マツダ MX-30は、売れない?MX-30の発売日、デザイン、サイズ、燃費、価格など。MX-30 EVの発売日は2021年

スポンサーリンク

マツダ初の電気自動車、MX-30のイギリス向けのモデルの詳細が発表されました。

EVとして発表されたMX-30ですが、まずはガソリン車から発売されました。

このページでは、MX-30の日本発売日、価格予想、航続距離、スペックなど、最新情報を紹介します。

MX-30の日本発売日

MX-30の日本発売日は、2020年10月8日です。

まずは、ガソリン車(マイルドハイブリッド車)のみの発売となっています。

EVの発売日は、2021年1月中の予定となっています。

MX-30の日本発売日は、2021年中と予想されています。

MX-30のデザイン

MX-30のデザインを紹介します。


出典https://newsroom.mazda.com

フロントグリルの形が、他のマツダ車とはちょっと違いますね。

クルマに対する価値観の変化や、新しいライフスタイルに寄り添うことを目指し、親しみやすさや温かみを感じるデザインにした。ということです。

特徴的なのは、観音開きのドアです。MX-30では、フリースタイルドアと命名されています。RX-8みたいですね。

スタイリッシュな反面、後部座席への乗り降りはちょっと大変そうです。

マツダ 「MAZDA MX-30」 360°動画 / Mazda MX-30 360° design view
スポンサーリンク

インテリア


出典https://newsroom.mazda.com

インテリアは、センターコンソールが浮いているように見えるのが特徴的です。

フローティングをコンセプトとしたということです。

フローティングとは、浮いているという意味です。

コンソールトレイとドアグリップには、コルクが使われています。

明るいアクセントになっているだけでなく、環境にも配慮されています。

シート表皮には、リサイクル糸が20%使用されたリサイクルファブリックが採用されています。

MX-30のサイズは、CX-30よりかなり長い

MX-30のサイズは、全長4,395mm×全幅1,795mm×全高1,550mmです。

CX-30のサイズは、全長4,395mm×全幅1,795mm×全高1,540mmです。

MX-30という名前から分かるように、車格としてはCX-30と同程度です。

CX-30よりも10mm高いだけとなっています。

ちなみにEV車は、もう少し全高が高くなるようです(5mm程度)

MX-30のパワートレイン

MX-30には、2.0Lエンジンとモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドシステム(e-SKYACTIV)が搭載されます。

また、2021年にはEVも追加されます。

<2.0Lハイブリッドのスペック>
エンジン最高出力・・・156ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・20.3kgf・m/4000rpm
モーター最高出力・・・6.9ps
モーター最大トルク・・・5.0kgf・m

<EVの予想スペック>
最高出力・・・143ps
最大トルク・・・27kgm

バッテリー容量・・・35.5kWh
航続距離・・・209km

ピュアEVとしては、航続距離がとても短いです。

MX-30は、過度に大きなバッテリーを搭載せず、顧客が本当に必要とする航続距離とした。ということです。

多くのEVには、ハイパワーモデル、モーターの特性を生かした加速力のとても強いモデルが設定されていますが、CX-30には、今のところそういったモデルが設定されるという情報はありません。

MX-30の燃費

MX-30(マイルドハイブリッド車)の燃費は、WLTCモードで15.6km/L、JC08モードで16.9km/Lです。

【WLTCモード燃費 15.6km/L】
市街地モード・・・12.3km/L
郊外モード・・・16.1km/L
高速道路モード・・・17.2km/L

レンジエクステンダーも設定か

MX-30には、さらに遅れてレンジエクステンダーも設定されると予想されています。

レンジエクステンダーとは、小さな発電用のエンジンを搭載し、航続距離を長くするためのシステムです。

マツダは、ロータリーエンジンを搭載したレンジエクステンダーの開発をすすめており、これが搭載されるとみられています。

先に紹介したように、MX-30の航続距離は209kmと短いのですが、レンジエクステンダーモデルは、100km以上航続距離が伸びるとみられています。

スポンサーリンク

MX-30の走行性能

MX-30には、マツダ3やCX-30で採用された、SKYACTIVE-BODYが採用されています。

バッテリーやフロアは特に強化されており、剛性はマツダ3やCX-30よりも高くなっているということです。

また、電動モーターのトルク特性を活用した、e-GVCプラス(Gベクタリングコントロールプラス)も採用されています。

Gベクタリングコントロールとは、ハンドル操作に応じて横方向、前後方向の加速度をコントロールし、四輪への接地荷重を最適化して、スムーズで効率的な車両挙動を実現する技術です。

MX-30には、多くのEVのように、ワンペダルシステム(アクセルを離すと回生ブレーキがかかる)仕組みは採用されていません。

また、加速時には、エンジンから聞こえるような音をあえて出す機能が搭載されています。

MX-30の価格

MX-30は1グレード構成で、FFが2,420,000円、4WDが2,656,500円となっています。

1グレード構成とはいうものの、公式サイト上では、いくつかのパッケージオプションを装着したものが、いくつかのグレードのように紹介されています。

BASIC SET・・・FF 2,497,000円、4WD 2,733,500円

ADVANCED SET・・・FF 2,761,000円、4WD 2,997,500円

HIGHEST SET・・・FF 2,926,000円、4WD 3,162,500円

100周年特別記念車・・・FF 3,157,000円、4WD 3,393,500円

パッケージオプションについて詳しくはこちら

【MX-30 オプション おすすめ】標準装備、パッケージオプションの内容、価格をチェック!100周年特別記念車も

EV車の価格は、380万円程度になるのではないかと予想されています。

MX-30は、売れない?

MX-30の月間販売目標台数は、1,000台に設定されていますが、そんなに売れないのではないか?という声が多勢を占めていおます。

MX-30に近いサイズのコンパクトSUV、CX-30の月間販売台数は、1,000台~2,000台程度です。

この需要を食い合うことになるわけですが、観音開きを採用するなど、MX-30の方が乗る人を選ぶ車なので、1000台もいかないのでは?ということです。

もちろん、他車のコンパクトSUVからシェアを奪うことができれば可能性はあるでしょうが、観音開きがネックになりそうです。

MX-30がどれくらい売れるのか、販売台数にも注目したいですね。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク