スポンサーリンク


トヨタ、ヴィッツのフルモデルチェンジ情報をお伝えします。

ヴィッツは、2017年にマイナーチェンジ、2019年にフルモデルチェンジされると予想されているので、順に紹介しましょう。

もくじ
マイナーチェンジ情報
・発売日
・デザイン
・カラーラインナップ
・ハイブリッド登場
・ガソリン車
・グレード構成
・グレード別装備
・基本性能の向上
・価格

フルモデルチェンジ情報
・発売時期
・プラットフォーム
・ハイブリッドシステムは据え置き?
・質感の向上
・予防安全性能の向上
・ヴィッツを検討中の方へ

まずは、マイナーチェンジ情報から。

発売日

新型ヴィッツの発売日は、2017年1月12日です。

デザイン

新型ヴィッツは、マイナーチェンジでフロント、リヤ共にデザインが変更されました。

フロント
vitz5_201701121428204bc.jpg

vitz8.jpg

リヤ
vitz6.jpg

最近流行りのチュープが使われています。

インテリア
vitz7_20170112142823da4.jpg

インテリアも、現行ヴィッツ発売当初に比べると随分質感が良くなりました。

カラーラインナップ

マイナーチェンジで、新色が追加され、全17色の豊富なカラーラインナップになります。

<新色>
・アヴァンギャルドブロンズメタリック
・ダークブルーマイカ
・クリアブルークリスタルシャイン
・オリーブマイカメタリック

<既存色>
・ホワイトパールクリスタルシャイン
・スーパーホワイトⅡ
・シルバーメタリック
・グレーメタリック
・ブラックマイカ
・スーパーレッド
・ダークレッドマイカメタリック
・ボルドーマイカメタリック
・チェリーパールクリスタルシャイン
・オレンジメタリック
・ルミナスイエロー
・ジェイドグリーンメタリック
・ブルーメタリック

です。

期待されていたツートンカラーの追加はありません。

ハイブリッド登場

今回のマイナーチェンジ最大のポイントが、ヴィッツハイブリッドの登場です。

ヴィッツハイブリッドには、アクアと同じ1.5L+モーターのハイブリッドシステムが搭載されました。

<エンジン>
最高出力・・・74ps/4800rpm
最大トルク・・・11.3kgm/3600-4400rpm

<モーター>
最高出力・・・61ps
最大トルク・・・17.2kgm

ヴィッツハイブリッドの燃費は34.4km/Lです。

ガソリン車

ガソリンエンジンは、1.0Lと1.3Lのみに集約されました。

1.0Lエンジンのスペックは、
最高出力・・・69ps/6000rpm
最大トルク・・・9.4kgm/4300rpm

1.3Lエンジンのスペックは、
最高出力・・・99ps/6000rpm
最大トルク・・・12.3kgm

です。

燃費は、
1.0L車・・・24.0km/L
1.3L車・・・25.0km/L

となっています。

グレード構成、装備

マイナーチェンジを機に、グレード構成が変更されます。

下から順に、
・F
・ジュエラ
・U
・Uスポーティーパッケージ

というグレード構成になります。

UスポーティーパッケージがRSの後継で、G'sは廃止されます。

なお、G'sは名称を変更した上でGRとして遅れて発売されます。

それまでは、Uスポーティーパッケージが最もスポーティーなグレードということになりますが、G'sに比べると物足りないかもしれません。

2017年中に、ヴィッツGRMNというハイパワーモデルが限定販売されるという情報も入っています。

ヴィッツGRMNの最新情報はこちらから
ヴィッツ GRMN 新型が2017年秋にも登場!1.8Lターボエンジンか。ヴィッツWRCも?

グレード別装備

主なグレード別装備を紹介します。

F
・14インチスチールホイール
・ワイヤレスドアロックリモコン
・マニュアルエアコン
・ウレタンステアリングホイール
・プロジェクター式ハロゲンヘッドライト

ジュエラ
・トヨタセーフティセンスC
・メッキ加飾インサイドドアハンドル
・助手席シートアンダートレイ
・メッキダイヤル付マニュアルエアコン
・ステンレス製ドアベルとモールディング

U
・15インチスチールホイール
・スマートエントリー&スタートシステム
・オートエアコン
・本革巻きステアリングホイール

Uスポーティーパッケージ
・16インチアルミホイール
・スポイラー
・スペアタイヤ

基本性能の向上

新型ヴィッツは、新構造のショックアブソーバーの採用、スポット溶接の追加によるボディ剛性の強化と、

インストルメントパネル周りのブレースの板厚アップにより、操縦安定性と乗り心地が向上しています。

また、ヒルスタートアシストが全車標準装備となっています。

トヨタは、新型ヴィッツは基本性能が「大幅に」向上したと発表しています。

価格

新型ヴィッツの全グレードの価格が判明しました。 早速紹介します。

<ガソリン車>
1.0Lエンジン車
F Mパッケージ・・・1,181,520円
F・・・1,325,160円
F スマートストップパッケージ・・・1,405,080円
ジュエラ・・・1,473,120円
ジュエラ スマートストップパッケージ・・・1,553,040円

1.3Lエンジン車
F・・・1,481,760円(4WDは1,589,760円)
ジュエラ・・・1,703,160円(4WDは1,811,160円)
ジュエラ スマートストップパッケージ・・・1,798,200円
U・・・1,798,200円(4WDは1,906,200円)
U スマートストップパッケージ・・・1,952,649円

<ハイブリッド車>
F・・・・1,819,800円
ジュエラ・・・1,983,960円
U・・・2,087,640円
U スポーティーパケージ・・・2,237,760円

既存のグレードも全体的に価格が上がっています。

スポンサーリンク


お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

新車に買い換える時は、ディーラーに下取りに出してその分値引きをしてもらうことが多いですが、一般的には買取業者に売った方が高く売ることができます。

(ディーラーは自社店舗での販売が中心であることに対して、買取業者はオークション、海外販売など販路が多いので、高く買い取ることができます。)

ディーラーの下取り価格と比較するためにも、まずは自分の車の買取価格を知っておきましょう。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

車によっては数十万円の差がつくこともあります。

ワンランク上のグレードや、場合によってはガソリン車とハイブリッド車の差額が出ることもあるかもしれません。

続いて、フルモデルチェンジ情報

発売時期

ヴィッツのフルモデルチェンジは2019年ごろの予定です。

現行ヴィッツは2010年発売ですので、9年も開くことになります。

プラットフォーム

次期ヴィッツは、TNGAプラットフォームが採用されます。
これにより、軽量化や低重心化、高剛性化などが一気に実現します。

ヴィッツには、コンパクトカー向けのTNGA-Bプラットフォームが採用されます。

TNGAが初めて採用された新型プリウスでは、走りが大きく向上したと評判ですので、新型ヴィッツも走りの向上が楽しみです。

走りは、フォルクスワーゲン、ポロを目標にしているということです。

ちなみに、ポロは2017年頃フルモデルチェンジを控えています。
新型ポロに並ぶ、走りを実現できるのでしょうか?
VW POLO モデルチェンジ 2017年 新型の発売時期は2017年!コンパクトカーのベンチマークに。

ハイブリッドシステムは据え置き?

ヴィッツハイブリッドは、2017年のマイナーチェンジで追加予定ですが、フルモデルチェンジされるヴィッツには、新しいハイブリッドシステムが搭載されるでしょう。

流れとしては、2017年、現行アクアのシステムを搭載したヴィッツハイブリッド発売

2018年、新型ハイブリッドシステムを搭載して新型アクア発売

2019年、引き続き先代アクアのハイブリッドシステムを搭載したヴィッツハイブリッドをアクアよりも安い価格で発売

という流れが予想されています。

ヴィッツはアクアと似たようなサイズの車ですが、アクアには最新のハイブリッドシステムを採用することで、差別化を図ることになるでしょう。

質感の向上

次期ヴィッツでは、質感の向上にも注力されます。
現行ヴィッツは、ライバル車と比較しても質感が劣っているとの批判が多くあり、その点を改善してくるようです。

ライバルとされているフォルクスワーゲン、ポロもフルモデルチェンジで質感を向上させてくるようなので、競争になりますね。

最近フルモデルチェンジされた新型パッソも質感の向上をアピールしていますので、トヨタはコンパクトカーの質感の向上に力を入れているようです。

また、軽自動車の質感がめざましく向上しており、軽自動車にシェアを奪われないための対策でもあるでしょう。

予防安全性能の向上

安全装備では、既に装着されているトヨタセーフティセンスCが引き続き設定されます。

トヨタセーフティセンスCは、
・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム

のパッケージです。

2019年には自動ブレーキなど更に高性能になっていることでしょう。

また、新しい情報が入りましたら、更新します。



スポンサーリンク


車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

新車に買い換える時は、ディーラーに下取りに出してその分値引きをしてもらうことが多いですが、一般的には買取業者に売った方が高く売ることができます。

(ディーラーは自社店舗での販売が中心であることに対して、買取業者はオークション、海外販売など販路が多いので、高く買い取ることができます。)

ディーラーの下取り価格と比較するためにも、まずは自分の車の買取価格を知っておきましょう。

以下のリンクから、自分の車をいくらで売ることができるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。
 カテゴリ
 タグ
None