半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

【新型 ラパン 2022】マイナーチェンジ、フルモデルチェンジは、いつ?ラパンLC登場。色、カラー、発売日、デザイン、価格など、予想情報

スポンサーリンク

アルトラパンのマイナーチェンジが実施され、レトロ調のアルトラパンLCが設定されました。

このページでは、スズキ・ラパンのマイナーチェンジ、フルモデルチェンジに関する最新情報、予想情報を紹介します。

新型ラパンの発売日

新型ラパンの発売日は、2022年6月17日です。

アルトがフルモデルチェンジされたため、ラパンもフルモデルチェンジを期待する声が多かったのですが、今回は、マイナーチェンジです。

新型ラパンのデザイン

新型ラパンは、フロントグリルにメッキ加飾が入り、質感が向上しました。

新型ラパン
新型ラパンのデザイン
出典https://www.suzuki.co.jp(2022/6/17)

また、レトロ調のラパンLCが、あたらしく設定されました。

新型ラパンLC
新型ラパンLCのデザイン
出典https://www.suzuki.co.jp(2022/6/17)

スポンサーリンク

新型ラパンの色、カラー

新型ラパンのカラーラインナップは、モノトーンが7色、ツートンカラーが4色の計11色です。

<モノトーン>
・テラコッタピンクメタリック
・ピュアホワイトパール
・フォーンベージュメタリック
・トラッドカーキメタリック
・シフォンアイボリーメタリック
・オフブルーメタリック
・アーバンブラウンパールメタリック

<ツートンカラー>
(ボディカラー✕ルーフカラー)
・テラコッタピンクメタリック✕ソフトベージュ
・オフブルーメタリック✕ソフトベージュ
・トラッドカーキメタリック✕ソフトベージュ
・フォーンベージュメタリック✕ソフトベージュ

新型ラパンLCの色、カラー

新型ラパンLCのカラーラインナップは、モノトーンが6色、ツートンカラーが6色の計12色です。

<モノトーン>
・テラコッタピンクメタリック
・トラッドカーキメタリック
・フォーンベージュメタリック
・ノクターンブルーパール
・アーバンブラウンパールメタリック
・ソフトベージュメタリック

<ツートンカラー>
(ボディカラー✕ルーフカラー)
・フォーンベージュメタリック✕アーバンブラウン
・トラッドカーキメタリック✕ソフトベージュ
・トラッドカーキメタリック✕アーバンブラウン
・アーバンブラウンパールメタリック✕ソフトベージュ
・テラコッタピンクメタリック✕アーバンブラウン
・ノクターンブルーパール✕ソフトベージュ

その他の変更点

その他の変更点を紹介します。

・USB電源ソケット
全車標準装備

・ナノイーX搭載フルオートエアコン
Xグレードに採用

・360°プレミアムUV&IRカットガラス
Xグレードに採用

・LEDヘッドランプ
L、Xグレードに採用

新型ラパンの価格

新型ラパンの価格は、これまでのモデルよりも5万円ほど高くなりました。

<ラパン>
G・・・1,251,800円
L・・・1,359,600円
X・・・1,496,000円

<ラパンLC>
L・・・140万9,100円
X・・・154万5,500円

スポンサーリンク

ラパンのフルモデルチェンジは、いつ?

ラパンのフルモデルチェンジは、いつ実施されるという具体的な情報は、まだ入ってきていません。

フルモデルチェンジされるとしても、2023~2024年以降になると思われます。

派生車種は、ベースとなる車種がフルモデルチェンジされて、少し後にフルモデルチェンジされることが多いのですが、アルトとラパンのフルモデルチェンジ時期には、それほど関連性はないようです。

アルトと、ラパンのモデルチェンジ時期は、以下のようなタイミングです。

アルト・・・1998年10月→2004年9月→2009年12月→2014年12月→2021年12月

ラパン・・・2002年1月→2008年11月→2015年6月

フルモデルチェンジに関する具体的な情報は入っていないものの、これまで、新型ラパンはこうなるだろう。と言われていた情報をまとめて紹介します。

可愛い系のデザインとなったアルトが、新型ラパンなのではないかといわれていた時期があったので、新型アルトの情報と混同されている点が多々あるかと思います。

新型ラパンのデザイン

新型ラパンのデザインは、現行モデルからキープコンセプトで、可愛らしい、女性向けのデザインを引き継ぐ。と予想されています。

現行モデル


現行ラパンは、丸形のヘッドライトなど、徹底的に可愛さをつきつめたようなデザインになっていますが、新型ラパンは、どちらかというと先代ラパンの雰囲気に近いデザインになるといわれています。

先代モデル

【追記】
新型アルトが、可愛い系のデザインになったため、ラパンは、アルトに統合されるのでは?と言われはじめています。

スポンサーリンク

新型ラパンのサイズ

新型ラパンのサイズは、全高が若干高められると予想されています。

<現行モデルのサイズ>
全長3,395mm✕全幅1,475mm✕全高1,525mmです。

ライバルのミラトコットは、全高が1,530mmで、5mmだけ高く設定されています。

新型アルトも、全高が50mm高くなりました。

新型ラパンのパワートレイン

新型ラパンには、新型のR06Dエンジンが搭載されると予想されています。

【R06D型エンジン】
最高出力・・・49ps/6500rpm
最大トルク・・・5.9kgm/5000rpm

【現行R06A型エンジン】
最高出力・・・52ps/6500rpm
最大トルク・・・6.4kgm/4000rpm

また、新型アルトにもハイブリッドが採用されたため、ラパンにもハイブリッドが採用される可能性が高いとみられています。

【アルトのハイブリッドシステム】
エンジン最高出力・・・49ps/6500rpm
エンジン最大トルク・・・5.9kgf・m/5000rpm
モーター最高出力・・・2.6ps
モーター最大トルク・・・4.1kgf・m

新型ラパンの燃費

新型ラパンの燃費は、マイルドハイブリッドシステムが搭載されれば、1割ほど向上するとみられています。

現行モデルの燃費は25.2km/Lなので、27.5km/L程度になるでしょう。

アルトでは、マイルドハイブリッドが採用されることで、燃費は27.7km/Lになっています。

【追記】
新型アルトでは、ハイブリッド車の燃費は27.7km/L、非ハイブリッド車の燃費は25.2km/Lと、約1割の差があります。

新型ラパンの予防安全性能

新型ラパンでは、先進機能、スズキセーフティサポートも進化すると予想されています。

新型ラパンに搭載が予想されている予防安全機能を紹介します。

・デュアルカメラブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱抑制機能
・ふらつき警報機能
・標識認識機能
・アダプティブクルーズコントロール
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ
・ヘッドアップディスプレイ

現行ラパンには、以下のような予防安全機能が搭載されています。

・デュアルセンサーブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・標識認識機能
・全方位モニター用カメラ

現状、フルモデルチェンジされるのかどうかも定かではありませんが、アルトのフルモデルチェンジ発表前まで、こういったことが言われていました。

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク