相場が高くなっている今が、高く売るチャンス

【新型 カムリ 2022】2022年夏頃、一部改良か。カラーの変更など、変更内容は小規模になりそう

スポンサーリンク

トヨタ、カムリが、2022年夏に一部改良されると予想されています。

このページでは、新型カムリの一部改良の情報と、これまでの改良、特別仕様車の情報を紹介します。

カムリは、2022年に一部改良か

カムリは、2022年8月に一部改良が実施されると予想されています。

<変更が予想されている点>
・エモーショナルレッド2が、3に変更
・シート表皮の色味の変更
・充電端子がUSB type-Aからtype-Cに変更

エモーショナルレッド3は、カローラスポーツから採用されたカラーです。

エモーショナルレッド2との違いは、ひと目で分かるほどではありませんが、赤色がより深く輝くようになっています。

カムリは、2021年にデザインの変更を伴う改良が実施されているので、それほど大きな変更はないようです。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
中古車相場が高騰中のため、今がチャンスです。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

新型カムリ、2021年一部改良の情報

発売日

新型カムリの発売日は、2021年2月1日です。

現行カムリは、日本では2017年7月10日に発売されています。約3年半でのマイナーチェンジとなりました。

(トヨタの公式発表では、一部改良ですが、デザインが変更されているので、世間的にはマイナーチェンジとして認知されています。)

デザイン

カムリは、マイナーチェンジで、フロントバンパー、ヘッドライトや、リヤコンビランプ、インテリアのデザインが変更されました。

X、G系のフロントグリルは、より大きく、クジラが大きな口を開けたようなデザインになりました。

WS系のデザインは、エンブレム下の羽のような部分が太く、より力強いデザインになりました。

インテリアでは、カーナビのディスプレイが飛び出しているのが特徴的です。

これまでの7インチから、9インチに拡大されました。

操作性、視認性という点では良くなったのでしょうが、デザインのスマートさという点では、ちょっと後付け感が出てしまっており、賛否両論あります。

カラーラインナップ

新型カムリでは、新色「プレシャスメタル」が設定されました。

新型カムリのカラーラインナップは、モノトーンが5色、ツートンカラーが2色の、計7色です。

<モノトーン>
・プラチナホワイトパールマイカ
・プレシャスメタル
・アティチュードブラックマイカ
・エモーショナルレッドⅡ
・ダークブルーマイカメタリック

<ツートンカラー>
ルーフカラー✕ボディカラー
・アティチュードブラックマイカ✕プラチナホワイトパールマイカ
・アティチュードブラックマイカ✕エモーショナルレッドⅡ

スポンサーリンク

先進機能

カムリはマイナーチェンジで、トヨタセーフティセンスがアップデートされ、最新の機能が搭載されました。

これまで、カムリに搭載されているトヨタセーフティセンスは、かつてのトヨタセーフティセンスPをベースとしたもので、機能は以下の4つだけでした。

・プリクラッシュセーフティ
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール

次世代型トヨタセーフティセンスと呼ばれている、ヤリスなどに搭載されているものと同等の機能になりました。

新型カムリでは、以下のような機能が追加、進化しています。

・プリクラッシュセーフティ
夜間の歩行者、昼間の自転車、右折時の直進車、右左折時の横断車に対応

・レーントレーシングアシスト
車線中央の走行をアシストする機能

・ロードサインアシスト
道路標識を認識し、ディスプレイに表示して知らせる機能

・ドライバー異常時対応システム
レーントレーシングアシスト機能作動中に無操作状態になった時、周囲に警告を行いながら減速、停車をする機能

この他、Xグレード以外では、パノラミックビューモニターがオプションで選択できるようになりました。

パワートレイン

カムリは、日本ではハイブリッドしか設定されていません。

ハイブリッドはどうしても高くなってしまうので、価格の安いガソリン車も設定して欲しい。という声も多く挙がっていますが、マイナーチェンジでもガソリン車の追加はなく、ハイブリッドのみの設定となっています。

<2.5Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・178ps/5700rpm
エンジン最大トルク・・・22.5kgm/3600-5200rpm
モーター最高出力・・・120ps
モーター最大トルク・・・20.6kgm

ハイブリッドシステムの変更は、特にありません。

スポンサーリンク

価格

新型カムリの価格は、レザーパッケージが2万円ほど高くなっています。その他のグレードの価格は据え置きです。

<新型カムリの価格>
X・・・3,485,000円
G・・・3,794,000円
Gレザーパッケージ・・・4,364,000円
WS・・・3,937,000円
WSレザーパッケージ・・・4,474,000円

大画面のディスプレイオーディオが標準装備になったり、トヨタセーフティセンスの性能が向上しているので、ほぼ据え置きというのは嬉しいことですね。

 

カムリ、2020年の一部改良情報

発売日

新型カムリの発売日は、2020年8月5日です。

デザイン

今回の一部改良では、デザインの変更はありませんでした。

変更点

新型カムリでは、「インテリジェントクリアランスソナー」が全車標準装備となりました。

「ブラインドスポットモニター」「リヤクロストラフィックオートブレーキ」の標準設定グレードも拡大され、WSグレード、Gグレードでも標準装備となりました。

アメリカでは、「トヨタセーフティセンス2.5+」と名付けられています。

新型カムリに搭載されている先進機能を紹介します。

・プリクラッシュセーフティ
自動ブレーキ機能

車両対しては10km/h~以上で作動
歩行者、自転車に対しては10km/h~80km/hで作動

・レーンディパーチャーアラート
車線をはみ出しそうになった時に、車線中央に戻ることを補助する機能

・レーダークルーズコントロール
先行車との車間距離を保つようにアクセル、ブレーキ操作を自動で行う機能

インテリアの画像を見る限り、パーキングブレーキは電動ではないので、全車速対応型ではないと思われます。

・オートマチックハイビーム
先行車、対向車を検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替える機能

インテリジェントクリアランスソナー
低速取り回し時の障害物の接近の警告、衝突回避機能

・ブラインドスポットモニター
隣を走る車両が死角に入ると、インジケーターを点灯する機能

・リヤクロストラフィックオートブレーキ
後退する際に、接近してくる車両をレーダーで検知し、ドライバーに注意を促す機能

価格

新型カムリの価格は、装備が充実した関係で、Xグレードが約3万円、GグレードとWSグレードが7万円ほど高くなりました。

<新型カムリの価格>
X・・・3,485,000円
G・・・3,794,000円
Gレザーパッケージ・・・4,334,000円
WS・・・3,937,000円
WSレザーパッケージ・・・4,450,000円

特別仕様車、WSブラックエディション・・・4,208,000円

特別仕様車は、WSグレード+271,000円となっています。

特別仕様車、WS Black Editionの情報

新型カムリには、特別仕様車「WS Black Edition」が設定されました。

セリカ カムリが誕生してから40年を記念した特別仕様車だということです。

もともと、「MID=HIGH」という名前になる?とも言われていましたが、名前は、「Black Edition」になりました。

エクステリアはブラックで引き締まったデザイン。インテリアはレッドで刺激的なデザインとなっています。

MID-HIGHは、エクステリアは引き締まったブラック、インテリアは鮮やかなレッドが特徴的な特別仕様車になるようです。(ブラックのインテリアもあり)

<WS Black Editionの特別装備>
・18インチアルミホイール(ブラック塗装)
・ヘッドランプ(スモークエクステンション)
・リヤコンビネーションランプ(スモークエクステンション)
・フロントロアグリルモールディング(スモーク調)
・本革シート表皮(レッド)
・シートヒーター(運転席・助手席)
・助手席4ウェイパワーシート(前後スライド+リクライニング)

スポンサーリンク