2月~3月は、新年度の需要期に向けて在庫を確保するため、査定額が高くなりやすい時期です。

【2021年最新】自動ブレーキ 性能比較 軽自動車編。ダイハツ、スズキ、ホンダ、日産、三菱自動車を車種別に紹介

スポンサードリンク

最近では、軽自動車にも自動ブレーキ機能がついているのが当たり前になってきました。

一口に自動ブレーキといっても、メーカーや車種によって、作動速度など、性能が異なります。

このページでは、軽自動車の自動ブレーキ性能を、一覧で比較できるようにまとめました。

軽自動車自動ブレーキ性能比較:ダイハツ

ミライース

ミライースの自動ブレーキは、

事前ブレーキ(弱い自動ブレーキ)

被害軽減ブレーキアシスト(ドライバーがブレーキを踏んだ時、ブレーキ力を強くする)

緊急ブレーキ(強い自動ブレーキ)

の順で作動します。

速度差が4~30km/hであれば衝突を回避できる場合があり、速度差が30~80km/h(歩行者の場合は30~50km/h)であれば被害を軽減できる場合があります。

作動速度は、以下のとおりです。

・事前ブレーキ
対車両・・・4~80km/h
対歩行者・・・4~50km/h

・被害軽減ブレーキアシスト
対車両・・・30~80km/h
対歩行者・・・30~50km/h

・緊急ブレーキ
対車両・・・4~80km/h
対歩行者・・・4~50km/h

スポンサードリンク

ミラトコット

ミラトコットの自動ブレーキは、

事前ブレーキ(弱い自動ブレーキ)

被害軽減ブレーキアシスト(ドライバーがブレーキを踏んだ時、ブレーキ力を強くする)

緊急ブレーキ(強い自動ブレーキ)

の順で作動します。

速度差が4~30km/hであれば衝突を回避できる場合があり、速度差が30~80km/h(歩行者の場合は30~50km/h)であれば被害を軽減できる場合があります。

作動速度は、以下のとおりです。

・事前ブレーキ
対車両・・・4~80km/h
対歩行者・・・4~50km/h

・被害軽減ブレーキアシスト
対車両・・・30~80km/h
対歩行者・・・30~50km/h

・緊急ブレーキ
対車両・・・4~80km/h
対歩行者・・・4~50km/h

キャスト

キャストの自動ブレーキは、

事前ブレーキ(弱い自動ブレーキ)

被害軽減ブレーキアシスト(ドライバーがブレーキを踏んだ時、ブレーキ力を強くする)

緊急ブレーキ(強い自動ブレーキ)

の順で作動します。

速度差が4~30km/hであれば衝突を回避できる場合があり、速度差が30~80km/h(歩行者の場合は30~50km/h)であれば被害を軽減できる場合があります。

作動速度は、以下のとおりです。

・事前ブレーキ
対車両・・・4~80km/h
対歩行者・・・4~50km/h

・被害軽減ブレーキアシスト
対車両・・・30~80km/h
対歩行者・・・30~50km/h

・緊急ブレーキ
対車両・・・4~80km/h
対歩行者・・・4~50km/h

タフト

タフトの自動ブレーキは、

被害軽減ブレーキアシスト(ドライバーがブレーキを踏んだ時、ブレーキ力を強くする)

衝突回避支援ブレーキ(強い自動ブレーキ)

の順で作動します。

作動速度は、以下のとおりです。

・被害軽減ブレーキアシスト
対車両・・・30~120km/h
対歩行者・・・4~60km/h

・衝突回避支援ブレーキ機能
対車両・・・4~120km/h
対歩行者・・・4~60km/h

ムーヴ

ムーヴの自動ブレーキは、

事前ブレーキ(弱い自動ブレーキ)

被害軽減ブレーキアシスト(ドライバーがブレーキを踏んだ時、ブレーキ力を強くする)

緊急ブレーキ(強い自動ブレーキ)

の順で作動します。

速度差が4~30km/hであれば衝突を回避できる場合があり、速度差が30~80km/h(歩行者の場合は30~50km/h)であれば被害を軽減できる場合があります。

作動速度は、以下のとおりです。

・事前ブレーキ
対車両・・・4~80km/h
対歩行者・・・4~50km/h

・被害軽減ブレーキアシスト
対車両・・・30~80km/h
対歩行者・・・30~50km/h

・緊急ブレーキ
対車両・・・4~80km/h
対歩行者・・・4~50km/h

スポンサードリンク

ムーヴキャンバス

ムーヴキャンバスの自動ブレーキは、

事前ブレーキ(弱い自動ブレーキ)

被害軽減ブレーキアシスト(ドライバーがブレーキを踏んだ時、ブレーキ力を強くする)

緊急ブレーキ(強い自動ブレーキ)

の順で作動します。

速度差が4~30km/hであれば衝突を回避できる場合があり、速度差が30~80km/h(歩行者の場合は30~50km/h)であれば被害を軽減できる場合があります。

作動速度は、以下のとおりです。

・事前ブレーキ
対車両・・・4~80km/h
対歩行者・・・4~50km/h

・被害軽減ブレーキアシスト
対車両・・・30~80km/h
対歩行者・・・30~50km/h

・緊急ブレーキ
対車両・・・4~80km/h
対歩行者・・・4~50km/h

タント

タントの自動ブレーキは、

被害軽減ブレーキアシスト(ドライバーがブレーキを踏んだ時、ブレーキ力を強くする)

衝突回避支援ブレーキ(強い自動ブレーキ)

の順で作動します。

作動速度は、以下のとおりです。

・被害軽減ブレーキアシスト
対車両・・・30~120km/h
対歩行者・・・4~60km/h

・衝突回避支援ブレーキ機能
対車両・・・4~120km/h
対歩行者・・・4~60km/h

ウェイク

ウェイクの自動ブレーキは、

事前ブレーキ(弱い自動ブレーキ)

被害軽減ブレーキアシスト(ドライバーがブレーキを踏んだ時、ブレーキ力を強くする)

緊急ブレーキ(強い自動ブレーキ)

の順で作動します。

速度差が4~30km/hであれば衝突を回避できる場合があり、速度差が30~80km/h(歩行者の場合は30~50km/h)であれば被害を軽減できる場合があります。

作動速度は、以下のとおりです。

・事前ブレーキ
対車両・・・4~80km/h
対歩行者・・・4~50km/h

・被害軽減ブレーキアシスト
対車両・・・30~80km/h
対歩行者・・・30~50km/h

・緊急ブレーキ
対車両・・・4~80km/h
対歩行者・・・4~50km/h

アトレーワゴン

アトレーワゴンの自動ブレーキは、

事前ブレーキ(弱い自動ブレーキ)

被害軽減ブレーキアシスト(ドライバーがブレーキを踏んだ時、ブレーキ力を強くする)

緊急ブレーキ(強い自動ブレーキ)

の順で作動します。

速度差が4~30km/hであれば衝突を回避できる場合があり、速度差が30~80km/h(歩行者の場合は30~50km/h)であれば被害を軽減できる場合があります。

作動速度は、以下のとおりです。

・事前ブレーキ
対車両・・・4~80km/h
対歩行者・・・4~50km/h

・被害軽減ブレーキアシスト
対車両・・・30~80km/h
対歩行者・・・30~50km/h

・緊急ブレーキ
対車両・・・4~80km/h
対歩行者・・・4~50km/h

コペン

コペンには、自動ブレーキは搭載されていません。

スポンサードリンク

軽自動車自動ブレーキ性能比較:スズキ

アルト

アルトの自動ブレーキは、デュアルセンサーブレーキサポートという名前です。

作動した時の速度が5~50km/h(歩行者の場合は5~60km/h)であれば、衝突を回避できる場合があります。

作動速度は、以下のとおりです。

対車両・・・5~100km/h
対歩行者・・・5~60km/h

スポンサードリンク

アルトワークス

アルトワークスの自動ブレーキは、デュアルセンサーブレーキサポートという名前です。

作動した時の速度が5~50km/h(歩行者の場合は5~60km/h)であれば、衝突を回避できる場合があります。

作動速度は、以下のとおりです。

対車両・・・5~100km/h
対歩行者・・・5~60km/h

エブリイワゴン

エブリイワゴンの自動ブレーキは、デュアルカメラブレーキサポートという名前です。

作動した時の速度が5~50km/h(歩行者の場合は5~30km/h)であれば、衝突を回避できる場合があります。

作動速度は、5-100km/hです。

ジムニー

ジムニーの自動ブレーキは、デュアルセンサーブレーキサポートという名前です。

作動した時の速度が5~50km/h(歩行者の場合は5~30km/h)であれば、衝突を回避できる場合があります。

作動速度は、以下のとおりです。

対車両・・・5~100km/h
対歩行者・・・5~60km/h

スペーシア

ハスラーの自動ブレーキは、デュアルカメラブレーキサポートという名前です。

作動した時の速度が5~50km/h(歩行者の場合は5~30km/h)であれば、衝突を回避できる場合があります。

作動速度は、5-100km/hです。

スポンサードリンク

ハスラー

ハスラーの自動ブレーキは、デュアルカメラブレーキサポートという名前です。

作動した時の速度が5~50km/h(歩行者の場合は5~30km/h)であれば、衝突を回避できる場合があります。

作動速度は、5-100km/hです。

ラパン

ラパンの自動ブレーキは、デュアルセンサーブレーキサポートという名前です。

作動した時の速度が5~50km/h(歩行者の場合は5~60km/h)であれば、衝突を回避できる場合があります。

作動速度は、以下のとおりです。

対車両・・・5~100km/h
対歩行者・・・5~60km/h

ワゴンR

ワゴンRの自動ブレーキは、デュアルセンサーブレーキサポートという名前です。

作動した時の速度が5~50km/h(歩行者の場合は5~60km/h)であれば、衝突を回避できる場合があります。

作動速度は、以下のとおりです。

対車両・・・5~100km/h
対歩行者・・・5~60km/h

スポンサードリンク

軽自動車自動ブレーキ性能比較:ホンダ

N-BOX

N-BOXの自動ブレーキは、約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある車両や歩行者、人が乗車して移動する自転車に対して衝突するおそれがあるとシステムが判断したときに作動し、停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を支援します。

対向車両、停止車両、歩行者、移動する自転車に対しては、100km/h以下で走行中に作動します。

N-WGN

N-WGNの自動ブレーキは、約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある車両や歩行者、人が乗車して移動する自転車に対して衝突するおそれがあるとシステムが判断したときに作動し、停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を支援します。

対向車両、停止車両、歩行者、移動する自転車に対しては、100km/h以下で走行中に作動します。

N-WGNは、50km/hからでも止まれています。

N-ONE

N-ONEの自動ブレーキは、約5km/h以上で走行中に自車との速度差が約5km/h以上ある車両や歩行者、人が乗車して移動する自転車に対して衝突するおそれがあるとシステムが判断したときに作動し、停止または減速することにより衝突回避や衝突被害の軽減を支援します。

対向車両、停止車両、歩行者、移動する自転車に対しては、100km/h以下で走行中に作動します。

スポンサードリンク

軽自動車自動ブレーキ性能比較:日産、三菱

デイズ、ekワゴン、ekクロス

デイズ、ekワゴン、ekクロスの自動ブレーキは、軽いブレーキ→強いブレーキの順で作動します。

作動速度は、以下のとおりです。
対車両・・・10~80km/h
対歩行者・・・10~60km/h

ルークス、ekスペース、ekクロススペース

ルークス、ekスペース、ekクロススペースの自動ブレーキは、軽いブレーキ→強いブレーキの順で作動します。

作動速度は、以下のとおりです。
対車両・・・10~80km/h
対歩行者・・・10~60km/h

以上、軽自動車の自動ブレーキ性能を一覧形式で紹介しました。参考にしていただければと思います。

自動ブレーキ等、先進的な機能は、日進月歩で技術が進んでいます。

最終的に車を購入する前には、担当の営業マンに確認するなど、最新の情報をご自身で確認することをおすすめします。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
2月~3月は、新年度の需要期に向けて在庫を確保するため、査定額が高くなりやすい時期です。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサードリンク