相場が高くなっている今が、高く売るチャンス

【新型 レクサスLX 納期最新情報】2022年2月時点。LX600の価格、発売日、デザイン、パワートレインなど、最新情報

スポンサーリンク

ランドクルーザーのレクサス版、LXがフルモデルチェンジされ、2022年1月12日に、日本でも発売されました。

このページでは、新型レクサスLXの発売日、デザイン、サイズ、パワートレイン、燃費、先進機能、価格など、最新情報を紹介します。

新型レクサスLXの納期最新情報(2022年2月時点)

2022年2月時点での、新型レクサスLXの納期は、4年程度です。

公式サイトでも、

「これからご購入をいただく場合は、お車をお届けするのに、4年程度となる場合がございます。」出典https://lexus.jp(2022/2/19)

との記載があります。

今後、納期を短縮できるように取り組んでいく。とのことですが、当面は、半導体不足の問題も解消しそうにありませんから、長い納期が続きそうです。

スポンサーリンク

新型レクサスLXのデザイン

新型レクサスLXのデザインを紹介します。

スピンドルグリルは、7組のフローティングバーで構成されており、とても迫力があります。

ギラギラ系を突き詰めたようなデザインとなっています。

デザインの迫力だけでなく、パーツの太さ、隙間などが計算されており、冷却性能もしっかり確保されています。

レクサスおなじみのチェックマークのデイライトは、立体感のあるデザインとなっています。

リヤは、左右につながるテールランプ、LEXUSという文字のエンブレムなど、最近のレクサスのデザインとなっています。

インテリアは、メッキ加飾や木目調パネルなどは少なく、上質かつ落ち着いたデザインとなっています。

12.3インチのカーナビと、7インチタッチディスプレイが上下に配置されています。

タッチディスプレイの上端は平坦とすることで、悪路走行中も平衡感覚をつかみやすくする。といった、LXならではの工夫もされています。

新型レクサスLXには、よりラグジュアリーな4人乗りモデルも設定されました。

リヤシートは、最大48度までリクライニングさせることができます。

スポンサーリンク

新型レクサスLXのパワートレイン

新型レクサスLXには、3.5Lツインターボエンジンが搭載されます。

<3.5Lガソリンターボエンジン>
最高出力・・・415ps/5200rpm
最大トルク・・・66.3kgf・m/2000-3600rpm

このエンジンは、先代レクサスLX570のエンジンよりもパワーアップしていますし、このエンジンを搭載してLX600と名乗っても矛盾はありません。

<先代LX570のエンジン>
最高出力・・・377ps
最大トルク・・・54.5kgf・m

新型レクサスLXでは、10速オートマチックトランスミッションと組み合わされます。

新型レクサスLXの走破性能

新型レクサスLXには、新プラットフォーム、GA-Fプラットフォームが採用されています。

新プラットフォーム、最新の溶接技術、パワートレイン搭載位置の工夫により、軽量化、高剛性、低重心、前後重量配分の改善、静粛性向上などを同時に実現しています。

マルチテレインセレクトには、オートモードが追加され、自動で最適な走破性能を引き出すことができるようになっています。

この他、クロールコントロール、ダウンヒルアシストコントロールなど当然搭載されていますし、先代以上の悪路走破性を実現しています。

また、新開発のサスペンションや、AHC(車高調整機能)などにより、オンロードでの安定感、乗り心地、静粛性も向上しています。

スポンサーリンク

新型レクサスLXの先進機能

新型レクサスLXには、最新のLexus Safety System+が搭載されます。

プリクラッシュセーフティが、右折時の対抗直進車や、右左折時の横断歩行者も検知することができるようになっています。また、緊急時操舵支援機能、低速時加速抑制機能も追加されています。

新型レクサスLXでは、以下のような機能が追加、進化することが発表されています。

・レーントレーシングアシスト機能が、よりスムーズになっています。

・レーダークルーズコントロール機能に、カーブ速度抑制機能が搭載されています。

・ロードサインアシスト機能が採用されています。

・ドライバー異常時対応システムが採用されています。

また、アダプティブハイビームシステムは、ブレードスキャン方式が採用されており、従来のものよりも細かい制御が可能となっています。

新型レクサスLXの価格

新型レクサスLXの価格は、1250万円~と、先代モデルよりも100万円以上高くなりました。

<新型レクサスLXの価格>
ベースグレード・・・12,500,000円
オフロード・・・12,900,000円
エグゼクティブ・・・18,000,000円

ちなみに、エグゼクティブ、オフロードは、厳密にはグレード名ではなく、パッケージオプションという位置づけのようです。

グレード比較は、別の記事でしています。

【新型 レクサスLX グレード比較、違い】オフロード、エグゼクティブのデザイン、装備、違いを紹介。Fスポーツの日本発売は、なし

ざっくり、ランドクルーザーの倍の価格ですね。それでも売れるのでしょう。

今後は、納期が気になるところです。納期の情報は、定期的に更新していきます。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
中古車相場が高騰中のため、今がチャンスです。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク