マツダ スカイアクティブX、スカイアクティブDエンジンのアップデート情報。マツダ3、CX-30が対象。変更点を紹介

スポンサーリンク

マツダは、スカイアクティブXエンジンと、スカイアクティブDエンジン搭載車のアップデートを実施しています。

既に販売した車のプログラムをアップデートして、性能を向上させるという、画期的なプログラムです。

このページでは、マツダのアップデートプログラムの対象車、アップデート内容、料金などを紹介します。

ディーゼルエンジンのアップデート

2021年9月2日に、ディーゼルエンジン、SKYACTIV-1.8のアップデートが開始されました。

対象となるのは、マツダ3と、CX-30です。

マツダ3は、車台番号BP8P-100012 ~ BP8P-110288が対象。

CX-30は、車台番号DM8P-100006 ~ DM8P-112162が対象です。

・最高出力の向上
最高出力が、116ps/4000rpmから、130ps/4000rpmにアップします。

2600rpm~4500rpmの範囲で、最高出力がアップしています。

・トルク特性
最大トルクは変わっていませんが、高回転でも太いトルクが出るようになっています。

また、ターボラグが改善されており、応答性や、加速が向上しています。

<アップデート前>
最高出力・・・116ps/4000rpm
最大トルク・・・27.5kgf・m/1600-2600rpm

<アップデート後>
最高出力・・・130ps/4000rpm
最大トルク・・・27.5kgf・m/1600-2600rpm

アップデート料金は、46,200円+工賃となっています。

スカイアクティブXのアップデートは無料だったのに、スカイアクティブDは有料なのか。と思った方もいるかもしれません。

スカイアクティブXのアップデートが無料だったのは、スカイアクティブXという新しいエンジンを早期に購入してくれた方への感謝の気持ちだったということですから、今後のアップデートは基本的に有料になるようです。

スカイアクティブXエンジンのアップデート

2021年2月19日に、スカイアクティブXエンジンのアップデートが開始されました。

対象となるのは、マツダ3と、CX-30です。

・エンジン、ATの制御プログラム
素早いアクセル操作による応答性、コントロール性が向上し、高回転まで気持ちよく伸びるようになります。(2019年11月18日~2020年11月27日生産車が対象)

・クルージングトラフィックサポート
これまで作動上限車速が55km/hだったところ、高速域まで対応となります。(2019年4月2日~2020年12月1日生産車が対象)

・マツダレーダークルーズコントロール
追従走行中の加減速制御が、よりなめらかになります。(2019年3月5日~2020年8月28日生産車が対象)

スカイアクティブXエンジンのアップデートプログラムの案内には、エンジンスペックが変わるとはっきりとは書かれていませんが、エンジンスペックも、最新モデルと同等に向上するようです。

<アップデート前>
最高出力・・・180ps/6000rpm
最大トルク・・・22.8kgf・m/3000rpm

<アップデート後>
最高出力・・・190ps/6000rpm
最大トルク・・・24.5kgf・m/4500rpm

今回のスカイアクティブXエンジンのアップデートは、無料となっています。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク