで走行中に、ステアリングの高度車線変更支援スイッチを押すと起動します。

ドライバーが設定している車速と、周囲の状況を確認し、車線変更が可能と判断されたら、ドライバーがウインカーを操作することなく車線変更を行う機能です。

追い越しの場合は、前方の車の追い越しが、元の車線で設定速度での走行が可能だと判断したら、ドライバーのウインカー操作なしで元の車線に戻ります。

また、カーナビと連動し、高速道路出口に近づいたら、自動で出口側の車線に変更します。

ハンズオフ機能付高度車線変更支援機能は、65km/h以上で走行中、また、直線や、半径500m以上のゆるやかなカーブで作動します。

トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)

トラフィックジャムパイロット(渋滞運転機能)とは、高速道路の渋滞時、ハンズオフだけでなく、ナビ画面での動画視聴や、目的地設定などができる機能です。

ハンズオフ機能付車線内運転支援機能を作動させている時に渋滞に差し掛かった場合に起動します。

ドライバーは前方を注視していなくても安全に自動運転が行われます。

渋滞を抜けた場合は、ドライバーに運転操作を要求します。

トラフィックジャムパイロットは、ハンズオフ機能付車線内運転支援機能を作動させている時、車速が30km/h以下、なおかつ前後に車両がいる状況で作動します。

車速が50km/h以上になると終了します。

緊急時停車支援機能

ドライバーに運転操作を要求しても応答がないと、音声、ディスプレイ、シートベルトの振動で注意を喚起します。

それでも応答がない場合、ハザードランプとホーンで警告しながら減速、停車をします。

停車後は自動でパーキングブレーキがかかり、シフトポジションはパーキングとなり、ドアロックは解除され、ヘルプネットでコールセンターに接続されます。

ホンダセンシングエリートは、価格が高い

さて、こういったハンズオフ機能、自動運転を実現したホンダセンシングエリートですが、ホンダセンシングエリートが搭載されることで、価格が370万円も高くなってしまっています。

ホンダセンシングエリートが搭載されたレジェンドの価格は1,100万円と、レクサスLSに匹敵する価格です。

いくらホンダのフラッグシップセダンとはいえ、これだけの価格差があると、なかなか選択しづらいのが現状でしょう。

今後、普及に伴って価格が下がっていくことに期待したいですね。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク