相場が高くなっている今が、高く売るチャンス

【日産サクラ、デイズ 違いを比較】デザイン、価格、補助金、ガソリン代、電気代、サイズ、エンジン、モータースペックなど

日産から、新型軽EV、サクラが発表されました。

サクラは、街乗り中心でロングドライブをしない人にとっては、十分選択肢に入る価格、完成度となっています。

サクラか、デイズか、迷っている方もいるでしょう。

このページでは、日産サクラと、デイズのデザイン、価格、補助金、ガソリン代、電気代、エンジン、モータースペックの比較をします。

サクラ、デイズ比較1:デザイン

日産サクラは、デイズのEV版ではあるのですが、デザインはデイズとは全く異なり、アリアとの共通点が多いです。

質感は、格上のアリアに寄せているサクラの方がハイレベルと言えるでしょう。

サクラ、デイズ比較2:価格

価格は、補助金を考えなければ、当然サクラの方が高いです。

<日産サクラの価格>
S・・・2,333,100円
X・・・2,399,100円
G・・・2,940,300円

<デイズの価格>
S・・・1,327,700円
X・・・1,380,500円
ハイウェイスターX・・・1,567,500円
ハイウェイスターGターボ・・・1,648,900円
ハイウェイスターXプロパイロットエディション・・・1,666,500円
ハイウェイスターGターボプロパイロットエディション・・・1,699,500円

どのグレードと比較するかによりますが、搭載されているパワートレインから、ターボエンジン搭載モデルと比較するのが妥当なので、75万円~130万円高といったところでしょうか。

サクラは、XとGの価格差が大きいのも特徴です。

サクラ、デイズ比較3:補助金

サクラはピュアEVなので、国や自治体の補助金を受け取ることができます。

国の補助金は、55万円です。

自治体の補助金は、地域によって違い、たとえば東京都なら45万円、愛知県なら18万円、愛知県岡崎市ならさらに5万円などとなっています。

東京都で所有するなら、補助金だけで100万円受け取ることができるので、実質価格はガソリン車とほとんど変わらなくなってきます。

サクラ、デイズ比較4:ガソリン代、電気代

サクラの電気代は、デイズのガソリン代よりも安く抑えることができます。

最近の電気代、ガソリン代で計算すると、サクラで10万キロ走るのにかかる電気代は約35万円、デイズ(ターボ車)で10万キロ走るのにかかる電気代は、約85万円と、その差は50万円にもなります。

ロングドライブに使うことはあまりないでしょうから、10万キロも走らないかもしれませんが、5万キロとしても25万円ほどの差となりますから、ますます、サクラとデイズの実質的な価格差は小さくなってきます。

サクラ、デイズ比較5:サイズ、広さ、最低地上高

サイズや広さ、最低地上高などは、基本的な車体部分は基本的に共通なのですが、多少のデザインの違い、バッテリー搭載等の関係で、若干異なります。

<サクラ>
全長3,395mm✕全幅1,475mm✕全高1,655mm

最低地上高・・・145mm

室内長2,115mm✕室内幅1,340mm✕室内高1,270mm

<デイズ>
全長3,395mm✕全幅1,475mm✕全高1,640mm

最低地上高・・・155mm

室内長2,065mm✕室内幅1,340mm✕室内高1,270mm

サクラ、デイズ比較6:エンジン、モーター

EVであるサクラのモータースペックと、デイズのエンジンスペックを比較します。

<サクラ>
最高出力・・・64ps
最大トルク・・・19.9kgf・m

<デイズNA車>
最高出力・・・52ps
最大トルク・・・6.1kgf・m

<デイズターボ車>
最高出力・・・64ps
最大トルク・・・10.2kgf・m

最高出力は、サクラとデイズターボ車が同じですが、最大トルクはほぼ2倍です。

バッテリーを搭載しているため、サクラの方が200kgほど重いのですが、街乗りではサクラの方が加速は良いでしょう。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
中古車相場が高騰中のため、今がチャンスです。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク