半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

BYD ATTO3(アット3)日本発売日、価格、サイズ、カラー、航続距離、モータースペックなど、最新情報、予想情報

スポンサーリンク

中国のBYDが、日本の乗用車市場に参入することを発表しました。

まずは、SUVのATTO3(アット3)を発売します。

このページでは、BYD ATTO3(アット3)の日本発売日、サイズ、価格、航続距離、デザインなど、最新情報、予想情報を紹介します。

BYD ATTO3(アット3)の日本発売日

BYD ATTO3(アット3)の日本発売日は、2023年1月の予定となっています。

ATTO3は、2022年2月に、中国で発売されています。

BYD ATTO3(アット3)のデザイン

BYD ATTO3のデザインを紹介します。

BYD アット3のデザイン

BYD アット3の内装、インテリア
出典https://byd.co.jp(2022/7/22)

フロントマスクは、シンプル、スマートといった印象です。

ホイールのデザインも凝っています。

インテリアは、スポーツジムや音楽スタジオをイメージしたとのことです。

曲線が目立つインテリアとなっています。

カーナビ部分には大きなタブレットのようなディスプレイが配置されており、EVらしい印象です。

スポンサーリンク

BYD ATTO3(アット3)のカラー

BYD ATTO3(アット3)のカラーは、5色用意されることが予告されています。

・ブルー
・レッド
・ホワイト
・グリーン
・グレー

BYD ATTO3(アット3)のサイズ

BYD ATTO3のサイズは、全長4,455mm✕全幅1,875mm✕全高1,615mm、ホイールベース2,720mmです。

同じくEVのSUVであるbZ4Xは全長4,690mm✕全幅1,860mm✕全高1,650mmです。

カローラクロスのサイズが、全長4,490mm✕全幅1,825mm✕全高1,620mmですから、日本で販売されているSUVに比べると、全幅の広さが目立ちます。

BYD ATTO3(アット3)のモータースペック、航続距離

BYD ATTO3のモータースペック、バッテリー容量、航続距離を紹介します。

最高出力・・・150kW
最大トルク・・・310Nm
バッテリー容量・・・58.56kWh
航続距離・・・485km(WLTCモード)

航続距離は485kmと、bZ4Xの559kmよりは短くなっています。

スポンサーリンク

BYD ATTO3(アット3)の価格

BYD ATTO3の正式な日本価格はまだ発表されていませんが、400万円台を目標にしているとのことです。

スバル、ソルテラの価格は594万円~ですから、一回り小さいとはいえ、コスパは良い価格設定になるでしょう。

少なくともコスパが良くないと、候補に入らないでしょうし、戦略的な価格設定をしてくると思われます。

とはいえ、乗用車市場では知名度がありませんから、まずは知名度、信頼性を上げることからですね。

BYD ATTO3(アット3)の試乗動画

早速、ATTO3の試乗動画がアップされています。

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

BYD関連記事

BYD ドルフィン サイズ、価格、日本発売日、モータースペック、航続距離など、最新情報、予想情報

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク