【新型 フリード フルモデルチェンジ 2022】いつ?デザイン、サイズ、パワートレイン、燃費、価格予想など。待つべきか?

スポンサーリンク

ホンダ、次期フリードには、e:HEVなど、新型フィットの技術が採用されるといわれています。

このページでは、新型フリードの発売時期、パワートレイン、サイズ、燃費、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

新型フリードの発売時期

新型フリードの発売時期は、2022年中と予想されています。

フリードのモデルチェンジ周期を振り返ってみると、

初代フリードは、2008年に発売され、2010年、2011年、2014年にマイナーチェンジされています。

現行フリードは2016年に発売され、2019年にマイナーチェンジされています。

初代フリードこそ少しモデルチェンジ周期が長かったですが、現行モデルは、多くの人気車種と同じく6年程度のフルモデルチェンジとなりそうです。

同時期に、トヨタ・シエンタもフルモデルチェンジされると予想されています。

【シエンタ フルモデルチェンジ 2022】いつ?発売時期、スペック、サイズ、広さ、価格など。シエンタのフルモデルチェンジを、待つべきか?

ヤリスVSフィットと同じような争いになりそうです。

新型フリードのデザイン

新型フリードのデザインについては、まだ詳しい情報は出ていませんが、オデッセイのような力強いデザインになると予想されています。

オデッセイ

現行フリード


ヴェゼルもそうですが、六角形のグリルを採用した迫力のあるデザインの車が増えていきそうです。

一時期は、新型フィットのようなグリルレスの優しい顔つきとする案もあったようなのですが、フィットのグリルレスデザインは、どうも不評なようです。

スポンサーリンク

新型フリードのパワートレイン

新型フリードには、1.5Lガソリンエンジンと、新型フィットに搭載された1.5Lハイブリッドシステム(e:HEV)が搭載されると予想されています。

それぞれの予想スペックは、以下のとおりです。

<1.5Lガソリンエンジン>
最高出力・・・130ps程度
最大トルク・・・15kgf・m程度

<1.5Lハイブリッドシステム>
エンジン最高出力・・・98ps/5600-6400rpm
エンジン最大トルク・・・13.0kgf・m/4500-5000rpm
モーター最高出力・・・109ps
モーター最大トルク・・・25.8kgf・m

現行フリードに搭載されているハイブリッドシステムは、i-DCDという、デュアルクラッチトランスミッションを搭載した、1モーター式のハイブリッドシステムです。

ホンダは、コンパクトカーにも、2モーター式のe:HEV(旧i-MMD)の搭載を進めています。

2モーター式のe:HEVは、モーターだけで走行できる領域が大幅に拡大されており、一般道では、日産のe-POWERに近い、先進的な走行感覚を楽しむことができます。

フリードのパワートレインは、ライバルのシエンタよりもパワフルであることで知られており、多人数乗車が多い家庭では、パワーがあるからフリードを選ぶ。という人も多いです。

同時期にフルモデルチェンジが予想されているシエンタの方は、新型ヤリスと同じパワートレインが搭載されパワーアップするとみられているのですが、フリードのパワー面での優位性は維持されそうです。

新型フリードの燃費

新型フリードの燃費は、現行型と同程度になると予想されています。

<新型フリードの予想燃費>
ガソリン車・・・20.4km/L

ハイブリッド車・・・29.4km/L

シエンタの方は、フルモデルチェンジでダイナミックフォースエンジンが搭載され、大きく向上すると予想されています。

そのため、燃費に関してはシエンタの方が優位となるでしょう。

スポンサーリンク

新型フリードのボディサイズ

新型フリードのボディサイズは、現行モデルと同程度になると予想されています。

<フリードのボディサイズ>
全長4,265mm✕全幅1,695mm✕全高1,515mm
(※間違えて3,995mmと書いていたので修正しました。)

ボディサイズは同程度でも、室内長は現行モデルよりも長くなると予想されています。

新型フリードのホンダセンシング


出典https://www.honda.co.jp(2021/9/15)

新型フリードのホンダセンシングの機能は、新型フィットと同等にアップデートされると予想されています。

最新のホンダセンシングは、フロントワイドビューカメラ、前方ソナーセンサー、後方ソナーセンサーによって安全運転をサポートします。

最新のホンダセンシングの機能が、現行フリードと違う点は、以下の3点です。

・近距離衝突軽減ブレーキ
壁などの障害物の見落としによる衝突回避、被害の軽減を支援する機能

・渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減する機能

現行フリードのものは、渋滞追従機能付ではありません

・オートハイビーム
先行車や対向車を検知し、ハイビーム、ロービームを自動で切り替える機能

現行フリードにも搭載されているホンダセンシングの機能も紹介しておきます。

・衝突軽減ブレーキ
車両や歩行者、自転車との衝突回避を支援する機能

・誤発進抑制機能
不注意による急発進を防止し、注意を喚起する機能

・歩行者事故低減ステアリング
歩行者との衝突回避を支援する機能

・路外逸脱抑制機能
車線や草、砂利などの道路境界を検知し、はみ出さないように支援する機能

・車線維持支援システム
車線内を走行できるようにステアリング操作を支援する機能

・先行車発進お知らせ機能
停車時に、先行車が発進したことをお知らせする機能

・標識認識機能
標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援する機能

・後方誤発進抑制機能
不注意による急な後退を防止し、注意を喚起する機能

新型フリードの価格

新型フリードの価格は、ガソリン車は現行型と同程度、ハイブリッド車は現行型よりも15万円ほど高くなると予想されています。

<新型フリード予想価格>
ガソリン車・・・200万円~

ハイブリッド車・・・270万円~

これからもリーク情報が入ってくるかと思います。

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

フリードのフルモデルチェンジを、待つべきか?

フリードのフルモデルチェンジを、待つべきか悩んでいる方もいるかと思います。

現時点で出てきている予想情報をまとめると、ハイブリッドシステム、ホンダセンシングの部分で大きく進化するとみられています。

一方、広さや使い勝手の部分は、それほど変わらないとみられています。

特に、ハイブリッドシステムは、1モーター式と2モーター式では、走行感覚が大きく違います。(現行フリードと、新型フィットを乗り比べてみると良いかもしれません。)

ですから、ハイブリッドを検討している方は、待てるなら待ったほうが良いのではないかと思います。

フリード、シエンタの販売台数

最近のフリードと、シエンタの販売台数を比較してみましょう。

2021年 シエンタ フリード
10月 4,423台 6,237台
9月 4,807台 6,139台
8月 3,351台 5,200台
7月 4,206台 6,005台
6月 4,167台 5,024台
5月 3,908台 4,409台
4月 4,581台 5,426台
3月 8,682台 9,764台
2月 6,360台 5,928台
1月 6,055台 5,000台

現行モデルでは、フリードの方が、広く、パワーがあり、燃費が同程度と、優れている点が多いため、圧倒的な販売力を持つトヨタ・シエンタよりも売れています。

フリードのフルモデルチェンジの同時期にシエンタのフルモデルチェンジされるとみられています。

新型シエンタにはダイナミックフォースエンジンが搭載されると予想されているため、燃費はシエンタに差をつけられることになりそうです。

また、シエンタのもう一つの弱点である涙目デザインもなくなるようなので、シエンタ、フリードの販売台数がどうなるのか、目が離せません。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク