スポンサーリンク


三菱、アウトランダーPHEVがマイナーチェンジされます。

今回は、新型アウトランダーPHEVの最新情報をお伝えします。

発売日

アウトランダーPHEVのマイナーチェンジは、2017年2月9日です。

既にパンフレットを配布しているディーラーもあるようです。

デザイン

デザインは、現行からほとんど変わりません。

phev2.jpg出典三菱

今回のマイナーチェンジは、装備の充実が中心となります。

Apple CarPlay、Android Auto対応オーディオディスプレイ

新型アウトランダーPHEVには、Apple CarPlay、Android Auto対応のオーディオディスプレイが搭載されます。

Apple CarPlayとは、iPhoneを接続すると、カーナビ画面にiPhoneのようなアイコンが表示され、電話やカーナビ、ミュージックなどのアプリを利用できるようになる機能です。

Android Autoとは、Androidスマートフォンを接続すると、カーナビ、音楽、通話などが利用できるようになる機能です。

安全装備

新型アウトランダーPHEVは、安全装備も充実します。

・後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)
車線変更する時、後方から接近してくる車両がいればドアミラーのインジケーターとブザー音で知らせます。

・後退時車両検知警報システム
駐車場からバックで出る時など、左右からの車の接近を知らせます。

・歩行者対応衝突被害軽減ブレーキ
自動ブレーキが、歩行者も検知するようになります。

その他の装備

・電動パーキングブレーキ&ブレーキオートホールド
スイッチひとつで駐車ブレーキがかけられる電動パーキングブレーキと、停車時にブレーキペダルから足を離してもアクセルを踏むまでブレーキが保持される機能

・EVプライオリティモード
エンジンを使用せずモーターのみでEV相応ができるモード

価格

新型アウトランダーPHEVは、装備の充実に伴って上昇すると予想されています。

アウトランダーPHEVは、三菱唯一の売れ筋といって良い車です。


歩行者対応自動ブレーキやApple CarPlayなど、最新技術を積極的に取り入れて魅力を高めようという姿勢が見て取れます。

詳しいグレード別価格がわかりましたら、更新します。

スポンサーリンク


車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

新車に買い換える時は、ディーラーに下取りに出してその分値引きをしてもらうことが多いですが、一般的には買取業者に売った方が高く売ることができます。

(ディーラーは自社店舗での販売が中心であることに対して、買取業者はオークション、海外販売など販路が多いので、高く買い取ることができます。)

ディーラーの下取り価格と比較するためにも、まずは自分の車の買取価格を知っておきましょう。

以下のリンクから、自分の車をいくらで売ることができるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。
 カテゴリ
 タグ
None