相場が高くなっている今が、高く売るチャンス

【日産サクラ eKクロスEV 違いを比較】お得なのはどっち?装備、価格、デザイン、グレード構成など

スポンサーリンク

日産と三菱から、新型軽EVが発表されました。

日産はサクラ、三菱はeKクロスEVという名前です。

このページでは、日産サクラ、三菱eKクロスEVの違いを比較します。

価格、グレード構成

日産サクラは3グレード、eKクロスEVは2グレードですが、サクラのSグレードは商用車向けなので、実質的にはどちらも2グレードです。

サクラのXグレードとeKクロスEVのGグレード、サクラのGグレードとeKクロスEVのPグレードは、ほぼ同じ価格です。

<日産サクラ>
S・・・2,333,100円
X・・・2,399,100円
G・・・2,940,300円

<三菱eKクロスEV>
G・・・2,398,000円
P・・・2,932,600円

デザイン

日産サクラ

日産サクラのデザイン

日産サクラのリヤデザイン
出典https://global.nissannews.com(2022/5/20)

eKクロスEV

ekクロスEVのエクステリアデザイン

ekクロスEVのリヤデザイン
出典https://www.mitsubishi-motors.co.jp(2022/5/20)

日産サクラと、eKクロスEVでは、デザインの方向性が全く違います。

日産サクラは、日産のEVファミリーに共通した顔で、アリアの軽自動車版といえるデザインとなっています。

一方のeKクロスEVは、既存のeKクロスのEV版という位置づけで、eKクロスとほとんど同じデザインとなっています。

EVの特別感が欲しいならサクラ、三菱のダイナミックシールドデザインが好きな方や、普通のデザインで目立ちたくない。という方は、eKクロスEVがおすすめです。

スポンサーリンク

装備

日産サクラの上級グレード、Gには、プロパイロットが標準装備となっています。

一方、eKクロスEVのPグレードには、マイパイロットが標準装備ではなく、オプションとなっています。

eKクロスEVのPグレードにマイパイロットを装着するためには、165,000円の先進安全快適パッケージを選択する必要があります。

逆に、ekクロスのPグレードでは、15インチアルミホイールと、7.5mの充電ケーブルが標準でついてきます。

サクラの15インチアルミホイールはオプションで22,000円、充電ケーブルは55,000円です。

プロパイロットが欲しい方にとっては、サクラの方がお得かと思います。

基本的なスペックは同じ

今回は、日産サクラと三菱eKクロスEVの違うところを紹介しましたが、兄弟車ですから、基本的なスペックは同じです。

デザインが気に入った方を買う。でも良いと思います。

<共通点>
サイズ
全長3,395mm✕全幅1475mm✕全高1,655mm

ホイールベース・・・2,495mm

最低地上高・・・145mm

ベース車両のデイズ、EKクロスと比べると、最低地上高が10mm低くなっているので、その点は注意が必要です。

モーター最高出力・・・47kW
モーター最大トルク・・・195Nm

航続距離・・・180km

など

それぞれの詳細は、こちらのページで詳しく紹介しています。

【日産 サクラ 納期、予約】いつ出る?発売日、スペック、内装、価格、補助金、航続距離、デザイン、サイズ、スペックなど、最新情報、予想情報
【新型 ekクロスEV】発売日、予約、価格、補助金、航続距離、デザインなど、最新情報。最低地上高は低くなっている

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
中古車相場が高騰中のため、今がチャンスです。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク