【新型 ハスラー 2020】フルモデルチェンジ最新情報!発売日、予約、価格、スペック、内装、外装は?

スポンサーリンク

スズキの大人気軽SUV、ハスラーがフルモデルチェンジされました。

このページでは、新型ハスラーの発売日、デザイン、価格、スペックなど、最新情報を紹介します。

新型ハスラーの発売日は、2020年1月20日!

新型ハスラーの発表日は2019年12月24日、発売日は2020年1月20日です。

ハスラーは、2014年に発売されてから、一度もマイナーチェンジされることなく、フルモデルチェンジを迎えました。

デザイン面で大ヒットしたハスラーは、マイナーチェンジでデザインを変える必要がなかった。ということですね。

新型ハスラー、予約受付中

1月20日に発売される新型ハスラーですが、各ディーラーで予約受付がはじまっています。

納期はディーラーによって異なりますが、現時点で3ヶ月分くらいの注文が入っているところが多くなっているようです。

正式発売後は納期が6ヶ月程度になることも予想されているので、早く納車したい方は、早めにディーラーに出向いてみましょう。

新型ハスラーのデザインは、キープコンセプト

新型ハスラーのエクステリアデザインは、丸いヘッドライトの親しみやすいデザインという方向性をキープします。

現行モデルはデザイン面が好評でヒットしたので、新型もデザインは大きく変えずに冒険はしないということですね。

View this post on Instagram

新型ハスラー エクステリア

A post shared by nakayama keisuke (@car_design_good) on

似たようなデザインではありますが、各パーツは使いまわしではなく、しっかりと新しく設計されています。

サイドにはリアクォーターウインドウが追加されています。

後方の視認性が向上しているはずです。

パッと見ほとんど変わっていませんが、なんとなくゴツくなった印象を持つかと思います。

現行モデルよりも角張ったデザインになっていることに加え、ボンネット部分の高さが現行モデルよりも20mmほど高くなっているためです。

ほとんど変わっていないエクステリアデザインに対して、インテリアデザインは大きく変わっています。

View this post on Instagram

新型ハスラー インテリア

A post shared by nakayama keisuke (@car_design_good) on

現行ハスラーは、ポップな印象ではありましたが、プラスチック感が強く、チープな印象も拭えませんでした。

新型ハスラーのインテリアは、道具感、ギア感を感じるような、ワクワクするデザインに仕上がっています。

シートはベンチシートではなく、セパレートシートになっています。

インパネ部分はオレンジ色のフレームで3分割されており、右側はスピードメーター、中央はナビゲーションディスプレイ、左側はコンソールボックスとなっています。

スポンサーリンク

新型ハスラーのボディカラー

新型ハスラー 色
出典https://www.suzuki.co.jp

新型ハスラーのボディカラーはモノトーンが5色、ツートンカラーが6色の、全部で11色です。

<モノトーン>
・シフォンアイボリーメタリック
・オフブルーメタリック
・ブルーイッシュブラックパール3
・ピュアホワイトパール
・クールカーキパールメタリック

<ツートンカラー>
(ボディカラー×ルーフカラー)
・バーミリオンオレンジ×ガンメタリック
・デニムブルーメタリック×ガンメタリック
・フェニックスレッドパール×ガンメタリック
・チアフルピンクメタリック×ホワイト
・アクティブイエロー×ホワイト
・ブリスクブルーメタリック×ホワイト

現行ハスラーは14色ラインナップされていたので、それよりは少なくなっています。

新型ハスラーのボディサイズ

新型ハスラーは、現行型よりも全高とホイールベースが拡大されます。

新型ハスラーのボディサイズは、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,680mm、ホイールベースは2,460mmです。

現行型よりも、全高は30mm高く、ホイールベースは35mm長くなっています。

ホイールベースが延長されているので、後席の足元空間が拡大されているはずです。

新型プラットフォーム採用

新型ハスラー2019
出典http://www.suzuki.co.jp

新型ハスラーには、新しいプラットフォーム、ハーテクトが採用されます。

このハーテクトは、すでにワゴンRやアルト、スイフトなどいくつかの車種に採用されています。

ハーテクトを採用した車種の特徴は、「軽い」ということです。

トヨタのTNGAプラットフォームのように、乗り心地が劇的に良くなったりということはありませんが、軽量化に全精力をかけているという感じで、軽快な走りをすることができます。

ハーテクトプラットフォームを採用した車は、他社の同じくらいのサイズの車に比べて、50~100kg以上も軽くなっています。

新型ハスラーの燃費

現行ハスラーは、「ハイブリッド」とは名乗っていませんが、「S-エネチャージ」というハイブリッドシステムが搭載されています。

「ハイブリッド」と名乗っていないのには訳があり、当時は軽自動車税が増税されるか否かといった時期で、「ハイブリッド」を名乗ってしまうと、増税に悪影響があるのでは?といった大人の事情があったようです。

今では残念ながら軽自動車税が増税されてしまったので、ワゴンRなども気兼ねなく「ハイブリッド」を名乗っています。

さて、スズキのハイブリッドには、「ハイブリッド」と「マイルドハイブリッド」があります。

ハイブリッドは、比較的大きな出力を持ったモーターを搭載し、エンジンパワーに加えてモーターパワーによって力強い加速を実現するものです。

マイルドハイブリッドは、小さな出力のモーターを搭載し、加速時など、エンジンパワーを抑えて、抑えた分をモーターパワーで補い、同等の加速力を確保しながら、燃費を向上させるシステムです。

現行ハスラーに搭載されている「S-エネチャージ」は、マイルドハイブリッドの方です。

新型ハスラーにも、マイルドハイブリッドが搭載され、新型ハスラーでは、全グレードがマイルドハイブリッドになります。(現行モデルでは、Aグレードは非ハイブリッドでした。)

新型ハスラーの燃費は、WLTCモード燃費、JC08モード燃費両方が公開されているので、それぞれ紹介します。

<NA車>
WLTCモード燃費・・・25.0m/L
市街地モード・・・22.9km/L
郊外モード・・・26.4km/L
高速道路モード・・・25.1km/L

JC08モード燃費・・・30.4km/L

<ターボ車>
WLTCモード燃費・・・22.6km/L
市街地モード・・・19.7km/L
郊外モード・・・24.4km/L
高速道路モード・・・23.0km/L

ターボ車は、WLTCモードしか発表されていません。

先代ハスラーのNA車の燃費は、JC08モード燃費で32.0km/Lでしたから、カタログ燃費的には若干悪くなっています。

実燃費は少し向上しているとのことですが、実際のところどうなのかは、発売後にチェックしてみたいと思います。

スポンサーリンク

新型ハスラーのパワートレイン

新型ハスラーには、新型エンジンが採用されており、エンジン、モーターのスペックが先代とは変わっています。

<NA車>
エンジン最高出力・・・49ps/6500rpm
エンジン最大トルク・・・5.9kgm/5000rpm
モーター最高出力・・・2.6ps
モーター最大トルク・・・4.1kgm

<ターボ車>
エンジン最高出力・・・64ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・10.0kgm/3000rpm
モーター最高出力・・・3.1ps
モーター最大トルク・・・5.1kgm

先代ハスラーのパワートレインと比較してみましょう。

<NAエンジン>
エンジン最高出力・・・52ps/6500rpm
エンジン最大トルク・・・6.4kgm/4000rpm
モーター最高出力・・・2.2ps
モーター最大トルク・・・4.1kgm

<ターボエンジン>
エンジン最高出力・・・64ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・9.7kgm/3000rpm
モーター最高出力・・・2.2ps
モーター最大トルク・・・4.1kgm

先代モデルと比較すると、NAエンジンのパワーが低くなっていることが気になります。

車両重量が数十キロ軽くなっていますが、先代モデルよりも加速感、パワー感が低くなっていないか、試乗してチェックしてみたいですね。

新型ハスラーの予防安全性能

新型ハスラーの予防安全性能は、先代モデルよりも大幅に向上します。

新型ハスラーに搭載されている予防安全機能を紹介します。

・デュアルカメラブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・標識認識機能
・アダプティブクルーズコントロール
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ

N-BOXやデイズ、タントなど、最近は軽自動車にも搭載されてきているアダプティブクルーズコントロールは、スズキの軽自動車としては初搭載となります。

ただし、新型ハスラーのアダプティブクルーズコントロール機能は、ターボ車にしかついていません。

現行ハスラーでは、グレードによって予防安全性能が違い、Aグレードは、「デュアルカメラブレーキサポート」のみ、その他のグレードには、デュアルカメラブレーキサポートに加え、以下の機能が搭載されています。

・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・先行車発進お知らせ機能
・全方位モニター用カメラ

新型ハスラーの価格

新型ハスラーの価格は、Aグレードが廃止されたため、エントリー価格は高くなっていますが、先代からあったGグレード、Xグレードの価格だけを見れば安くなっています。

<新型ハスラーの価格>

HYBRID G・・・1,280,400円~

HYBRID Gターボ・・・1,459,700円

HYBRID X・・・1,518,000円~

HYBRID Xターボ・・・1,612,600円~

消費税増税と、全車がマイルドハイブリッドになるということを考えると、値上げは最小限に抑えられています。

新型ハスラーの各グレードの主な装備などは、こちらのページで紹介しています。

新型ハスラー おすすめグレードはどれ?グレード別装備、違いを紹介【G、Gターボ、X、Xターボグレード】

このジャンルで独走するハスラー

ハスラーは、軽SUVのジャンルで圧倒的一位を独走しています。

ハスラーのヒットを見て、ライバルのダイハツは、キャスト・アクティバを発売しましたが、販売台数では足元にも及んでいません。

ダイハツは、さらに競争力を高めたライバル車として、2020年中頃にタフトという新型軽SUVを発売します。

【ダイハツ タフト 最新情報】発売日、デザイン、エンジンスペック、サイズ、最低地上高、価格予想など

三菱も、ekクロスを発売しましたが、ekワゴンとekクロスの販売台数をあわせても、ハスラーよりも少ないという状況です。

ホンダからは今のところ軽SUVが登場するという情報はないので、当分の間軽SUVのジャンルではハスラーの独走が続くことでしょう。

東京モーターショーで新型ハスラーを見た人の声

新型ハスラーのティザーサイト内で、東京モーターショーで新型ハスラーを見た人の声が紹介されています。

それを見る限りは、

男性は、先代よりも角ばっていてワイルドでかっこいい。

女性は可愛い。という声が多いようですね。

また、ワクワクするデザインだ。海や山など、どこにでも合うデザインだ。という声も紹介されています。

もちろん、スズキの公式ティザーサイトですから、良い声だけをピックアップしているのでしょうが、主にデザインに関して注目して欲しい。と思っていることが分かりますね。

その他の声はこちらのティザーサイトを見てみて下さい。

https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/teaser/

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする