【新型レクサスNX スペック、燃費情報】NX250、NX350、NX350h、NX450h+、エンジンのスペックまとめ。最高出力、最大トルクは?

スポンサーリンク

2021年6月12日に、2代目となる新型レクサスNXが発表されました。

新型レクサスNXには、レクサス初のプラグインハイブリッドを含む6つのパワートレインが設定されることが発表されています。

このページでは、新型レクサスNXでラインナップされることになるであろう、6つのパワートレインの紹介と、スペックを紹介します。

新型レクサスNXのパワートレインは、6種類!

トヨタは、レクサスNXには6つのパワートレインを導入する。と発表されています。

6つの内訳は、2.5L PHEV(E-Four)、2.5Lハイブリッド(FF)、2.5Lハイブリッド(AWD)、2.4Lターボ(AWD)、2.5Lガソリン(FF)、2.5L(AWD)です。

FFとAWDをそれぞれカウントしているので、6つとなっていますが、2.5L PHEV、2.5Lハイブリッド、2.4Lターボ、2.5L NAの4種類と思ったほうがしっくりくるかもしれません。

それぞれのパワートレインのスペックと、既存の他のトヨタ車の違いをみていきましょう。

NX250のスペック、燃費

まずは、2.5Lガソリンエンジン、レクサスNX250のパワートレインから。

<2.5Lガソリンエンジン>
最高出力・・・201ps/6600rpm
最大トルク・・・24.5kgf・m/4400rpm

NX250の燃費は、14.4km/L程度で、レギュラー仕様です。

海外向けのカムリに搭載されているエンジンと、ほぼ同じスペックです。

2.5Lハイブリッド(NX350h)

次に、NX350hのパワートレインについて。

レクサスにはこれまで、2.5Lハイブリッドが、300hという名前で販売されていました。

NX350hには、ハリアーやRAV4に搭載されている2.5Lのダイナミックフォースエンジンを搭載したハイブリッドシステムを強化したものが搭載されるのではないかと予想されています。

従来のものよりもパワーアップするので、NX300hからNX350hに改称されるのだろう。ということです。

<従来の2.5Lハイブリッド>
エンジン最高出力→152ps/5700rpm
エンジン最大トルク→21.0kgf・m/4400-4800rpm
モーター最高出力→143ps
モーター最大トルク→27.5kgf・m

<ダイナミックフォース2.5Lハイブリッド>
エンジン最高出力→190ps/6000rpm
エンジン最大トルク→24.8kgf・m/4300-4500rpm
モーター最高出力→182ps
モーター最大トルク→27.5kgf・m

システム出力は、197psから243psにアップしています。

ちなみに、ハリアーに搭載されているダイナミックフォース2.5Lハイブリッドのシステムは、以下のとおりです。

エンジン最高出力→178ps/5700rpm
エンジン最大トルク→22.5kgf・m/3600-5200rpm
モーター最高出力→120ps
モーター最大トルク→22.5kgf・m

同じダイナミックフォース2.5Lエンジンを搭載したハイブリッドでも、出力が結構違います。

NX350hの燃費は、22.2km/Lで、ハイオク仕様です。

2.5Lプラグインハイブリッド(NX450h+)

次に、レクサスNX450h+のパワートレインについて。

レクサスで450hといえば、3.5LハイブリッドのRX450hなどがあります。

<3.5Lハイブリッドシステム>
エンジン最高出力・・・262ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・34.2kgf・m/4600rpm
モーター最高出力(前/後)・・・167/68ps
モーター最大トルク(前/後)・・・34.2/14.2kgf・m

ただし新型NXには、2.5Lのプラグインハイブリッドシステムが搭載されると発表されています。

2.5Lのプラグインハイブリッドシステムといえば、RAV4 PHVに搭載されていますよね。

<2.5Lプラグインハイブリッド>
エンジン最高出力・・・185ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・23.2kgf・m/3600-3700rpm
モーター最高出力(前/後)・・・182/54ps
モーター最大トルク(前/後)・・・27.5/12.3kgf・m

航続距離は88kmで、ハイオク仕様です。

ちなみに、RAV4 PHVのパワートレインは、以下のようなスペックでした。

エンジン最高出力・・・177ps/6000rpm
エンジン最大トルク・・・22.3kgf・m/3600rpm
モーター最高出力(前/後)・・・182/54ps
モーター最大トルク(前/後)・・・27.5/12.3kgf・m

この2.5Lプラグインハイブリッドシステムは、450h+と名乗るには、少々力不足では?とおもっていましたが、しっかりパワーアップしてきています。

2.4Lターボエンジン(NX350)

最後に、2.4Lターボエンジンについて。

2.4Lターボエンジンは、既存のトヨタ車、レクサス車には搭載されていません。

新しいエンジンとして、今後、これまでの3.5L級のエンジンのかわりに搭載されると予想されているものです。(次期アルファード等にも搭載されるといわれています。)

<2.4Lターボエンジン>
最高出力・・・279ps/6000rpm
最大トルク・・・43.8kgf・m/1700-3600rpm

燃費は12.2km/Lで、ハイオク仕様です。

まとめ

新型レクサスNXは、レクサス車の中でも売れ筋ということで、パワートレインもかなり気合の入ったラインナップとなっています。

新型レクサスNXのパワートレインが、今後発売されるレクサスRXや、アルファードなどにも搭載されるとみられているので、どのような特徴を持ったパワートレインなのか、抑えておきたいですね。

新型レクサスNXの情報は、こちらの記事で随時アップデートしているので、よろしければチェックしてみてください。

【新型 レクサスNX 納期最新情報】2021年10月、納期は長い?新型NXのデザイン、価格、サイズ、スペック、発売日など、最新情報!
【新型 レクサスNX グレード比較】Fスポーツ、バージョンL、ベースグレード、グレード別装備の違いを比較

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク