【ワゴンRスマイル スペーシア 比較】サイズ、大きさ、広さ、エンジン、燃費、先進機能、価格、デザインなど、違いを比較。どっちが良いか

スポンサーリンク

スズキから、スライドドアを採用した新型車、ワゴンRスマイルが発表されました。

ワゴンRスマイルとスペーシアは、どう違うのか?どっちにしよう?と迷う人も出てきそうなくらい、似ています。

このページでは、ワゴンRスマイルと、スペーシアのサイズ、大きさ、広さ、エンジン、パワートレイン、燃費、先進機能、デザイン、価格を比較します。

比較その1:サイズ、大きさ、広さ

ワゴンRスマイルと、スペーシアの最大の違いは、高さ方向のサイズです。

ワゴンRスマイルのサイズは、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,695mm

スペーシアのサイズは、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,785mmです。

全長と全幅は同じ(軽自動車は全車種同じ)ですが、ワゴンRスマイルの方が、全高が90mm低くなっています。

はっきりとした区分けはないものの、スペーシアはスーパーハイトワゴンと呼ばれる全高であるのに対し、ワゴンRスマイルは、ワゴンRと同じトールワゴン(ハイトワゴン)と呼ばれる全高にあたるので、ワゴンRスマイルという名前が与えられています。

室内の広さは、ワゴンRスマイルが、室内長2,185mm×室内幅1,345mm×室内高1,330mm、

スペーシアが、室内長2,155mm×室内幅1,345mm×室内高1,410mmです。

室内高は、全高の違いと同じく、スペーシアの方が90mm高く、室内長はワゴンRスマイルの方が30mm長くなっています。

リヤシートがスライドすることや、リヤシートを倒せばほぼフラットにすることができる点などは、どちらも同じです。

スポンサーリンク

比較その2:エンジン、パワートレイン

ワゴンRスマイルのエンジンは、非ハイブリッドのNAエンジンと、ハイブリッドのNAエンジンの2種類です。

一方のスペーシアは、ハイブリッドのNAエンジンと、ハイブリッドのターボエンジンの2種類です。

ワゴンRスマイルのエンジン

<非ハイブリッド NAエンジン>
最高出力・・・49ps/6500rpm
最大トルク・・・5.9kgf・m/5000rpm

<ハイブリッド NAエンジン>
最高出力・・・49ps/6500rpm
最大トルク・・・5.9kgf・m/5000rpm
モーター最高出力・・・2.6ps
モーター最大トルク・・・4.1kgf・m

スペーシアのエンジン

<ハイブリッド NAエンジン>
最高出力・・・52ps/6500rpm
最大トルク・・・6.1kgf・m/4000rpm
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgf・m

<ハイブリッド ターボエンジン>
最高出力・・・64ps/6000rpm
最大トルク・・・10.0kgf・m/3000rpm
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgf・m

ハイブリッドNA同士でも、微妙にスペックが違います。

ワゴンRスマイルにもターボエンジンが欲しかった。と残念がる声は結構聞かれます。

比較その3:燃費

燃費は、ワゴンRスマイルの方が低燃費で、スペーシアとは結構な差があります。

<ワゴンRスマイルの燃費>
非ハイブリッド NA車・・・23.9km/L
ハイブリッド NA車・・・25.1km/L

<スペーシアの燃費>
ハイブリッド NA車・・・22.2km/L
ハイブリッド ターボ車・・・19.8km/L

ハイブリッド NAエンジン搭載車同士で比べると、2.9km/Lも差があります。

車両重量は10kgほどしか違わないのですが、新型のR06D型エンジンが搭載されていること、全高が低いため空気抵抗が少ないことにより、ワゴンRスマイルの方が低燃費となっています。

スポンサーリンク

比較その4:先進機能

ワゴンRスマイルとスペーシアの先進機能(スズキセーフティサポート)の機能数は同じで、どちらも以下のような機能が搭載されています。

・デュアルカメラブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・標識認識機能
・アダプティブクルーズコントロール
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ
・ヘッドアップディスプレイ

比較その5:デザイン

ワゴンRスマイルのデザイン
ワゴンRスマイルと、スペーシアの違いを比較
出典https://www.suzuki.co.jp(2021/08/28)

スペーシアのデザイン
ワゴンRスマイルと、スペーシアの違いを比較。どっちが良いのか?
出典https://www.suzuki.co.jp(2021/08/28)

ワゴンRスマイルという名前の通り、ワゴンRは丸目のヘッドランプ、フロントバンパー開口部も少し笑っているような形をしていて、親しみやすいデザインです。

インテリアの方も、スペーシアの方が直線的、ワゴンRスマイルの方が曲線的でほっとするデザインになっているかと思います。

収納は、スーツケースをイメージしたボックスのあるスペーシアの方が使い勝手が良いでしょう。

また、スペーシアには、標準モデルとカスタムがありますが、ワゴンRスマイルには、標準モデルしかありません。

スポンサーリンク

比較その6:価格

<ワゴンRスマイルの価格>
G・・・1,296,900円
HYBRID S・・・1,472,900円
HYBRID X・・・1,592,800円

<スペーシアの価格>
HYBRID G・・・1,380,500円
HYBRID X・・・1,524,600円

<スペーシアカスタムの価格>
HYBRID GS・・・1,648,900円
HYBRID XS・・・1,764,400円
HYBRID XS TURBO・・・1,835,900円

HYBRID Xグレード同士で比較すると、ワゴンRスマイルの方が7万円ほど高く設定されています。

同じHYBRID Xという名前のグレードでも、ワゴンRスマイルはLEDヘッドランプ、スペーシアはハロゲンが標準といった違いはありますが、ワゴンRスマイルの方が少し小さい車だから、安い。ということはありません。

非ハイブリッド車を設定して、エントリー価格を安くしている。という形となっています。

どっちを選べば良いか?

ワゴンRスマイルと、スペーシア、どっちを選べば良いのか?

まずは、スペーシアほどの高さが必要かどうか。

子供がいるのであれば、スペーシアは車内で子供が立ったまま着替えられる。といったメリットがありますが、そうでなければ、スペーシアほどの高さは必ずしも必要とはいえないでしょう。

次に、ターボエンジンが必要かどうか。

スペーシアカスタムにはターボエンジンが搭載されています。こういった背の高い軽自動車でロングドライブをするのであれば、ターボエンジン搭載車の方が良いです。

最後に、ハイブリッドが必要かどうか。

ワゴンRスマイルには、非ハイブリッド車が設定されています。

ワゴンRスマイルの非ハイブリッド車でも、スペーシアのハイブリッド車よりも燃費が良いため、少しでも安く抑えたい。というのであれば、ワゴンRスマイルのGグレードがおすすめとなります。

最後はデザインですが、ここは好みの問題ですから、好きな方を選びましょう。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク