【新型 ekワゴン 2019】ekワゴン、ekクロス 発売日、内装、外装、デザイン、燃費、価格など、最新情報!

スポンサーリンク
タケシ
ekワゴンが、デイズと一緒にフルモデルチェンジされたね!
N氏
ekワゴンの方は、ekクロスに注目だ。

このページでは、三菱、ekワゴンのフルモデルチェンジ情報と、ekクロスの情報を紹介します。

・フルモデルチェンジは、2019年3月28日
・エンジンパワーと燃費が向上!
・デリカ顔のekクロスが登場
・プロパイロットの三菱版が搭載!

発売日

タケシ
ekワゴンのフルモデルチェンジはいつなのかな?
N氏
2019年の3月28日だ。

新型ekワゴンは、新型日産デイズと同日、2019年3月28日にフルモデルチェンジされました。

現行ekワゴン/デイズは、軽自動車のノウハウを持っていた三菱自動車が中心となって開発されたのですが、新型は日産が主導権を握って開発をされた車です。

タケシ
三菱は日産の傘下に入ったもんね。

デザイン

タケシ
新型ekワゴンは、どんなデザインになったのかな?
N氏
デザインを紹介しよう。

新型ekワゴン、新型ekクロスのデザインを紹介します。

新型ekワゴン

新型ekワゴン
新型ekワゴン 外装

新型ekワゴン 外装

新型ekワゴン 外装
画像出典https://www.mitsubishi-motors.co.jp

新型ekワゴン 内装

新型ekワゴン 内装

画像出典https://www.mitsubishi-motors.co.jp

ekワゴンのデザインは、「キュート・シック」をコンセプトとしています。

フロントグリルには2本のシルバーメッキが配置されています。「X」型に見えなくもないですが。こっちはeKクロスではありません。

ekワゴンのデザインはフロントグリル以外日産デイズと共通です。

インテリアはデイズと全く同じで、ステアリングのエンブレムが違うだけです。

このインテリアは落ち着く部屋のようで、上手にデザインされていると思います。

新型ekクロス

次に、新型ekクロスのデザインを紹介します。

ekクロス外装

ekクロス外装

ekクロス 外装
出典https://www.mitsubishi-motors.co.jp

ekクロス 内装

ekクロス 内装
出典https://www.mitsubishi-motors.co.jp

ekクロスの方は、デイズハイウェイスターとは全く違うデザインで、新型デリカD5のフロントマスクをそのまま移植したようなデザインになっています。

軽自動車でよくここまで思い切ったな。と思いますが、結構ハマってますね。

インテリアの方も、デイズハイウェイスターとは差別化されています。

シートのブルーの部分は、デイズハイウェイスターではチェック柄になっていましたが、ekクロスでは三角形、六角形のデザインとなっています。

アクティブギアシリーズのように、オレンジステッチなんかが使われるのかな?と思っていましたが、そうではありませんでした。

ラインオフ式の様子

3月14日に、新型EKワゴンと新型デイズのラインオフ式が開催され、その中で新型EKワゴン、新型EKクロスが発表されました。


EKクロス

新型EKワゴン

新型EKワゴン インテリア

出典https://newsroom.nissan-global.com ”

1枚目画像右側が、EKクロスです。

新型デリカD5のダイナミックシールドデザインがそのまま採用されていて、軽自動車とは思えない迫力ですね。

これだけデザインを差別化するには、結構なコストがかかると思いますが、三菱肝いりということなのでしょう。

左側の新型デイズハイウェイスターと比べると、最低地上高が少し高くなっているように見えます。(ブラックアウトされているだけかもしれませんが)

新型EKクロスは、デイズやEKワゴンの標準モデルよりも走破性が少し高められているかもしれません。

EKクロスというクロスオーバーモデルが投入されるということは前々からいわれていたのですが、標準モデル、EKカスタム、EKクロスの3本立てになるのではなく、標準モデルとEKクロスの2本立てとなりました。

EKクロスのデザインに関しては、いくらなんでも軽自動車にやりすぎだろう。といった声も聞かれます。

ekクロスオーバーは、SUVに強い三菱自動車のみの設定で、デイズにはクロスオーバーモデルは設定されないようです。

この力強いフロントマスクがどこまで受け入れられるのかにも注目したいですね。

エンジン、燃費

N氏
新型ekワゴンは、エンジンがパワーアップして、燃費も良くなるぞ。
タケシ
現行型はパワーがなくて、燃費も悪かったから、改良されるんだね。

新型ekワゴン、ekクロスのエンジンスペックを紹介します。

<NAエンジン>
最高出力・・・52ps/6400rpm
最大トルク・・・6.1kgm/3600rpm

<ターボエンジン>
エンジン最高出力・・・64ps/5600rpm
エンジン最大トルク・・・10.2kgm/2400-4000rpm

ekクロスの方はハイブリッドで、モーターが組み合わされます。

モーター最高出力・・・2.0ps
モーター最大トルク・・・4.1kgm

先代ekワゴンのNAエンジンは、49psとパワーが低かったのですが、ダイハツやスズキの軽自動車のNAエンジンと同じくらいになりました。

また、マイルドハイブリッドシステムが採用され、モーターのトルクによって発進加速は現行よりもかなり良くなっているはずです。

燃費は、現行型は25.8km/Lですが、新型ではマイルドハイブリッドシステムの採用により、29.8km/Lまで向上しています。

ekワゴン・・・29.4km/L

ekクロス・・・NA車29.8km/L、ターボ車25.2km/L

タケシ
それでも、ワゴンRやムーヴには及ばないんだね。

室内寸法

タケシ
新型ekワゴンは、室内がかなり広くなるぞ。
N氏
どれくらい広くなるのかな?

新型ekワゴンの室内寸法は、室内長2,065mm×室内幅1,340mm×室内高1,270mmです。

先代ekワゴンの室内寸法は室内長2,085mm×室内幅1,295mm×室内高1,280mmでした。

カタログ上の室内寸法ではそれほど広くなったように感じられませんが、新型デイズでは後部座席の足元空間が70mm長くなって710mmに。

荷室も100mm以上長くなって380mmになったと発表されているので、新型ekワゴンも同様に広くなっているはずです。

自動運転機能搭載

タケシ
新型デイズにはプロパイロットが搭載されたといわれているけど、ekワゴンにもつくのかな?
N氏
ekワゴンにはMI0PILOTが搭載されるぞ。

新型ekワゴン、新型ekクロスには、プロパイロットとおなじ機能の「MI-PILOT」が搭載されています。

MI-PILOTとは、三菱インテリジェントパイロットの略ということです。

プロパイロットと同じく、高速道路の同一車線上での自動運転機能です。

もっとも、最近はメーカー側は自動運転という言葉は使っていないようです。

EVは?

N氏
新型ekワゴンには、EVも設定されるようだ。
タケシ
アイミーヴの後継になるのかな?

新型デイズには、EV(電気自動車)も設定されると予想されています。

EVの方は、デイズにしか設定されないということはなく、ekワゴンにも設定されるとみられています。

日産、三菱ともにEVには強く、三菱もアイミーヴなどを発売していますから、アライアンスとしてEVを強化していく方針もあるのでしょう。

いずれにしても、EVモデルは発売当初は設定されないでしょうから、投入はしばらく後ということになりそうです。

N氏
詳しいことは調査中だ。新しい情報が入ったらまた更新するぞ。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

ekワゴンのライバル車

タケシ
ekワゴンのライバル車は、何になるのかな?
N氏
ワゴンR、ムーヴ、N-WGN、ハスラーだ。

ekワゴンのライバル車を紹介します。

スズキ・ワゴンR



出典http://www.suzuki.co.jp ”

軽トールワゴンのジャンルの先駆者が、スズキ・ワゴンRです。

現行ワゴンRは、徹底的な軽量化と、ハイブリッドの投入による低燃費が特徴です。

NAエンジンで33.4km/L、ターボエンジンでも28.4km/Lという低燃費を実現していて、これは新型ekワゴンでも超えられないはずです。

一方で、デザインの評価は今ひとつのようです。

ダイハツ・ムーヴ



出典https://www.daihatsu.co.jp ”

ムーヴは、DモノコックやDサスペンションと呼ばれる新しい車体による快適な乗り心地、静粛性の高さが特徴です。

新型ekワゴンも、新型シャシー、新型シート、静粛性の向上などで快適性がかなり向上するようなので、どちらが快適になるのか注目したいところです。

ホンダ・N-WGN



出典https://www.honda.co.jp ”

N-WGNは、ホンダらしい元気なエンジンが特徴的な車です。

足回りは少し硬めで、エンジン音も比較的元気に聞こえてきますが、走りも元気です。

スズキ・ハスラー



出典http://www.suzuki.co.jp ”

ハスラーは、ekワゴンのクロスオーバーモデルのライバルにあたる車です。

親しみやすいデザインのハスラーに対して、イカツイデザインのekクロスオーバーということで、デザインの方向性はかなり違います。

ハスラーは、ワゴンRがベースながら、ワゴンRに比べると室内が少し狭くなっていますが、ekクロスオーバーはekワゴンと同等の室内空間を確保するので、室内空間はekクロスオーバーの方がかなり広くなるでしょう。

ハスラーは男女に人気が高いのに対して、ekクロスオーバーは実質男性向けモデルといった感じになるので、ハスラー超えとはならないでしょうが、強力なライバルになりそうです。