相場が高くなっている今が、高く売るチャンス

【新型 レクサスLM】LM350h、LM500hが登場か。日本発売日は、いつ?価格予想、内装、外装画像、スペックなど、最新情報、予想情報

スポンサーリンク

アルファードがベースのレクサス、LMの日本発売を望む声は、とても多いです。

アルファードのフルモデルチェンジに続いて、新型LMが日本にもいよいよ投入されるのではないかといわれています。

このページでは、レクサスLMの日本発売日やデザイン、スペック、価格予想など、最新情報を紹介します。

レクサスLMの日本発売は、いつ?

レクサスLMは、2019年4月16日から開催される上海モーターショーでワールドプレミアされした。

ただし、現行型は海外でしか販売されていません。

アルファードのフルモデルチェンジが、2022年末~2023年初頭に実施されるといわれていますが、レクサスLMもそれに続いてフルモデルチェンジされ、次期型が日本に投入されるとみられています。

ですから、レクサスLMの日本発売日は、2023年~2024年ごろになるでしょう。

【追記】
中部経済新聞が、レクサスLMの発売時期は3年以内とみられる。と報じています。

3年以内ということは、2025年までには発売されることになりそうです。

新型レクサスLMのパワートレイン

新型レクサスLMには、2.4Lターボハイブリッド(LM500h)と、2.5Lハイブリッド(LM350h)が設定されると予想されています。

2.5Lハイブリッドは、新型レクサスNXに搭載されていますから、そのスペックが参考になります。

<2.5Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・190ps
エンジン最大トルク・・・24.8kgf・m
モーター最高出力・・・182ps
モーター最大トルク・・・24.8kgf・m

2.4Lターボハイブリッドは、新型レクサスRXに搭載されることが発表されていますが、詳細なスペックは、まだ発表されていません。今後に注目です。

新型レクサスLMの価格

新型レクサスLMの価格は、1000万円オーバーになると予想されています。

新型レクサスLMの情報はまだ少ないですが、いずれにしても、次期アルファードがベースになるでしょう。

次期アルファードの情報は、こちらのページで紹介しています。

【アルファード 40系 最新情報 2022~2023】フルモデルチェンジを、待つべきか?いつ出る?デザイン、サイズ、燃費、価格予想など。

スポンサーリンク

現行レクサスLMの情報

ここから先は、現在中国で販売されている現行LMの情報を紹介します。

レクサスLMのデザイン

レクサスLMは、アルファード・ヴェルファイアのレクサス版ともいえるミニバンです。

7人乗り

4人乗り

ひと目でピンと来るかと思いますが、ボディはアルファード、ヴェルファイアと同じです。

フロントマスクは、レクサスらしくスピンドルグリルです。

スピンドルグリル内のデザインは、レクサスESから採用されている、縦基調のものとなっています。

ヘッドライトは三眼LEDが横に並んでいます。

サイドのデザインはアルファードとほぼ同じですが、Bピラー部分のメッキだけ少し形が違います。レクサスLMでは、レクサスのヘッドライトなどに採用されている、チェックマークをイメージしているのでしょうか。

リヤは、左右のブレーキランプがつながっており、メッキパーツも追加されています。

アルファード、ヴェルファイアよりも高級感が出るようにデザインされています。

エクステリアに関しては、アルファード、ヴェルファイアベースのレクサスとして、おおよそ予想通りのデザインですね。

スポンサーリンク

レクサスLMのインテリア

今回驚きの声を集めたのは、エクステリアよりもインテリアです。

前席と後席が隔離されていて、20インチ以上ありそうな画面がついています。

アルファード、ヴェルファイアには、モデリスタのカスタムモデルとして、ロイヤルラウンジという4人乗りモデルが設定されています。

レクサスLMの4人乗りは、アルファードロイヤルラウンジのレクサス版といったところですね。

シートのデザインを見る限り、ロイヤルラウンジのものを流用していますね。

ディスプレイ画面などは、レクサスLMの方が大きくなっています。

7人乗りのインテリアは、アルファード・ヴェルファイアのエグゼクティブラウンジがベースとなっているようです。

エグゼクティブラウンジも、後部座席シートはかなり豪華です。

また、助手席にも電動オットマンが搭載されています。

スポンサーリンク

レクサスLMのパワートレイン

レクサスLMは、「LM300h」と「LM350」という名前が日本とアメリカで商標登録されたという情報が入っています。

つまり、レクサスLMには、2.5Lハイブリッドを搭載する「LM300h」と、3.5Lエンジンを搭載する「LM350」がラインナップされると予想することができます。

どちらも、アルファード/ヴェルファイアにも搭載されているパワートレインですね。

<2.5Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・152ps/5700rpm
エンジン最大トルク・・・21.0kgm/4400-4800rpm
モーター最高出力・・・143ps
モーター最大トルク・・・27.5kgm

<3.5Lガソリンエンジン>
最高出力・・・301ps/6600rpm
最大トルク・・・36.8kgm/4600-4700rpm

アルファード/ヴェルファイアに搭載されている2.5L NAエンジンの採用はなさそうです。

レクサスなら、余裕のあるLM450hなどもあって良いんじゃ?とも思いますが、今回はそれはなさそうです。

【追記】
レクサスLMが中国で発売されましたが、パワートレインは、ハイブリッドのLM300hのみとなっています。

レクサスLMのボディサイズ

レクサスLMのボディサイズは、全長5,040mm×全幅1,850mm×全高1,945mm、ホイールベース3,000mmです。

アルファード・ヴェルファイアのボディサイズは全長4,945mm×全幅1,850mm×全高1,950mm、ホイールベース3,000mmですから、全長は95mm長く、全高は5mm低くなっています。

若干大きくなっているものの、これくらいの違いなら、運転感覚はほとんど変わらないでしょう。

乗り心地、快適性

新型レクサスLMには、スイングバルブショックアブソーバーが採用されています。

スイングバルブショックアブソーバーとは、小さな段差、小さな動きにもサスペンションが緻密に連動し、細かい部分の乗り心地を大きく向上させることができるダンパーのことです。

レクサスESに搭載されており、スイングバルブショックアブソーバーが搭載されているバージョンLは、まるでエアサスかと思うほど乗り心地が良い。と高い評価を受けています。

当然、アルファード、ヴェルファイアに比べると遮音材、吸音材も追加されるはずなので、乗り心地、静粛性など、快適性の部分も相当に高まっているはずです。

レクサスLMの価格

レクサスLMの中国での価格は、7人乗りが116.6万元、4人乗りが146.6万元です。

日本円に換算すると、7人乗りが1900万円程度、4人乗りが2400万円程度と、とても高いです。

スポンサーリンク