【N-BOX マイナーチェンジ 2020】いつ?延期?2020年12月にも実施か。新型N-BOXの変更点(違い)、デザイン、価格、ホンダセンシングの機能など

スポンサーリンク

ホンダ、N-BOXが発売から3年、マイナーチェンジの時期を迎えます。

このページでは、N-BOXのマイナーチェンジでの変更点について紹介します。

新型N-BOX、マイナーチェンジでの変更点

N-BOX、マイナーチェンジでの変更点は、「デザイン」「カラー」「予防安全性能」「価格」の部分になると予想されています。

新型N-BOXの発売日

新型N-BOXの発売日は、2020年12月24日です。

現行N-BOXは、2017年5月に発売されました。

約3年でのマイナーチェンジということになります。

新型N-BOXのデザイン

新型N-BOXのデザインを紹介します。

標準モデル


出典https://www.honda.co.jp

カスタム


出典https://www.honda.co.jp

新型N-BOXのデザインは、メッキパーツの使い方が少し変わって、現行モデルよりも精悍な印象を与えてくれるデザインになっています。

現行モデルと比較してみましょう。

現行N-BOX 標準モデル

出典https://www.honda.co.jp

現行N-BOXカスタム

出典https://www.honda.co.jp

現行モデルと比較して、どこが変わったかわからないほどではありませんが、かなり保守的な変更となっています。

スポンサーリンク

新型N-BOXのボディカラー

新型N-BOX(標準モデル)のボディカラーは、モノトーンが8色、ツートンカラーが3色設定されます。


出典https://www.honda.co.jp

<モノトーン>
・プレミアムサンライトホワイトパール
・プラチナホワイトパール
・ルナシルバーメタリック
・クリスタルブラックパール
・ピーチブロッサムパール
・プレミアムアガットブラウンパール
・ブリティッシュグリーンパール
・タフタホワイトⅢ

<ツートンカラー>
・プラチナホワイトパール✕ブラウン
・ピーチブロッサムパール✕ブラウン
・プレミアムアイボリーパールⅡ✕ブラウン

新型N-BOXカスタムのボディカラーは、モノトーンが6色、ツートンカラーが3色設定されます。


出典https://www.honda.co.jp

<モノトーン>
・プラチナホワイトパール
・シャイニンググレーメタリック
・クリスタルブラックパール
・プレミアムグラマラスブロンズパール
・ミッドナイトブルービームメタリック
・プレミアムベルベットパープルパール

<ツートンカラー>
・プレミアムクリスタルレッドメタリック✕ブラック
・プレチナホワイトパール✕ブラック
・ミッドナイトブルービームメタリック✕シルバー

スポンサーリンク

新型N-BOXのエンジン

新型N-BOXのエンジンは、3年前のフルモデルチェンジでS07B型に切り替わったばかりなので当然ですが、特に変更はないと予想されています。

<NAエンジン>
最高出力・・・58ps/7300rpm
最大トルク・・・6.6kgm/4800rpm

<ターボエンジン>
最高出力・・・64ps/6000rpm
最大トルク・・・10.6kgm/2600rpm

NAエンジンでも、最高出力が58psという、軽自動車のNAエンジンとしては最もパワーのあるエンジンです。

新型N-BOXの燃費

新型N-BOXは、エンジンが改良されるという情報がないので、燃費も変わらないと予想されています。

【WLTCモード燃費】
NA車
総合・・・21.8km/L
市街地モード・・・19.2km/L
郊外モード・・・23.3km/L
高速道路モード・・・22.2km/L

ターボ車
総合・・・20.4km/L
市街地モード・・・17.2km/L
郊外モード・・・22.1km/L
高速道路モード・・・21.0km/L

【JC08モード燃費】
NA車
27.0km/L

ターボ車
25.6km/L

スポンサーリンク

新型N-BOXのホンダセンシング

新型N-BOXは、ホンダセンシングも進化すると予想されています。

進化するといわれているのは、「衝突軽減ブレーキ」と「アダプティブクルーズコントロール」です。

・衝突軽減ブレーキ
横断自転車にも対応し、また、街灯のない夜間の歩行者検知機能の進化

・アダプティブクルーズコントロール
渋滞追従機能付となり、現在30km/h以上で作動するものが、0km/hから使えるようになる

上記のように、おおむね、N-WGNと同等の性能に引き上げられるといわれています。

N-BOXのホンダセンシングの機能は、以下のとおりです。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・後方誤発進抑制機能
・オートハイビーム

【追記】
残念ながら、アダプティブクルーズコントロールは、渋滞追従機能付きにはならないようです。

これには、N-WGNで発生した問題が関係しているようです。

N-WGNでは、電動パーキングブレーキ絡みで不具合が発生し、リコールがされています。

渋滞追従機能付のアダプティブクルーズコントロールを搭載するには、電動パーキングブレーキを採用する必要があるのですが、その辺の絡みで、電動パーキングブレーキの採用は見送られることになったのでしょう。

N-BOXはホンダの一番の売れ筋であり、何としても不具合を発生させてはならないですもんね。(もちろん、他の車種なら良いというわけではありませんが)

新型N-BOX、その他の変更点

その他、マイナーチェンジで変更が予想されている点を紹介します。

・運転席側シートバックテーブルが全グレードに標準装備

・リヤパーキングセンター(センターセンサー)が標準装備

・アダプティブクルーズコントロールの上限速度アップ

・ホンダセンシング非搭載グレードの廃止

以上のような変更が予想されています。

新型N-BOXの価格

新型N-BOXの価格は、現行モデルよりも2万円ほどアップすると予想されています。

<N-BOXの価格>

G・Honda SENSING・・・1,411,300円
G・L Honda SENSING・・・1,543,300円
G・EX Honda SENSING・・・1,642,300円
G・Lターボ Honda SENSING・・・1,738,000円
G・EXターボ Honda SENSING・・・1,793,000円

Custom G・L Honda SENSING・・・1,746,800円
Custom G・EX Honda SENSING・・・1,801,800円
Custom G・Lターボ Honda SENSING・・・1,941,500円
Custom G・EXターボ Honda SENSING・・・1,996,500円

N-BOXの価格は、今でも十分に高い方なので、これ以上高くなることはなさそうなので、そこはちょっと安心ですね。

販売台数絶好調のN-BOX

現行N-BOXが発売されて2年以上が経過していますが、2020年も絶好調で、1月~8月まで、すべて軽乗用車No1の販売台数を叩き出しています。

2020年 N-BOX タント スペーシア ルークス
8月 14,513台 9,151台 10,579台 6,208台
7月 16,217台 13,108台 13,338台 7,958台
6月 15,552台 7,263台 12,072台 9,431台
5月 11,646台 2,467台 4,392台 3,911台
4月 14,012台 8,295台 6,426台 2,868台
3月 14,012台 17,370台 16,077台 7,633台
2月 22,033台 14,496台 13,945台 5,493台
1月 18,830台 12,332台 12,411台 5,875台

プロパイロットを搭載したルークスや、価格を抑えたタントなど、N-BOXよりも後にフルモデルチェンジされた車もありますが、N-BOXの人気は衰え知らずです。

今回は、保守的なマイナーチェンジとなるようですが、ライバル車の大きな改良の情報も聞かないので、引き続きトップを走り続けるのではないでしょうか。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする