半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

BYD ドルフィン サイズ、価格、日本発売日、モータースペック、航続距離など、最新情報、予想情報

スポンサーリンク

中国BYDが、日本の乗用車市場に参入することを発表しました。

アット3、ドルフィン、シールの3車種が投入されます。

このページでは、BYD、ドルフィンの日本発売日、サイズ、モータースペック、航続距離、価格など、最新情報、予想情報を紹介します。

BYD、ドルフィンの日本発売日

BYD、ドルフィンの日本発売日は、2023年中頃です。

ドルフィンは、中国では2021年に発売されています。

BYD、ドルフィンのデザイン

BYD、ドルフィンのデザインを紹介します。

BYD ドルフィンのデザイン

BYD ドルフィンの内装、インテリア
出典https://byd.co.jp(2022/7/24)

テールランプの光り方が、特徴的です。

ドルフィンは、その名の通り、イルカをイメージしてデザインされています。

どの辺がイルカなのかよく分かりませんが、インテリアは、イルカのなめらかな体をイメージしているように見えます。

少し全高が高めのハッチバックというスタイルです。

スポンサーリンク

BYD、ドルフィンのサイズ

BYD、ドルフィンのサイズは、全長4,290mm✕全幅1,770mm✕全高1,550mm、ホイールベース2,700mmです。

ヤリスクロスのサイズが、全長4,180mm✕全幅1,765mm✕全高1,590mmですから、ヤリスクロスよりも少し大きいくらいです。

日本では、コンパクトカーと言うには少し大きいサイズ感ですが、BYDではコンパクトカーという位置づけです。

BYD、ドルフィンのモータースペック、航続距離

BYD、ドルフィンには、スタンダードモデルと、ハイグレードモデルが設定されます。

スタンダードモデルのモーター出力は70kW(95ps)で、バッテリー容量44.9kWh、4航続距離は386km

ハイグレードモデルのモーター出力は150kW(204ps)で、バッテリー容量58.56kWh、航続距離は471kmです。

スタンダードモデルとハイグレードモデルで、モーター出力が倍以上違います。

BYD、ドルフィンの先進機能

今回発表されたプレスリリースの中では、「誤発進抑制機能」と「交通標識認識システム」しか明記されていませんが、

「充実した安全装備を標準搭載しています。」
出典https://byd.co.jp(2022/7/24)

とのことですから、自動ブレーキをはじめとして、様々な機能が搭載されることでしょう。

BYD、ドルフィンの価格

BYD、ドルフィンの中国での価格は、44.9kWhモデルで10万3800元~(補助金込)となっています。

日本円に換算すると、約210万円です。

日本でも、補助金を考えれば、実質的な価格は200万円程度~になると予想されています。

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

BYD関連記事

BYD ATTO3(アット3)日本発売日、価格、サイズ、カラー、航続距離、モータースペックなど、最新情報、予想情報

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク