相場が高くなっている今が、高く売るチャンス

ヤリスクロス アドベンチャー/GRスポーツ 日本発売日は、いつ?内装、サイズ、価格など。マイナーチェンジは、いつ?

スポンサーリンク

トヨタのコンパクトSUV、ヤリスクロスに、アドベンチャーグレードの設定や、GRスポーツの設定を望む声が多くあがっています。

アドベンチャーグレードは、既に海外では販売されているので、期待してしまいますよね。

このページでは、新型ヤリスクロス、アドベンチャー、GRスポーツの追加に関する最新情報、予想情報を紹介します。

ヤリスクロス アドベンチャーの日本発売は

欧州のヤリスクロスには、アドベンチャーというグレードが設定されています。

アドベンチャーといえば、RAV4が思い浮かびますね。

ヤリスクロスアドベンチャーは、2022年夏にも日本発売されると予想されています。

海外で販売されているヤリスクロスアドベンチャーのデザインを紹介します。

ブラックのアルミホイール、大きな泥除けのついたフロントバンパーなどが特徴的です。

デザインを見る限り、上級グレードのZがベースになっているように見えます。

最低地上高は、100mmほどアップすると予想されています。

海外仕様のヤリスクロスアドベンチャーのアームレストは、センターコンソール部分を利用した、太くて大きいものとなっています。

現行ヤリスクロスの、シートの横に取り付けられている細いものよりも腕を楽に置くことができるので、アームレストも期待されています。

ヤリスクロスGRスポーツは

ヤリスクロスには、GRスポーツの投入を望む声も多くあがっています。

ヤリスクロスのGRスポーツも、2022年夏ごろに設定されると予想されています。

アクアやヤリスにもGRスポーツが搭載される可能性が取りあげられていますが、GRスポーツのラインナップも、一気に充実するかもしれません。

・専用スポーティーシート
・専用ステアリングホイール
・アルミペダル
・専用アルミホイール
・専用ブレーキキャリパー
・専用サスペンション
・専用剛性アップパーツ

などが採用されると予想されています。

ヤリスクロスのマイナーチェンジは、いつ?

アドベンチャーグレードの追加や、GRスポーツ設定など、様々な話題で賑わっていますが、ヤリスクロスが発売されたのは、2020年9月です。

まだ、2年も経っていませんから、マイナーチェンジが実施されるという情報も入っていません。

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
中古車相場が高騰中のため、今がチャンスです。

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

現行ヤリスクロスのグレード、装備について

ヤリスクロスのグレードは、全部で4グレード

ヤリスクロスのグレードは、X Bパッケージ、X、G、Zの4グレードです。

ヤリスと同じですね。

ヤリスのX Bパッケージは、1.0Lガソリン車のみですが、ヤリスクロスには1.0ガソリン車がないので、X Bパッケージも1.5Lエンジンを搭載しています。

ヤリスクロス、X Bパッケージの装備

まずは、ヤリスクロス X Bパッケージの装備を紹介します。

・16インチスチールホイール+ホイールキャップ
・ハロゲンヘッドランプ
・ヘッドレスト一体型シート
・ファブリックシート
・ウレタンステアリングホイール
・マニュアルエアコン
・スマートキー
・7インチディスプレイオーディオ
・4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ
・6:4分割可倒式リヤシート
・2スピーカー

ヤリスクロス、Xグレードの装備

次に、Xグレードの装備を紹介します。

X Bパッケージから追加されているものだけを紹介します。

・トヨタセーフティセンス

Xグレードは、X Bパッケージにトヨタセーフティセンスのみが追加されています。

というか、Xグレードからトヨタセーフティセンスを省いたものが、X Bパッケージです。

スポンサーリンク

ヤリスクロス、Gグレードの装備

次に、ヤリスクロス、Gグレードの装備を紹介します。

Xグレードから追加、変更されているものを紹介します。

・16インチタイヤ+アルミホイール
・ドア下モールディング
・スーパーUV&IRカットフロントドアガラス
・上級ファブリックフロントシート
・本革巻ステアリングホイール
・本革巻シフトノブ
・8インチディスプレイオーディオ
・4:2:4分割可倒式リヤシート
・6:4分割可倒式アジャスタブルデッキボード
・バックガイドモニター
・6スピーカー

Gグレードでは、アルミホイールや本革巻ステアリングホイールなどが採用されて質感が上がりますが、ヘッドライトはハロゲンです。

オプションで変更することはできるようです。

ヤリスクロス、Zグレードの装備

次に、ヤリスクロス、Zグレードの装備を紹介します。

Gグレードから追加、変更されているものを紹介します。

・18インチタイヤ+アルミホイール
・LEDヘッドランプ
・合成皮革シート
・シートアンダートレイ
・助手席シートバックポケット
・運転席6ウェイパワーシート
・運転席、助手席シートヒーター
・7インチマルチインフォメーションディスプレイ

Zグレードのみ、他のグレードよりも2インチも大きい18インチタイヤが採用されるということで、見た目で大きく差別化されています。

反面、乗り心地は硬めになるでしょうから、見た目重視ならZグレード、乗り心地重視ならGグレードが良いのではないでしょうか。

ヤリスクロス、各グレードの価格

ヤリスクロスの価格は、ヤリスより30万円ほど高く設定されています。

<ヤリスクロス予想価格>
ガソリン車
X Bパッケージ・・・1,796,000円
X・・・1,896,000円
G・・・2,020,000円
Z・・・2,210,000円

ハイブリッド車
HYBRID X・・・2,284,000円
HYBRID G・・・2,394,000円
HYBRID Z・・・2,584,000円

各グレードの価格差はこんな感じです。

装備と価格を考えると、Gグレードが一番良いんじゃないでしょうか?

ヤリスクロス関連記事

【ヤリスクロス 納期最新情報】納期はいつ?2022年2月、納期遅れ目安は?ヤリスクロスの基本情報も紹介
新型ヤリスクロス ウインカーは、シーケンシャルターンランプなのか?ウインカーの位置も気になる!

スポンサーリンク