半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

【新型ノア/ヴォクシー/ステップワゴン 比較】サイズ、大きさ、燃費、価格、予防安全機能など。どっちが良いのか

スポンサーリンク

2022年1月13日に、新型ノア/ヴォクシーが発売されました。

2月からは、新型ステップワゴンの先行予約も始まっています。

永遠のライバルとも言えるノア/ヴォクシー/ステップワゴン、どっちにしようかと、迷っている方も多いのではないでしょうか。

このページでは、新型ノア/ヴォクシーと、新型ステップワゴンの比較をします。

新型ステップワゴンは、詳細な諸元表の公表前ですから、予想情報をベースにしています。

新型ノア/ヴォクシー/ステップワゴン比較1:サイズ、大きさ

新型ノア/新型ヴォクシーのサイズは、全長4,695mm×全幅1,730mm×全高1,895mm

新型ステップワゴンのサイズは、

ステップワゴンエアーが全長4,800mm×全幅1,750mm×全高1,840mm

スパーダが全長4,830mm×全幅1,750mm×全高1,840mm

と予想されています。

ステップワゴンの方が、全長が100mm以上長く、全幅も広いです。

新型ステップワゴンの全長は、オデッセイに近いものとなっています。

スポンサーリンク

新型ノア/ヴォクシー/ステップワゴン比較2:エンジン、パワートレイン

新型ノア/ヴォクシー、新型ステップワゴンともに、ガソリン車と、ハイブリッド車が設定されています。

新型ノア/ヴォクシーには、2.0Lガソリンエンジンと、1.8Lハイブリッドが。

新型ステップワゴンには、1.5Lターボエンジンと、2.0Lハイブリッドが搭載されます。

新型ノア/ヴォクシーのパワートレインは、ガソリン車、ハイブリッド車ともに、先代モデルから改良されています。

【2.0Lガソリンエンジン】
最高出力・・・170ps
最大トルク・・・20.6kgf・m

【1.8Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・98ps
エンジン最大トルク・・・14.5kgf・m
モーター最高出力・・・95ps
モーター最大トルク・・・18.9kgf・m

ステップワゴンのパワートレインは、先代と同じものが搭載されると予想されています。

【1.5Lターボエンジン】
最高出力・・・150ps
最大トルク・・・20.7kgf・m

【2.0Lハイブリッド】
エンジン最高出力・・・145ps
エンジン最大トルク・・・17.8kgf・m
モーター最高出力・・・184ps
モーター最大トルク・・・32.1kgf・m

先代モデルでは、ガソリン車、ハイブリッド車ともにステップワゴンの方がパワーがありましたが、新型では、ガソリン車はノア/ヴォクシーの方がパワーがあります。

新型ノア/ヴォクシー/ステップワゴン比較3:燃費

新型ノア/ヴォクシーの燃費は、先代モデルよりも向上しています。

一方の新型ステップワゴンの燃費は、先代モデルと同程度になると予想されています。

燃費は、ガソリン車、ハイブリッド車ともに新型ノア、ヴォクシーの方が良いということになるでしょう。

【新型ノア/ヴォクシーの燃費】
ガソリン車・・・15.1km/L
ハイブリッド車・・・23.4km/L

【先代ステップワゴンの燃費】
ガソリン車・・・13.6km/L
ハイブリッド車・・・20.0km/L

スポンサーリンク

新型ノア/ヴォクシー/ステップワゴン比較4:先進機能

新型ノア/ヴォクシー、新型ステップワゴンともに、先進機能は充実していますが、アドバンストドライブや、リモート駐車機能がトヨタとして初めて採用されたノア/ヴォクシーの方が、充実していると言えそうです。

【新型ノア/ヴォクシーの主な先進機能】
・プロアクティブドライビングアシスト
・アドバンストドライブ
・レーンチェンジアシスト
・フロントクロストラフィックアラート
・プリクラッシュセーフティ
・交差点衝突回避支援
・レーントレーシングアシスト
・レーダークルーズコントロール
・オートマチックハイビーム
・ロードサインアシスト
・先行車発進告知機能
・アドバンストパーク
・リモート駐車

【新型ステップワゴンに搭載が予想されている機能】
・近距離衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・アダプティブクルーズコントロール
・衝突軽減ブレーキ
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・車線維持支援システム
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・オートハイビーム

新型ノア/ヴォクシー/ステップワゴン比較5:価格

最も安いグレードの価格は、ステップワゴンの方が30万円ほど高いです。

ただ、ステップワゴンは両側パワースライドドアが標準装備であることなど、装備を考えると、価格はほぼ同等であるといえます。

【新型ノア】
ガソリン車
X・・・2,670,000円
G・・・2,970,000円
Z・・・3,240,000円

S-G・・・3,040,000円
S-Z・・・3,320,000円

ハイブリッド車
HYBRID X・・・3,050,000円
HYBRID G・・・3,320,000円
HYBRID Z・・・3,590,000円

HYBRID S-G・・・3,390,000円
HYBRID S-Z・・・3,670,000円

【新型ヴォクシー】
ガソリン車
S-G・・・3,090,000円
S-Z・・・3,390,000円

ハイブリッド車
HYBRID S-G・・・3,440,000円
HYBRID S-Z・・・3,740,000円

【新型ステップワゴンの価格】
ガソリン車
AIR(7人乗り)・・・2,998,600円
AIR(8人乗り)・・・3,020,600円

SPADA(7人乗り)・・・3,257,100円
SPADA(8人乗り)・・・3,279,100円

SPADA PREMIUM LINE(7人乗り)・・・3,462,800円

ハイブリッド車
AIR(7人乗り)・・・3,382,500円
AIR(8人乗り)・・・3,404,500円

SPADA(7人乗り)・・・3,641,000円
SPADA(8人乗り)・・・3,663,000円

SPADA PREMIUM LINE(7人乗り)・・・3,846,700円

スポンサーリンク

新型ノア/ヴォクシー/ステップワゴン比較6:デザイン

新型ノア/ヴォクシーと、新型ステップワゴンでは、デザインの方向性が全く違います。

新型ノア/ヴォクシーは、フロントグリルを極限まで大きくして、迫力のあるデザインに。

ここまで大きくやり切ったか。と潔さも感じます。

新型ステップワゴンは、先祖返りしたかのような、シンプルなデザインになりました。

はっきりと好みが分かれることでしょう。

新型ノア/ヴォクシー/ステップワゴン比較7:納期

半導体不足の今、納期も車選びの大切な要素となってきます。

新型ノア/ヴォクシー、新型ステップワゴンの納期最新情報は、こちらのページを更新していきます。

【新型 ノア、ヴォクシー 納期最新情報】2022年9月。納期はいつ?納期遅れ発生中か。発売日、サイズ、価格、エンジン、燃費、新機能など
【新型 ステップワゴン 納期最新情報 2022年9月】ステップワゴンエアー/スパーダ、納期早まる見込みは? 燃費、予約、発売日、デザイン、サイズ、価格など

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク