新型 アウトランダーPHEV グレードの、違いを比較。M、G、Pグレードの装備の違いはどこなのか?

スポンサーリンク

新型アウトランダーPHEVには、M、G、Pという3グレードが設定されています。

このページでは、新型アウトランダーPHEV、各グレードの装備の違いを比較します。

新型アウトランダーPHEV、Mグレードの主な装備

まずは、Mグレードの主な装備を紹介します。

・18インチアルミホイール
・アダプティブLEDヘッドライト
・LEDデイライト
・LEDフロントフォグランプ
・LEDサイドターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー
・LEDリヤコンビネーションランプ
・センターピラーブラックアウト(ブラック)
・スキッドプレート(ブラック)
・サイドドアガーニッシュ(ブラック)
・フロント/リヤロワガーニッシュ(ブラック)
・ルーフスポイラー
・シャークフィンアンテナ

・フル液晶メーター(12.3インチ)
・本革巻ステアリングホイール
・ステアリングヒーター
・本革巻シフトノブ
・左右独立フルオートエアコン
・ファブリックシート
・運転席、助手席シートヒーター
・リヤシートセンターアームレスト
・9インチナビゲーション
・6スピーカー
・e-Assist
・マイパイロット
・パーキングセンサー
・マルチアラウンドモニター

エントリーグレードでも、装備は充実しています。

アウトランダーPHEV自体が価格帯の高い車ですから、Mグレードが中級グレード、Gグレードが上級グレード、Pグレードが最上級グレードと捉えたほうが良いかもしれません。

スポンサーリンク

新型アウトランダーPHEV、Gグレードの主な装備

次に、Gグレードの主な装備を紹介します。

Mグレードから追加、変更されている装備を紹介します。

・20インチアルミホイール
・シーケンシャルウインカー
・スキッドプレート(シルバー)
・ヒートポンプ式エアコン
・人工皮革×合成皮革コンビシート
・運転席パワーシート
・ワイヤレス充電器
・リヤウインドウロールサンシェード
・充電用USBポート
・MITSUBISHI CONNECT
・全ドアワンタッチ式パワーウインドウ
・フロントワイパーデアイザー

Gグレードは、20インチアルミホイールで、足元がスポーティーに引き締まります。

ヒートポンプ式エアコンの採用により、商品電力を抑えることができます。

運転席パワーシートや、リヤウインドウロールサンシェードなど、快適性も向上させたグレードとなっています。

新型アウトランダーPHEV、Pグレードの主な装備

次に、Pグレードの主な装備を紹介します。

Gグレードから追加、変更されている装備を紹介します。

・センターピラーブラックアウト(グロスブラック)
・サイドドアガーニッシュ(カラード)
・ヘッドアップディスプレイ
・3ゾーン独立温度コントロール式フルオートエアコン
・セミアニリンレザーシート
・運転席メモリー機能付パワーシート
・助手席メモリー機能付パワーシート
・リヤシートヒーター
・フロントドアLEDルームイルミネーション
・BOSEプレミアムサウンドシステム(9スピーカー)

最上級グレード、Pグレードは、リヤシートヒーターや、リヤの温度も管理可能なフルオートエアコン、BOSEプレミアムサウンドシステムなど、快適性を追求したグレードです。

新型アウトランダーPHEVの価格

新型アウトランダーPHEVの価格は、462万円~です。

M(5人乗り)・・・4,621,100円
G(5人乗り)・・・4,904,900円
G(7人乗り)・・・4,996,200円
P(7人乗り)・・・5,320,700円

新型アウトランダーPHEVの関連記事

【新型 アウトランダー PHEV】価格、スペック、燃費、発売日、予約、サイズ、航続距離、デザイン(内装)など、最新情報!
【アウトランダーPHEV 新旧比較】新型アウトランダーPHEVは、先代からどう変わったのか。サイズ、広さ、燃費、価格などを比較

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク