本サイトには、プロモーションが含まれます。

【新型 ソリオ マイナーチェンジ 2022~2023】いつ出る?2022年12月にマイナーチェンジで、ストロングハイブリッドが追加。電動パーキングブレーキは、なし


下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。
スポンサーリンク

スズキ、ソリオがフルモデルチェンジされてから2年が経過しましたが、ストロングハイブリッドが追加されました。

このページでは、新型ソリオのマイナーチェンジ、一部改良、ハイブリッド追加等に関する最新情報、予想情報を紹介します。

新型ソリオの発売日

新型ソリオは、2022年12月15日に発売されました。

今回は、ストロングハイブリッドの追加と、カラーの変更程度なので、マイナーチェンジという表現はされていません。

新型ソリオには、ストロングハイブリッド追加

新型ソリオには、ストロングハイブリッド(スズキでの呼称はハイブリッド)が追加されました。

<1.2Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・91ps
エンジン最大トルク・・・12.0kgf・m
モーター最高出力・・・13.6ps
モーター最大トルク・・・3.1kgf・m

先代ソリオには「ハイブリッド(ストロングハイブリッド)」と「マイルドハイブリッド」の2種類が設定されていたのですが、2020年のフルモデルチェンジ時に「マイルドハイブリッド」だけになってしまいました。

ストロングハイブリッドは価格が高くなってしまうので、比較的手頃なマイルドハイブリッドに一本化した。という話があった記憶がありますが、やはりストロングハイブリッドを望む声も多かったのでしょうか。

スポンサーリンク

電動パーキングブレーキの採用は、なし

ライバルのトヨタ・ルーミーに、マイナーチェンジで電動パーキングブレーキが採用されたことで、ソリオにも電動パーキングブレーキの採用を望む声が多くあがっていました。

残念ながら今回は、電動パーキングブレーキの採用は、ありませんでした。

新型ソリオの価格

新型ソリオの価格は、既存のグレードは据え置きです。

ストロングハイブリッドは、マイルドハイブリッド+20万円程度となっています。

<ソリオ>
G・・・1,581,800円
HYBRID MX・・・1,850,200円
HYBRID MZ・・・2,022,900円
HYBRID SZ・・・2,222,000円

<ソリオバンディッド>
HYBRID MV・・・2,006,400円
HYBRID SV・・・2,246,200円

車を高く売る方法。買い替え検討中の方へ

少ない負担で車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

下のリンクは、私がおすすめしている一括査定サービスです。自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。
>>最短30秒で入力完了!愛車の最高価格が分かる♪ 複数の業者に査定してもらうことで、大きな差が生まれます。数十万円高く売れることも珍しくありません。

金額に納得がいかなければ、必ず売らないといけないということはありません。無料ですから、一度試してみてください。

スポンサーリンク

ここから先は、ソリオ発売時の情報です。

2020年フルモデルチェンジ情報

新型ソリオ/バンディッドの発売日

新型ソリオは、2020年11月25日に発表されました。

発売日は、12月4日です。

現行ソリオは2015年に発売され、2018年にマイナーチェンジされています。

ちょっとモデルチェンジの間隔が短いように感じますが、トヨタ・ルーミーに対抗するという意味合いもあるようです。

ルーミーの方は、2020年9月15日にマイナーチェンジされています。

ルーミーハイブリッドは、いつ出る?2023年に、予定は、あるのか。価格、発売時期、燃費など、最新情報、予想情報。

新型ソリオ/バンディッドのデザイン

新型ソリオのデザインは、現行モデルよりもカッコイイ系になりました。

標準モデルでも、カスタムモデルのようなキリッとした顔つきをしています。

バンディッドの方は、上下二段に分かれたヘッドライトデザインは受け継ぎながら、シルバーメッキで囲われたメッシュグリルが特徴的です。ちょいワル風ですね。

先代モデルと比べると、バンディッドではない方(標準モデル)の印象が大きく変わっているように感じます。

新型ソリオ/バンディッドのボディカラー

新型ソリオには、モノトーンが8色設定されました。

・メロウディープレッドパール
・フレイムオレンジパールメタリック
・スピーディーブルーメタリック
・ネオンブルーメタリック
・クラッシーブラウンメタリック
・ピュアホワイトパール
・スターシルバーメタリック
・スーパーブラックパール

新型ソリオバンディッドには、モノトーン7色、ツートンカラー4色が設定されました。

<モノトーン>
・グリッターバイオレットパール
・メロウディープレッドパール
・フレイムオレンジパールメタリック
・スピーディーブルーメタリック
・ピュアホワイトパール
・プレミアムシルバーメタリック
・スーパーブラックパール

<ツートンカラー>
(ボディカラー✕ルーフカラー)
・メロウディープレッドパール✕ブラック
・フレイムオレンジパールメタリック✕ブラック
・スピーディーブルーメタリック✕ブラック
・プレミアムシルバーメタリック✕ブラック

新型ソリオ/バンディッドのボディサイズ

新型ソリオのボディサイズは、全長3,790mm✕全幅1,645mm✕全高1,750mmです。

先代ソリオのボディサイズは、全長3,710mm✕全幅1,625mm✕全高1,745mmでした。

特に、全幅は、5ナンバーサイズの限界が1,695mmなのですが、それよりも70mmも狭く抑えられています。

室内空間を拡大するため、全長は80mm、全幅は20mmほど長くなるようです。

室内寸法は、室内長2,500mm✕室内幅1,420mm✕室内高1,365mmです。

先代モデルよりも室内長が15mm短く、室内高は5mm高くなっています。

室内空間を拡大するために大きくなったんじゃなかったのか?と思うかもしれませんが、主に荷室の拡大に使われたようです。

スポンサーリンク

新型ソリオ/バンディッドのパワートレイン

先代ソリオには、「非ハイブリッド」「マイルドハイブリッド」「ハイブリッド」の3種類のパワートレインが設定されていました。

2015年の発売当初は、「非ハイブリッド」と「マイルドハイブリッド」のみが販売されていましたが、2016年の一部改良で、「ハイブリッド」が追加されました。

新型ソリオのパワートレインは、「非ハイブリッド」と「マイルドハイブリッド」の2種類に変更されています。

<非ハイブリッド>
1.2Lガソリンエンジン
最高出力・・・91ps/6000rpm
最大トルク・・・12.0kgm/4400rpm

<マイルドハイブリッド>
1.2Lガソリンエンジン+モーター
エンジン最高出力・・・91ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・12.0kgm/4400rpm
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgm

パワートレイン自体は、先代から変わっていません。

新型ソリオ/バンディッドの燃費

新型ソリオ、ソリオバンディッドの燃費は、先代モデルよりも若干低下しています。

<JC08モード燃費>
マイルドハイブリッド→22.4km/L

<WLTCモード燃費>
非ハイブリッド→19.0km/L
市街地モード→14.8km/L
郊外モード→20.2km/L
高速道路モード→20.7km/L

マイルドハイブリッド→19.6km/L
市街地モード→16.2km/L
郊外モード→20.2km/L
高速道路モード→21.1km/L

JC08モード燃費で直接比較できるマイルドハイブリッド車の燃費は、先代の23.8km/Lから、22.4km/Lとなっています。

パワートレインが変わっていない中で、車両重量が若干重くなっていることが影響しているのでしょう。

スポンサーリンク

新型ソリオ/バンディッドの先進機能

新型ソリオの先進機能(スズキセーフティサポート)は、先代モデルから、「標識認識機能」「ヘッドアップディスプレイ」が追加されました。

<新型ソリオのスズキセーフティサポート>
・デュアルカメラブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・標識認識機能
・アダプティブクルーズコントロール
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ
・ヘッドアップディスプレイ

アダプティブクルーズコントロールは、現行モデルでは40km/h~対応ですが、新型では、全車速対応(渋滞追従型)になっています。

ただし、電動パーキングブレーキが採用されていないので、停止保持機能はありません。

新型ソリオ/バンディッドの快適性

新型ソリオは、快適性の向上にも力が注がれています。

快適性の部分では、サスペンション、サーキュレーター、静粛性の向上などが実施される模様。

サーキュレーターは、エアコンの風を後部座席にも十分に行き渡らせられるよう、スペーシアに採用されているようなものが、天井部分に埋め込まれます。

スズキの車は軽量だということもあって、どうしても乗り心地が軽い(段差を超えた時に跳ねるような感じ)で、また、エンジン音やロードノイズも比較的入ってくる車が多い傾向です。

そんな中で、こもり音や雨音、ロードノイズの低減、リヤサスペンションのストローク拡大による乗り心地の向上を実現した。と発表されています。

新型ソリオ/バンディッドのグレード構成

新型ソリオ/バンディッドのグレード構成、主な装備に関しては、こちらの記事で紹介しています。

フルモデルチェンジ版、新型ソリオ(バンディッド)の主な装備を紹介。G、HYBRID MX、HYBRID MZ、HYBRID MV

新型ソリオ/バンディッドの価格

新型ソリオの価格は、先代モデルよりも10万円ほど高くなりました。

<標準モデル>
G→1,581,800円
HYBRID MX→1,850,200円
HYBRID MZ→2,022,900円

<バンディッド>
HYBRID MV→2,006,400円

スズキ車は、フルモデルチェンジされても、それほど価格はアップしないことが多いのですが、今回は結構な値上げとなりました。

スポンサーリンク