半導体不足により、中古車相場が高騰中です。
下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

【SUV サイズ一覧表】サイズ比較、大きさ比較、大きさランキング。軽SUVから、コンパクトSUV、ミドルサイズSUV、ラージサイズSUVまで

最近はSUVが人気で、各社からさまざまなサイズのSUVが発売されています。

SUVのサイズはざっくり「軽SUV」「コンパクトSUV」「ミドルサイズSUV」「ラージサイズSUV」の4つに分けられます。

ボディサイズはカタログに必ず記載されているのですが、全長○○mm×全幅○○mm×全高○○mmという数字だけを見ても、その数値は大きいのか小さいのか、いまいちピンとこない方も多いかと思います。

そのため今回は、現在販売されている国産のすべてのSUVの「ボディサイズ」「ホイールベース」「最低地上高」「最小回転半径」「室内寸法」を紹介します。

SUV風、クロスオーバー風のモデルも含めて紹介します。

自分が考えている車は、家族や友達が乗っているあの車とくらべて何センチくらい大きいのかな?小さいのかな?といった比較の役に立つかと思います。

それぞれの用語の解説

まずは、「全長」「全幅」「全高」「ホイールベース」「最低地上高」「最小回転半径」「室内長」「室内幅」「室内高」それぞれの用語の定義を解説します。

全長とは、車の前端から後端までの長さのことです。

全幅とは、車の右端から左端までの幅のことです。ドアミラーなどの突起物は含みません。

全高とは、地面からルーフ最上部までの車の高さのことです。アンテナなどの突起物は含みません。

ホイールベースとは、前輪の中心から後輪の中心までの長さのことです。

最低地上高とは、地面から車の底面の最も低い部分までの高さのことです。数字が大きいほど、雪道や悪路の走破性が高くなります。

最小回転半径とは、ハンドルをいっぱいに切った時に、外側のタイヤの中心が描く円の半径のことです。数字が小さいほど、小回りが利くということになります。

室内長とは、インパネの先端から、後席のヘッドレストまでの長さのことです。

室内幅とは、室内幅の中で一番広いところ長さのことです。

室内高とは、床から天井までで一番高いところの高さのことです。

室内長、室内幅、室内高に関しては、メーカーによって若干測り方が違ったりするようなので、数値は参考までにして、実際に座ったり乗ったりして判断することをおすすめします。

 

ボディサイズ一覧表、ランキング

まずは、現在販売されている国産SUV全車種の全長、全幅、全高を一覧表にして紹介します。

全長が短い順に、ランキング形式で紹介します。

車種名 全長 全幅 全高
タフト 3,395 1,475 1,630
ハスラー 3,395 1,475 1,665
ジムニー 3,395 1,475 1,725
スペーシアギア 3,395 1,475 1,800
ekクロス 3,395 1,475 1,640
イグニス 3,700 1,660 1,595
クロスビー 3,760 1,670 1,705
ヤリスクロス 4,180 1,765 1,590
キックス 4,290 1,760 1,610
CX-3 4,275 1,765 1,550
ヴェゼル 4,330 1,790 1,580
RVR 4,365 1,770 1,630
CX-30 4,395 1,795 1,540
XV 4,465 1,800 1,550
カローラクロス 4,490 1,825 1,620
レクサスUX 4,495 1,840 1,540
エクリプスクロス 4,545 1,770 1,630
CX-5 4,545 1,840 1,740
RAV4 4,600 1,855 1,685
CR-V 4,605 1,855 1,680
フォレスター 4,640 1,815 1,715
レクサスNX 4,640 1,845 1,645
エクストレイル 4,690 1,820 1,740
アウトランダー 4,695 1,810 1,710
ハリアー 4,740 1,855 1,660
プラド 4,825 1,885 1,850
レガシィアウトバック 4,870 1,875 1,675
レクサスRX 4,890 1,895 1,710
CX-8 4,900 1,840 1,730
ランドクルーザー 4,985 1,980 1,925
レクサスLX 5,080 1,980 1,910

ここからは、各車種の「ボディサイズ」「ホイールベース」「最低地上高」「最小回転半径」「室内寸法」を紹介します。

 

軽SUVのサイズ、寸法一覧

まずは一番コンパクトな、軽SUVのサイズを紹介します。

現在販売されている軽SUVは、5車種です。

ダイハツ・タフト

ボディサイズ
全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,665mm

ホイールベース
2,460mm

最低地上高
190mm

最小回転半径
4.8m

室内寸法
室内長2,050mm×室内幅1,305mm×室内高1,270mm

スズキ・ハスラー

軽SUVで一番人気なのは、スズキ・ハスラーです。

ボディサイズ
全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,665mm

ホイールベース
2,425mm

最低地上高
2WD180mm、4WD175mm

最小回転半径
4.6m

室内寸法
室内長2,035mm×室内幅1,295mm×室内高1,250mm

スズキ・ジムニー

20年ぶりにフルモデルチェンジされて大人気の、ジムニー。

他の軽SUVにはない、随一の走破性の高さが魅力です。

ボディサイズ
全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,725mm

ホイールベース
2,250mm

最低地上高
205mm

最小回転半径
4.8m

室内寸法
室内長1,770mm×室内幅1,300mm×室内高1,200mm

 

スズキ・スペーシアギア

スペーシアギアは、スペーシアをSUVテイストにした車です。

あくまでSUVテイストにしただけで、これを軽SUVに含むかどうかは意見が分かれるところですが、一応紹介します。

ボディサイズ
全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,800mm

ホイールベース
2,460mm

最低地上高
150mm

最小回転半径4.4m

室内寸法
室内長2,155mm×室内幅1,345mm×室内高1,410mm

三菱・ekクロス

2019年3月に発売されたばかりの新型車、ekワゴンのSUVモデルです。

ボディサイズ
全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,640mm

ホイールベース
2,495mm

最低地上高
150mm

最小回転半径
4.5m

室内寸法
室内長2,065mm×室内幅1,340mm×室内高1,270mm

軽SUVのボディサイズを見て気がついたかもしれませんが、全長3,395mm、全幅1,475mmというのはすべて同じです。

これは、軽自動車規格が全長3.4m、全幅1.48m以下と決められているためです。

軽SUVの車種によるボディサイズの違いは、高さのみの違いとなっています。

 

コンパクトSUV

次に、コンパクトSUVを紹介します。

一般的にコンパクトカーというと5ナンバーサイズの車を指すことが多いのですが、SUVでは5ナンバーサイズの車が少ないこともあり、3ナンバーサイズの車もコンパクトSUVと呼ばれます。

おおよそ、全長が4,500mm、全幅が1,800mm程度までのものがコンパクトSUVと呼ばれています。

スズキ・クロスビー

ハスラーの普通車版、クロスビー

ボディサイズ
全長3,760mm×全幅1,670mm×全高1,705mm

ホイールベース
2,435mm

最低地上高
180mm

最小回転半径
4.7m

室内寸法
室内長2,175mm×室内幅1,355mm×室内高1,280mm

スズキ・イグニス

スズキのコンパクトSUV、イグニス。クロスビーが発売されてから販売台数は低迷中です。

ボディサイズ
全長3,700mm×全幅1,660mm×全高1,595mm

ホイールベース
2,435mm

最低地上高
180mm

最小回転半径
4.7m

室内寸法
室内長2,020mm×室内幅1,365mm×室内高1,250mm

 

トヨタ・ヤリスクロス

ヤリス派生のコンパクトSUV、ヤリスクロス

ボディサイズ
全長4,180mm✕全幅1,765mm✕全高1,590mm

ホイールベース
2,560mm

最低地上高
170mm

最小回転半径
5.3m

 

トヨタ・C-HR

ボディサイズ
全長4,360mm×全幅1,795mm×全高1,550mm

ホイールベース
2,640mm

最低地上高
2WD140mm、4WD155mm

最小回転半径
5.2m

室内寸法
室内長1,800mm×室内幅1,455mm×室内高1,210mm

トヨタ・カローラクロス

ボディサイズ
全長4,490mm×全幅1,825mm×全高1,620mm

ホイールベース
2,640mm

最低地上高
2WD140mm、4WD155mm

最小回転半径
5.2m

室内寸法
室内長1,805mm×室内幅1,505mm×室内高1,265mm

ホンダ・ヴェゼル

ボディサイズ
全長4,330mm×全幅1,790mm×全高1,580mm

ホイールベース
2,610mm

最低地上高
2WD185mm、4WD170mm

最小回転半径
5.3m

室内寸法
室内長2,010mm×室内幅1,445mm×室内高1,225mm

ヴェゼルは、最低地上高が4WDの方が低くなっているので注意です。

 

日産・キックス

e-POWERのみが発売された、日産キックス

ボディサイズ
全長4,290mm✕全幅1,760mm✕全高1,610mm

ホイールベース
2,620mm

最小回転半径
5.1m

室内寸法
室内長1,920mm✕室内幅1,420mm✕室内高1,250mm

マツダ・CX-3

デミオがベースのマツダ最小のSUV、CX-3

ボディサイズ
全長4,275mm×全幅1,765mm×全高1,550mm

ホイールベース
2,570mm

最低地上高
160mm

最小回転半径
5.3m

室内寸法
室内長1,810mm×室内幅1,435mm×室内高1,210mm

 

マツダ・CX-30

ボディサイズ
全長4,395mm✕全幅1,795mm✕全高1,540mm

ホイールベース
2,655mm

最低地上高
75mm

最小回転半径
5.3m

室内寸法
室内長1,830mm✕室内幅1,490mm✕室内高1,210mm

スバル・XV

インプレッサのSUVバージョンが、XVです。

ボディサイズ
全長4,465mm×全幅1,800mm×全高1,550mm

ホイールベース
2,670mm

最低地上高
200mm

最小回転半径
5.4m

室内寸法
室内長2,085mm×室内幅1,520mm×室内高1,200mm

 

レクサスUX

ボディサイズ
全長4,495mm×全幅1,840mm×全高1,540mm

ホイールベース
2,640mm

最低地上高
160mm

最小回転半径
5.2m

室内寸法
室内長1,830mm×室内幅1,520mm×室内高1,170mm

レクサスUXは輸入車と競合するプレミアムブランドということもあり、全幅が1,800mmを超えています。

ただ、UX<NX<RX<LXとあるSUVの中では一番小さいので、コンパクトSUVのジャンルに含めています。

三菱・RVR

ボディサイズ
全長4,365mm×全幅1,770mm×全高1,630mm

ホイールベース
2,670mm

最低地上高
195mm

最小回転半径
5.3m

室内寸法
室内長1,865mm×室内幅1,480mm×室内高1,260mm

三菱・エクリプスクロス

ボディサイズ
全長4,545mm×全幅1,805mm×全高1,685mm

ホイールベース
2,670mm

最低地上高
175mm

最小回転半径
5.4m

室内寸法
室内長1,870mm×室内幅1,490mm×室内高1,240mm

 

ミドルサイズSUV

次に、ミドルサイズSUVを紹介します。

おおよそ、全長4,700mm、全幅1,850mm以下のものが、ミドルサイズSUVと呼ばれています。

トヨタ・ハリアー

価格の割に質感が高いと人気のハリアー

ボディサイズ
全長4,740mm✕全幅1,855mm✕全高1,660mm

ホイールベース
2,690mm

最低地上高
ガソリン車195mm、ハイブリッド車190mm

最小回転半径
5.6m

室内寸法
室内長1,880mm×室内幅1,520mm×室内高1,215mm

トヨタ・RAV4

ボディサイズ
全長4,600mm×全幅1,855mm×全高1,685mm

ホイールベース
2,640mm

最低地上高
2WDmm、4WD195mm

最小回転半径
m

室内寸法
室内長mm×室内幅mm×室内高mm

新型RAV4はまだ正式発表前なので、一部わからない情報があります。分かり次第更新します。

 

ホンダ・CR-V

一時日本市場から姿を消したものの、2018年に復活した新型CR-V

ボディサイズ
全長4,605mm×全幅1,855mm×全高1,680mm

ホイールベース
2,660mm

最低地上高
2WD190mm、4WD200mm

最小回転半径
5.5m

室内寸法
室内長1,970mm×室内幅1,550mm×室内高1,230mm

日産・エクストレイル

プロパイロットを搭載し、販売好調のエクストレイル

ボディサイズ
全長4,690mm×全幅1,820mm×全高1,740mm

ホイールベース
2,705mm

最低地上高
205mm

最小回転半径
5.6m

室内寸法
室内長2,005mm×室内幅1,535mm×室内高1,270mm

 

マツダ・CX-5

ディーゼルターボエンジンが自慢のCX-5

ボディサイズ
全長4,545mm×全幅1,840mm×全高1,690mm

ホイールベース
2,700mm

最低地上高
2WD210mm

最小回転半径
5.5m

室内寸法
室内長1,890mm×室内幅1,540mm×室内高1,690mm

スバル・フォレスター

2018年にフルモデルチェンジされて、ハイブリッド、e-BOXERが追加されたフォレスター

ボディサイズ
全長4,640mm×全幅1,815mm×全高1,715mm

ホイールベース
2,670mm

最低地上高
220mm

最小回転半径
5.4m

室内寸法
室内長2,140mm×室内幅1,565mm×室内高1,275mm

 

レクサスNX

レクサスのSUVで一番人気の、レクサスNX

ボディサイズ
全長4,640mm×全幅1,845mm×全高1,645mm

ホイールベース
2,660mm

最低地上高
2WD170mm

最小回転半径
5.4m

室内寸法
室内長2,080mm×室内幅1,520mm×室内高1,180mm

三菱・アウトランダー

プラグインハイブリッド(PHEV)が人気の三菱、アウトランダー。

ボディサイズ
全長4,695mm×全幅1,810mm×全高1,710mm

ホイールベース
2,670mm

最低地上高
190mm

最小回転半径
5.3m

室内寸法
室内長2,580mm×室内幅1,495mm×室内高1,265mm

 

ラージサイズSUV

最後に、ラージサイズSUVを紹介します。

これくらいのサイズになると、通る道を選ばないといけない場面も出てくるかと思います。

トヨタ・ランドクルーザープラド

ボディサイズ
全長4,825mm×全幅1,885mm×全高1,850mm

ホイールベース
2,790mm

最低地上高
220mm

最小回転半径
5.8m

室内寸法
室内長2,520mm×室内幅1,565mm×室内高1,240mm

トヨタ・ランドクルーザー

ボディサイズ
全長4,985mm×全幅1,980mm×全高1,925mm

ホイールベース
2,850mm

最低地上高
225mm

最小回転半径
5.9m

室内寸法
室内長2,775mm×室内幅1,635mm×室内高1,215mm

マツダ・CX-8

CX-5の全長を長くして7人乗りのCX-8

ボディサイズ
全長4,900mm×全幅1,840mm×全高1,730mm

ホイールベース
2,930mm

最低地上高
200mm

最小回転半径
5.5m

室内寸法
室内長2,690mm×室内幅1,540mm×室内高1,250mm

 

スバル・レガシィアウトバック

レガシィのクロスオーバーモデル、レガシィアウトバック

ボディサイズ
全長4,870mm×全幅1,875mm×全高1,670mm

ホイールベース
2,745mm

最低地上高
213mm

最小回転半径
5.5m

室内寸法
室内長1,840mm×室内幅1,545mm×室内高1,245mm

レクサスRX

プレミアムSUVの先駆け、レクサスRX

ボディサイズ
全長4,890mm×全幅1,895mm×全高1,710mm

ホイールベース
2,790mm

最低地上高
2WDmm、4WDmm

最小回転半径
5.9m

室内寸法
室内長2,230mm×室内幅1,590mm×室内高1,200mm

レクサスLX

ランドクルーザーのレクサス版、レクサスLX

ボディサイズ
全長5,080mm×全幅1,980mm×全高1,910mm

ホイールベース
2,850mm

最低地上高
225mm

最小回転半径
5.9m

室内寸法
室内長2,760mm×室内幅1,650mm×室内高1,170mm

関連記事

【ミニバン サイズ比較、サイズ表】大きい3ナンバーから小さい5ナンバーまで、大きい順にランキング形式で紹介
【セダン サイズランキング】5ナンバーセダン、3ナンバーセダンのサイズ一覧表。全長、全幅、全高、最小回転半径など

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
中古車相場が高騰中のため、今がチャンスです。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。