半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

新車のローン支払い開始は、いつから?納車前にはじまるのか。一括払い、ローン、残価設定型ローン、それぞれ

スポンサーリンク

半導体不足の影響で、新車の納期が、軒並み長くなっています。

それにともなって、支払いはいつしたらいいのか?納車前にローンを払い始めないといけなのか?といった質問を受けることが、多くなってきました。

このページでは、新車購入時の支払いのタイミングを、一括払いの場合、ローンを組む場合、それぞれ紹介します。

一括払いの場合の支払い時期

一括払いの場合、以下の3パターンのどれかになるのが一般的です。

・契約後に一部支払い→納車直前に残金を支払い

・契約後に一部支払い→登録時に一部支払い→納車直前に残金を支払い

・納車直前に一括支払い

ディーラーや、営業マンとの関係性によって、手付金は必要ないこともあれば、車種によっては50万円~100万円を事前に支払うように求められた。という話も聞きます。(ランクル300など)

また、最近は、トラブル防止のために、現金一括払いの場合も、現金手渡しではなく、振り込みでの支払いを求められることが多くなっています。

先に一部払って、納車直前に残金を払うなら、厳密には一括払いではないような気がしますが、ローンを組まない支払い方は、一括払いと呼ばれます。

スポンサーリンク

ローンの場合の支払い開始時期

次に、ローンで購入する場合について解説します。

ローンには、大きく分けて、ディーラーで組むローンと、他の金融機関で組むローンがあります。

ディーラーのローンの場合は、納車直前、あるいは納車後から支払いが始まることが一般的です。

納車の何ヶ月も前からローンだけを払い続けなければならない。という状況にはなりにくいのが、ディーラーローンです。

ディーラー取り扱いではない、他の金融機関でローンを組む場合、ローンの支払開始は、納車後ではなく、契約後1ヶ月ほどではじまるのが一般的です。

ですから、納車まで数ヶ月~数年もかかってしまう車の場合、車は来ていないのに、ローンだけずっと払っている。という状況になってしまいます。

ローン会社によっては、支払い開始を6ヶ月ほど遅らせることができる制度があるところもありますが、一般的なディーラーで組むことができるローンでは、そういった制度があるところは、少ないのが現状です。

・審査に落ちる心配のない属性の場合、納車前に審査をする

・仮審査だけ済ませておき、契約を期限ギリギリまで引き伸ばす

など、できるだけ支払い開始を納車日に近づける方法もありますから、納車前にローンの支払いをできるだけしたくない。という方は、担当に確認してみましょう。

ローンに頭金が設定されている場合、頭金は、納車前に支払う必要があります。

残価設定型ローンの場合の支払い開始時期

ディーラーの残価設定型ローン(残価設定型クレジット、残価設定型プラン)の場合は、納車後に支払いがはじまるのが一般的です。

まとめ

納車前にローンを支払いたくない。という方は、ディーラー取り扱いのローンを組むことをおすすめします。一般的に、金融機関のカーローンよりも金利が高いというデメリットがありますが。

代金の支払い時期、ローンの支払い開始時期は、ディーラーや、ローン会社によっても変わってきますから、詳細は担当者に確認するようにしてくださいね。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク