N-BOX マイナーチェンジ 2020年秋にも実施か。変更点、デザイン、価格、ホンダセンシングの機能など、最新情報

スポンサーリンク

ホンダ、N-BOXが発売から3年、マイナーチェンジの時期を迎えます。

このページでは、N-BOXのマイナーチェンジでの変更点について紹介します。

新型N-BOX、マイナーチェンジでの変更点は?

N-BOX、マイナーチェンジでの変更点は、「デザイン」「カラー」「予防安全性能」「価格」の部分になるといわれています。

カラーについてはどうなるのか全く情報がないので、それ以外の部分についての情報を紹介します。

新型N-BOXの発売日は、2020年秋ごろ

新型N-BOXの発売日は、2020年秋ごろになると予想されています。

現行N-BOXは、2017年5月に発売されました。

約3年でのマイナーチェンジということになります。

【追記】
昨今の混乱により、マイナーチェンジが2021年にずれ込む可能性が出てきました。

当初の予定よりも3ヶ月ほど遅れるとみられています。

スポンサーリンク

新型N-BOXのデザイン

新型N-BOXは、カスタムを中心にデザインが変更されると予想されています。

N-BOXカスタムの、ホンダエンブレムの下のグリルの部分、黒くなっている部分が、シルバーメッキになり、より派手なデザインになるといわれています。

N-BOXカスタム

N-BOXといえば、先代モデルのカスタムが派手でギラギラしたデザインが好評でした。

今回のマイナーチェンジで、先代モデルに勝るとも劣らないくらいのギラギラデザインになりそうですね。

カスタムではない標準モデルの方は、外観は変わらないか、変わったとしても小さな変更にとどまると予想されています。

N-BOX 標準モデル

出典https://www.honda.co.jp

スポンサーリンク

新型N-BOXのエンジン

新型N-BOXのエンジンは、3年前のフルモデルチェンジでS07B型に切り替わったばかりなので当然ですが、特に変更はないと予想されています。

<NAエンジン>
最高出力・・・58ps/7300rpm
最大トルク・・・6.6kgm/4800rpm

<ターボエンジン>
最高出力・・・64ps/6000rpm
最大トルク・・・10.6kgm/2600rpm

NAエンジンでも、最高出力が58psという、軽自動車のNAエンジンとしては最もパワーのあるエンジンです。

新型N-BOXのホンダセンシング

新型N-BOXは、ホンダセンシングも進化すると予想されています。

進化するといわれているのは、「衝突軽減ブレーキ」と「アダプティブクルーズコントロール」です。

・衝突軽減ブレーキ
横断自転車にも対応し、また、街灯のない夜間の歩行者検知機能の進化

・アダプティブクルーズコントロール
渋滞追従機能付となり、現在30km/h以上で作動するものが、0km/hから使えるようになる

上記のように、おおむね、N-WGNと同等の性能に引き上げられるといわれています。

N-BOXのホンダセンシングの機能は、以下のとおりです。

・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール
・車線維持支援システム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・後方誤発進抑制機能
・オートハイビーム

新型N-BOXの価格

新型N-BOXの価格は、現行モデルと同程度になると予想されています。

<N-BOXの価格>

G・Honda SENSING・・・1,411,300円
G・L Honda SENSING・・・1,543,300円
G・EX Honda SENSING・・・1,642,300円
G・Lターボ Honda SENSING・・・1,738,000円
G・EXターボ Honda SENSING・・・1,793,000円

Custom G・L Honda SENSING・・・1,746,800円
Custom G・EX Honda SENSING・・・1,801,800円
Custom G・Lターボ Honda SENSING・・・1,941,500円
Custom G・EXターボ Honda SENSING・・・1,996,500円

N-BOXの価格は、今でも十分に高い方なので、これ以上高くなることはなさそうなので、そこはちょっと安心ですね。

クロスオーバーモデル設定か

新型N-BOXには、スペーシアギアのような、クロスオーバー風のモデルが設定されるという情報が出てきています。

名前は、フィットやフリードと同じく、「クロスター」になるといわれています。

クロスターグレードは、専用のグリルやバンパー、ホイールアーチプロテクター、アルミホイールなどが採用され、見た目がクロスオーバー風に。

シートも撥水素材が採用されるなど、アウトドアに使いやすいような装備満載のグレードです。

まだ詳しい情報までは分かりませんが、スペーシアギアのライバルになりそうです。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする