半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

ヴェゼルEV(e:NS1/e:NP1)日本発売は、あるのか。航続距離、スペック、価格など、最新情報、予想情報

ホンダは、中国でヴェゼルEV(e:NS1/e:NP1)を発売しました。

今後、日本発売も期待されているEVです。

このページでは、ヴェゼルEV(e:NS1/e:NP1)の最新情報、予想情報を紹介します。

ヴェゼルEV(e:NS1/e:NP1)日本発売は、あるのか

ホンダは、ヴェゼルEV(e:NS1/e:NP1)を、中国で発売することを発表しました。

今回は、中国での発売であり、日本での発売について詳しい情報は発表されていませんが、日本語のニュースリリースが発表されています。

海外でしか販売されない車両の情報が、日本のニュースリリースでも発表された時は、遅れて日本にも投入される期待が持てます。

ホンダは、日本でのEV展開について、2024年前半に商用軽EVを投入し、その後パーソナル向け軽EV、SUVタイプのEVを適時投入予定。と発表しています。

ですから、ヴェゼルEVが日本で発売されるなら、2024年以降ということになります。

ヴェゼルEV(e:NS1/e:NP1)のデザイン

ヴェゼルEV(e:NS1/e:NP1)のデザインを紹介します。

ヴェゼルEV(e:NS1/e:NP1)

ヴェゼルEV(e:NS1/e:NP1)
出典https://www.honda.co.jp(2022/5/5)

エクステリアは、新型ヴェゼルと瓜二つですが、EVらしく、フロントグリルがボディ同色のパネルで覆われています。

リヤのエンブレムは、「H」マークではなく、「HONDA」となっています。最近の流行りになっています。

インテリアは、10.25インチのデジタルメーター、15.1インチの大画面ディスプレイを採用するなど、日本で販売されているヴェゼルよりも先進的です。

ヴェゼルEV(e:NS1/e:NP1)のスペック、航続距離

ヴェゼルEV(e:NS1/e:NP1)のモーター最高出力は150kW、最大トルクは310Nmで、航続距離は、中国基準で510kmとなっています。

ホンダコネクト3.0という最新のコクティッド機能が搭載されており、脇見や、眠気を検知し、注意を促す機能も搭載されています。

ヴェゼルEV(e:NS1/e:NP1)の価格

ヴェゼルEV(e:NS1/e:NP1)の価格は、175,000元~(約350万円~)と、手頃な価格に設定されています。

航続距離500kmオーバーで、この価格で発売されれば、日本でも人気が出るはずです。

日本発売にも、期待したいですね。

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク