【トヨタ bZ4Xコンセプト】日本発売日は、2022年中?デザイン、サイズ、スペック、航続距離、価格はどうなる?

スポンサーリンク

トヨタは、電気自動車シリーズ、TOYOTA bZシリーズの第一弾、TOYOTA bZ4Xを発表しました。

読み方は、ビーズィーフォーエックスです。

このページでは、TOYOTA bZ4Xの発売時期、デザイン、スペック、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

トヨタ bZ4Xの発売時期

トヨタ bZ4Xは、2022年年央までにグローバルでの販売を開始する計画です。と発表されています。

bZシリーズは、中国、米国、欧州など、EVの需要や再生可能エネルギーによる電力供給が多い地域で、多くのお客様に受け入れていただけることを目指している。とのことで、日本が入っていません。

日本でも生産される計画なので、いずれは発売されるでしょうが、順番的には後になるかもしれません。

トヨタは、2025年までにEVを15車種、そのうちbZシリーズを7車種導入する方針を発表しています。

bZ4Xのデザイン

bZ4Xのデザインを紹介します。

bZ4Xフロントマスク

bZ4X サイド デザイン

bZ4X リヤ デザイン

bZ4X インテリア 内装

bZ4X 内装 運転席

bZ4X インテリア 後部座席

少し全高が低めのSUVといった印象です。

インテリアでは、レーシングカーのようはステアリングホイールが特徴的です。

ステアリングホイールの形は特徴的ですが、それ以外は、ディスプレイがたくさん並べられているということもなく、いつ市販されてもおかしくないような完成度となっています。

カーナビ部分はハリアーやクラウンと同じサイズのものが搭載されているように見えます。

後席用のエアコン吹出口も搭載されています。

bZ4Xのボディサイズ

bZ4Xの詳細なボディサイズは発表されていません。

ただ、プレスリリースの中で、「ショートオーバーハング・ロングホイールベース化により、特徴的なスタイリングと、Dセグメントセダン並みの室内空間を実現。」と発表されているため、ボディサイズはカローラクロスに近くなると予想されています。

カローラクロスのボディサイズは、全長4,460mm✕全幅1,825mm✕全高1,620mmです。

デザイン画像を見ても、なんとなくRAV4よりは小さそうだな。と印象を受けます。

兄弟車と思われる、スバル・ソルテラが発表されましたが、ソルテラはCセグメントのSUVだと名言されています。

CセグメントのSUVとは、C-HRやカローラクロスくらいのサイズのことを指すので、bZ4Xのボディサイズは、カローラクロスに近いということで間違いないでしょう。

【スバル ソルテラ】発売時期、サイズ、スペック、航続距離、価格はどうなる?bZ4Xとの兄弟車か

bZ4Xのその他の特徴

今回、bZ4Xに関しては、モータースペック、バッテリー容量、航続距離など、詳しいスペックは発表されていません。

ざっくりとした方向性、コンセプトのみ発表されているので、気になるポイントをいくつかピックアップして紹介します。

・スバルと共同開発した専用のプラットフォーム
bZ4Xには、スバルと共同開発したEV専用のあたらしいプラットフォーム、e-TNGAが採用されています。

トヨタの得意分野である電動化、スバルの得意分野であるAWD技術を持ち寄った、AWDの電動SUVとなっています。

・ソーラー充電システムの採用
ソーラー充電システムを採用することで、冬場でも不便に感じさせない航続距離を確保している。とのことです。

冬場といえば、暖房で航続距離が短くなる時期ですから、ソーラーパネルで発電した部分を暖房で使用するのでしょうか。

・ステアバイワイヤの採用
ステアバイワイヤ、異形ステアリングホイールの採用により、スムーズな運転間隔を実現しています。

bZ4Xについてあたらしい情報が入りましたら、更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク