新型 ランドクルーザー300系 各グレードの、装備の違いは?GX、AX、VX、ZX、GRスポーツの主な装備を紹介

スポンサーリンク

8月2日に発売された、ランドクルーザー300系には、5つのグレード、2つのパワートレインが設定されます。

このページでは、ランドクルーザー300系のグレード構成、各グレードの主な装備を紹介します。

ランドクルーザー300系のグレード構成

ランドクルーザー300系のグレード構成は、下から、GX、AX、VX、ZX、GRスポーツの5グレードです。

GXグレードには、ガソリンターボエンジン(5人乗り)が。

AX、VXグレードには、ガソリンターボエンジン(7人乗り)が。

ZX、GRスポーツグレードには、ガソリンターボエンジン(7人乗り)と、ディーゼルターボエンジン(5人乗り)が設定されます。

価格は、以下のとおりです。

<ガソリン車>
GX(5人乗り)・・・510万円
AX(7人乗り)・・・550万円
VX(7人乗り)・・・630万円
ZX(7人乗り)・・・730万円
GRスポーツ(7人乗り)・・770万円

<ディーゼル車>
ZX(5人乗り)・・・760万円
GRスポーツ(5人乗り)・・・800万円

スポンサーリンク

ランドクルーザー300系、GXグレードの主な装備


出典https://toyota.jp(2021/9/19)

ランドクルーザー300系、GXグレードには、以下のような装備が採用されています。

・18インチアルミホイール(シルバー塗装)
・マルチテレインセレクト
・ドライブモードセレクト(ECO/NORMAL/SPORTの3つ)
・電動センターデフロック
・クロールコントロール
・アクティブトラクションコントロール
・ヒルスタートアシストコントロール
・ダウンヒルアシストコントロール
・電動パーキングブレーキ&ブレーキホールド
・ばね上制振制御

・LEDヘッドライト
・カラードドアミラー
・時間調整式間欠フロントワイパー
・トヨタセーフティセンス
・先行車発進告知機能
・ブラインドスポットモニター
・パーキングサポートブレーキ
・パノラミックビューモニター
・自動防眩インナーミラー
・ヘッドランプクリーナー

・UVカット機能付ウインドシールドグリーンガラス
・UVカット機能付プライバシーガラス

・スマートエントリー&スタートシステム
・4眼メーター
・カラーマルチインフォメーションディスプレイ(4.2インチ)
・本革巻3本スポークステアリングホイール
・本革巻シフトノブ&シフトレバーブーツ
・独立温度コントロールフルオートエアコン(ナノイーX搭載)
・9インチディスプレイオーディオ
・フルオートエアコン
・本革巻ステアリング
・本革巻シフトノブ
・自動防眩ルームミラー
・後席6:4分割可倒式シート
・スマートエントリー&スタートシステム

・ファブリックシート表皮
・2列目6:4分割可倒式シート
・アクセサリーコンセント

ランドクルーザー300系、AXグレードの主な装備


出典https://toyota.jp(2021/9/19)

ランドクルーザー300系、AXグレードには、以下のような装備が採用されています。

GXグレードから追加、変更されている点のみ紹介します。

・LEDフロントフォグランプ
・雨滴感知式間欠フロントワイパー
・サイドステップ
・運転席8ウェイパワーシート
・2列目4:2:4分割可倒式シート
・リヤアームレスト
・指紋認証システム

AXグレードから、フルオートエアコンが、左右独立から、前後左右独立になります。

ランドクルーザー300系、VXグレードの主な装備


出典https://toyota.jp(2021/9/19)

ランドクルーザー300系、VXグレードには、以下のような装備が採用されています。

AXグレードから追加、変更されている点のみ紹介します。

・18インチアルミホイール(スーパークロームメタリック塗装)
・LEDコーナリングランプ
・カラーマルチインフォメーションディスプレイ(7インチ)
・カラーヘッドアップディスプレイ
・ステアリングヒーター
・本革シート表皮
・運転席、助手席パワーシート
・運転席、助手席シートヒーター
・運転席、助手席シートベンチレーション
・運転席、助手席シートバックポケット
・マイコンプリセットドライビングポジションシステム
・パワーイージーアクセスシステム

VXグレードから、トヨタセーフティセンスのレーンディパーチャーアラートが、レーントレーシングアシストになります。

スポンサーリンク

ランドクルーザー300系、ZXグレードの主な装備


出典https://toyota.jp(2021/9/19)

ランドクルーザー300系、ZXグレードには、以下のような装備が採用されています。

VXグレードから追加、変更されている点のみ紹介します。

・20インチアルミホイール(スーパークロームメタリック塗装)
・AVS
・ドライブモードセレクト(ECO/COMFORT/NORMAL/SPORT/SPORT S+の5つ)
・シーケンシャルウインカー
・リバース連動機能付リヤワイパー
・ハンズフリーパワーバックドア
・トノカバー(ディーゼル車のみ)
・2列目シートベンチレーション
・チルト&スライド電動ムーンルーフ

ZXグレードから、オートマチックハイビームが、アダプティブハイビームシステムになります。

ランドクルザー300系、GRスポーツグレードの主な装備


出典https://toyota.jp(2021/9/19)

ランドクルーザー300系、GRスポーツ(GR-S)グレードには、以下のような装備が採用されています。

ZXグレードから追加、変更されている点のみ紹介します。

・GR専用各種エクステリアパーツ(バンパー、ラジエターグリル、ホイールアーチモール、ロッカーモール等)
・18インチアルミホイール(マットグレー塗装)
・GR専用チューニングサスペンション
・電動デフロック
・GRエンブレム付フロントシート

ざっくり主要装備を紹介しましたが、各グレード間でこのような違いが設けられています。

ランドクルーザー300系のその他のリーク情報、最新情報(デザイン、サイズ、パワートレイン、価格予想などは、こちらの記事で紹介しています。

【ランクル300 納期最新情報】2021年9月。ディーゼル、ガソリンターボ搭載。日本発売日、カラー、サイズ、価格など、最新情報

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク