半導体不足により、中古車相場が高騰中です。
下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

車を出してもらう人のお礼、車を出す人がモヤモヤしないための注意点。ガソリン代、高速代、駐車場代、飲み物を買うなど

スポンサーリンク

友人とドライブに行くときなど、誰かに車を出してもらうことや、自分が車を出す側になることがあるかと思います。

誰かに車を出す時は、何かとモヤモヤが残ってしまうことも多いです。

このページでは、車を出してもらう人、車を出す人が気をつけるべきポイントを紹介します。

車を出してもらう人が注意すべき点

短距離なら、飲み物や軽食を

移動距離が1時間以内程度の短距離であれば、飲み物や軽食代を出してあげると、喜んでもらえるでしょう。

あるいは、出先で駐車場代がかかるなら、駐車場代を負担するのでも良いでしょう。

長距離なら、高速代、ガソリン代を

高速道路を利用するほどの長距離であれば、高速代やガソリン代を負担すると申し出ることをおすすめします。

長距離の運転は、運転するだけでも疲れるものです。

車を出す側からすると、自分が運転を担当するなら、それ以外の高速代、ガソリン代、駐車場代は全て同乗者が出してくれてもいいんじゃないの。と思うこともあります。

同乗者側からそういったことを申し出てくれると、とても助かりますし、疲れも半減します。

運転にダメ出しをしない

車を出す側の方が運転歴が浅い場合にありがちなのが、同乗者が運転にダメ出しをすることです。

「今のは行けただろ」とか「アクセルワークが下手」だとかダメ出しをされると、運転している側は、とてもイライラします。

本当に危険を感じた時以外は、運転について口出しをしないようにしましょう。

寝たりスマホを触りすぎない

同乗者として車に乗っているときは、できるだけ寝たり、ずっとスマホを触ってばかりせずに、ドライバーと適度に会話するようにしましょう。

運転する側は、適度に話しかけてもらった方が眠気覚ましになりますし、同乗者がずっと寝ていたり、スマホばかり触っていると、こっちは頑張って運転しているのに!という気持ちになることもあります。

スポンサーリンク

車を出す人が注意すべき点

事前に負担割合を決めておく

特に、同乗者が車を持っていない人の場合、車のガソリン代や維持費が結構かかることを知らないため、悪気なく車を出す側の人に全てを負担させてしまうことがあります。

また、何も言われなければ、ラッキーと思って何も負担しない人もいます。

そういったことを避けるために、特に長距離ドライブの場合は、高速代やガソリン代、駐車場代がいくら掛かるかを調べておき、同乗者にいくら負担してもらうかを事前に話し合っておきましょう。

相手からの負担の申し出を期待しない

事前に負担割合を決めていないなら、「高速代やガソリン代くらいは出してくれるだろう。」と相手に期待しないことも大切です。

期待をしていると、期待を裏切られた時のモヤモヤが残ります。

トイレ休憩を提案する

車を出してもらっている人は、出してくれている人に遠慮して、トイレを我慢していることがあります。

長距離ドライブの時は、パーキングエリアが近づいてきたら、「トイレ大丈夫?」などと声掛けをしてあげると、同乗者も言い出しやすく、ありがたいです。

お互い、モヤモヤを残さないように

お互いにモヤモヤを残さないためには、車を出してもらう人は積極的に高速代やガソリン代、駐車場代を出すと申し出る。

車を出す側は、相手から負担を申し出てくれることを期待しない。負担して欲しいなら事前に話し合っておくようにしましょう。

どちらかというと、車を出してもらう側が配慮した方が、お互いにモヤモヤは残りにくくなりますから、車を出してもらう時は、出してくれる人への感謝の気持ちを忘れずに、今回紹介したようなことを心がけ、気持ち良いドライブにできると良いですね。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク