スポンサーリンク


少し前にマイナーチェンジされたばかりのエクストレイルですが、フルモデルチェンジに関する気になる情報が入ってきました。

今回は、少し早いですが、エクストレイルのフルモデルチェンジ予想情報をお伝えします。

発売時期

新型エクストレイルの発売時期は、2019年頃と予想されています。


プラグインハイブリッド登場か

新型エクストレイルの最大の目玉として、プラグインハイブリッドが投入されると予想されています。

これは、日産が三菱を傘下に入れたことが関係しています。

新型エクストレイルには、新型アウトランダーと同じプラグインハイブリッドシステムが搭載されるでしょう。

航続距離が100kmを超えると言われています。(現行アウトランダーは60km)

ハイブリッド走行時の燃費も、20km/Lを超えてくるでしょう。

【プラグインハイブリッドシステム予想スペック】
エンジン・・・2.0Lエンジン
バッテリー容量・・・18kWh程度
モーター出力・・・85ps程度×2


日産にはこれまで、電気自動車とハイブリッド車はありましたが、プラグインハイブリッド車は初となります。

次世代プロパイロット

新型エクストレイルには、高速道路上で車線変更をすることができる、次世代型プロパイロット「プロパイロット2.0」が搭載されると予想されています。

日産は、2018年に高速道路での車線変更を自動で行うことができる技術

2020年には、一般道でも自動運転ができる技術

を投入する予定である。と発表しています。


新型エクストレイルの発売は2019年頃と予想されていますから、初搭載とはならないでしょうが、高速道路上でウインカーを出せば、車が自動で安全を確認して、車線変更をしてくれるようになっているはずです。

初搭載は、新型エルグランドになるのでは?いわれています。

デザイン

デザインに関しては現時点では全く不明です。

テスト走行の様子が撮影されているといったこともないようです。

最近の流れからいうと、大きめのフロントグリルに、太めのVモーションのシルバーパーツが配置されるでしょう。

アウトランダーと兄弟車になる?

三菱が日産の傘下に入ったということで、新型エクストレイルと新型アウトランダーが兄弟車になる?との情報も入っています。

確かに、エクストレイルとアウトランダーは、同クラスの車ですし、そういった話が出るのも分かります。


ただ、OEM車両のように、エンブレムだけ変える、あるいは顔つきがちょっと違うだけ。という車になるのではなく、シャシーを共有し、ボディは別のものになる可能性が高そうです。

日本での売り上げだけを見ていると、わざわざ別のボディを作って採算が取れるの?と思うでしょうが、アウトランダーは海外では好調なようなので、採算面も大丈夫そうです。

2017年12月に特別仕様車追加

ちょうど先日、エクストレイルに特別仕様車が追加されたので、紹介します。

エクストレイルは、2017年12月19日に、特別仕様車が追加されました。

xtrail19.jpg出典日産HP

ベース車両はX、HYBRID Xで、デザインは、ベースとなるXグレードと変わりません。


かんたんに特別装備を紹介します。

・プロパイロット
・インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)
・RDA(後退時車両検知警報)
・ハイビームアシスト
・インテリジェントアラウンドビューモニター
・インテリジェントルームミラー
・LEDヘッドランプ
・フォグランプ
・電動パーキングブレーキ
・オートブレーキホールド

など、安全装備が充実した特別仕様車となっています。


価格は、20Xiが2,803,680円

20Xi HYBRIDが3,071,520円

です。


同じく、オーテック扱いのモードプレミア、エクストリーマーにも同様の特別仕様車が設定されました。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク
 カテゴリ
 タグ
None