半導体不足により、中古車相場が高騰中です。
下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

【新型 シビックタイプR 2022】納期、発売日、価格、エンジンスペック、馬力、サイズ、デザインなど、最新情報

スポンサーリンク

ホンダ・シビックのハイパフォーマンスモデル、シビックタイプRが発表されました。

このページでは、新型シビックタイプRの納期、デザイン、エンジン、サイズ、価格など、最新情報を紹介します。

新型シビックタイプRの納期情報(2022年9月時点)

2022年9月時点での、新型シビックタイプRの納期は、ホンダの公式サイト上では、半年以上と案内されています。

ただ、今からの注文だと、すでに2~3年になっているようです。

新型シビックタイプRの発売日

新型シビックタイプRの発売日は、2022年9月2日です。

新型シビックタイプRは、7月21日11時(日本時間)にワールドプレミアされました。

新型シビックタイプRのデザイン

新型シビックタイプRのデザインを紹介します。

2022年、新型シビックタイプRのデザイン

2022年、新型シビックタイプRのリヤデザイン
出典https://www.honda.co.jp

新型シビックタイプRの内装、インテリア
出典https://www.honda.co.jp(2022/9/2)

新型シビックをベースに、専用フロントグリル、専用バンパー、専用スポイラー、専用シート、専用ステアリング、専用ペダルなどが採用され、スポーティーなものとなっています。

内装は、鮮やかなレッドがとても目立ちます。

見ているだけで高揚するデザインですね。

スポンサーリンク

新型シビックタイプRのカラー

新型シビックタイプRには、5色のボディカラーが設定されます。

・チャンピオンシップホワイト
・ソニックグレーパール
・クリスタルブラックパール
・フレームレッド
・レーシングブルーパール

新型シビックタイプRのボディサイズ

新型シビックタイプRのボディサイズは、ベースとなるシビックよりも全長は長く、全幅は広く、全高は低くなっています。

<新型シビックタイプRのサイズ>
全長4,595mm×全幅1,890mm×全高1,405mm

<シビックのサイズ>
全長4,550mm×全幅1,800mm×全高1,415mm

スポンサーリンク

新型シビックタイプRのエンジン

新型シビックタイプRには、先代モデルに搭載された2.0Lターボエンジンの出力を更にアップしたものが搭載されています。

<新型シビックタイプRの2.0Lターボエンジン>
最高出力・・・330ps/6500rpm
最大トルク・・・42.8kgf・m/2600-4000rpm

<先代の2.0Lターボエンジン>
最高出力・・・320ps/6500rpm
最大トルク・・・40.8kgf・m/2500-4500rpm

【追記】
新型シビックタイプRが、鈴鹿サーキット国際レーシングコースで、FFモデル最速のラップタイムを記録したことが発表されました。

ニュルブルクリンクでの走行動画も公開されています。

スポンサーリンク

新型シビックタイプRの先進機能

新型シビックタイプRには、ホンダセンシングが標準装備されています。

・衝突軽減ブレーキ
・近距離衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・車線維持支援システム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム
・ブラインドスポットインフォメーション
・パーキングセンサーシステム
・後退出庫サポート

シビックのCVT車にのみ搭載されている以下の機能は、シビックタイプRには採用されていません。

・トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール

新型シビックタイプRの価格

新型シビックタイプRの価格は、4,997,300円です。

ベースとなるシビックの価格は、先代の294万円から、319万円に、約25万円アップしています。

この値上がり幅を考えると、先代シビックタイプRは475万円でしたから、この価格アップ分がそのままスライドしています。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク