【新型 レクサスLS マイナーチェンジ 2020】変更点、価格、サイズ、自動運転、パワートレインについて

スポンサーリンク

レクサスLSがマイナーチェンジで、あたらしいパワートレインの投入、自動運転機能が採用される。といった情報が出てきています。

このページでは、レクサスLSのマイナーチェンジ情報、変更点、価格予想などを紹介します。

新型レクサスLSの発売日

マイナーチェンジ版、新型レクサスLSの発売日は、2020年11月21日です。

現行レクサスLSは、2017年10月に発売されているので、約3年でのマイナーチェンジということになります。

新型レクサスLSのデザイン

新型レクサスLSのデザインは大きくは変更されないものの、ヘッドライト、リヤコンビランプのデザインが変更されています。


出典https://global.toyota

ヘッドライトには、レクサスRXに採用されている、ブレードスキャン式のアダプティブハイビームシステムが採用されています。

ブレードスキャン式のアダプティブハイビームシステムとは、高速回転するブレードミラーにLEDの光を反射させることによって前方を照らす方式で、これまでの、多くのLEDを個別に管理するシステムよりも、遮光エリアをより細かに制御することができる。という特徴があります。

また、ヘッドライトユニット自体も小型化されています。

リヤでは、リヤコンビネーションランプ内のメッキモールが、ピアノブラックに変更されています。

インテリアは、西陣&箔というオーナメントが新規設定されています。


出典https://global.toyota

ドアトリムのデザインが特徴的ですね。

カーナビは、他のレクサス車と同じように、タッチパネル方式になっています。

ちょっと後付け感がありますが、操作性を優先した。ということなのでしょう。

新型レクサスLSのカラーラインナップ

新型LSには、新色、銀影ラスターが設定されました。

銀影ラスターは、塗料を凝縮させるソニック工法を使って、鏡面のような滑らかなシルバーを実現している。ということです。

画像で見るだけでは違いがあまりわかりませんが、是非一度実車を見てみたいものです。


出典https://lexus.jp

<新型LSのカラーラインナップ>
・銀影ラスター
・ソニックイリジウム
・ソニッククォーツ
・ソニックチタニウム
・マンガンラスター
・ブラック
・グラファイトブラックガラスフレーク
・レッドマイカクリスタルシャイン
・ソニックアゲート
・ディープブルーマイカ
・ホワイトノーヴァガラスフレーク
・ヒートブルーコントラストレイヤリング

スポンサーリンク

新型レクサスLSのサイズ

レクサスLSは、先代のロングモデルに相当するモデルのみが設定されているわけですが、マイナーチェンジでも、ショートボディが追加されるといったことはなく、サイズは変わっていません。

レクサスLSのボディサイズ
全長5,235mm✕全幅1,900mm✕全高1,450mm

あまりにも大きすぎるため、レクサスLSから、GSやESに乗り換えてしまう人もいるようです。

新型レクサスLSのパワートレイン

今回のマイナーチェンジでは、パワートレインに変更はありませんでした。

<3.5Lターボエンジン>
最高出力・・・422ps/6000rpm
最大トルク・・・61.2kgm/1600-4800rpm

<3.5Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・299ps/6600rpm
エンジン最大トルク・・・36.3kgm/5100rpm
モーター最高出力・・・180ps
モーター最大トルク・・・30.6kgm

今後、5.0Lハイブリッド(LS600h)や2.4Lターボエンジン(LS350)なんかも設定される?との情報もあります。

スポンサーリンク

新型レクサスLSの運転支援機能

Advanced Drive

2021年からになるのですが、「Advanced Drive」という機能が搭載されて、車線・車間維持、分岐、レーンチェンジ、追い越しなどをシステムに任せることができます。

ただし、「ドライバー監視のもと」という文言が入っているので、自動運転のレベルでいうとレベル2に相当するものになるのでしょう。

ちなみに、ホンダのフラッグシップセダン、レジェンドは、自動運転レベル3を搭載して、2020年度中に発売されます。

【ホンダ レジェンド マイナーチェンジ 2020】発売時期、デザイン、価格、変更点など。自動運転レベル3搭載か

Advanced Park

新型LSには、新型ヤリスから採用されている、「Advanced Park」も搭載されます。

Advanced parkは、ドライバー監視のもと、ハンドル操作、アクセル、ブレーキ、シフトチェンジ、全てをシステムに任せて駐車することができます。

ヤリスにも搭載されていますが、LSのような大きな車にこそ欲しい機能ですね。

レベル4も開発中

トヨタは、東京オリンピックでお披露目するために、レクサスLSをベースとしたレベル4の自動運転の車を開発していました。


出典https://global.toyota

残念ながら東京オリンピックは延期になってしまったわけですが、一応、レベル4相当の技術も開発はできているようです。

このデザインを見ても分かるように、屋根上に機器が搭載されているので、まだ市販できる形ではありませんね。

その他の改良点

新型レクサスLS、その他の改良点を紹介します。

・ランフラットタイヤ、エンジンマウント、サスペンションの改良による、振動の低減

・シート表皮、シートパッドの改良による、振動の吸収

・ハイブリッド車の加速時のバッテリーアシスト量増加による、加速の向上、同時に、エンジン回転数低下による、静粛性の向上

・ガソリン車のエンジントルクの立ち上がりの向上による、加速力の向上

・アクティブノイズコントロールの改良による、静粛性の向上

・デジタルインナーミラーのサイズ、解像度の向上

新型レクサスLSの価格予想

新型レクサスLSの価格は、無印グレードが廃止されたことにより、70万円ほど高くなりました。

LS500 Iパッケージ→10,730,000円
LS500 Fスポーツ→12,340,000円
LS500 バージョンL→13,450,000円
LS500 エグゼクティブ→15,390,000円

LS500h Iパッケージ→12,190,000円
LS500h Fスポーツ→13,510,000円
LS500h バージョンL→14,930,000円
LS500h エグゼクティブ→16,870,000円

Advanced driveが搭載されると、さらに高くなることが予想されます。

Advanced driveについてなど、あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする