半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

【2022年 ステップワゴン 新旧比較】新型と、先代の違いを比較。サイズ、大きさ、エンジン、燃費、価格、デザイン、ホンダセンシングなど

スポンサーリンク

ホンダのミニバン、ステップワゴンが、フルモデルチェンジされました。

新型ステップワゴンは、どのように変わったのでしょうか。

このページでは、ステップワゴンの新旧比較をします。新型ステップワゴンと先代ステップワゴンの違いは、どういったところなのか、チェックしていきましょう。

ステップワゴン新旧比較1:デザイン

新型ステップワゴンのデザインは、初代を思い出させるような、スクエアなデザインになりました。

新型ステップワゴン


先代ステップワゴン

先代ステップワゴンスパーダ


また、先代の目玉機能だった、「わくわくゲート」が廃止されています。

わくわくゲートは、機能的には便利なのですが、デザイン的には、あまり評価が高くありませんでした。

最近の車にしては、かなり落ち着いたデザインであるため、対照的なデザインの新型ノア/ヴォクシーと比較され、どちらのデザインが受け入れられるのか、注目されています。

スポンサーリンク

ステップワゴン新旧比較2:サイズ

新型ステップワゴンは、先代よりも、サイズは結構大きくなっています。

オデッセイが廃止されたことも、関係しているのでしょう。

<新型ステップワゴンのサイズ>
ステップワゴンエアー
全長4,800mm×全幅1,750mm×全高1,840mm

ステップワゴンスパーダ
全長4,830mm×全幅1,750mm×全高1,840mm

<先代ステップワゴンのサイズ>
ステップワゴン
全長4,690mm×全幅1,695mm×全高1,840mm

ステップワゴンスパーダ
全長4,760mm×全幅1,695mm×全高1,840mm

これまで、5ナンバーサイズミニバンの基本的なサイズは、全長4,700mm以下、全幅1,700mm以下でしたが、エアー、スパーダともに超えています。

ステップワゴン新旧比較3:エンジン

新型ステップワゴンのパワートレインは、先代と同じく、1.5Lターボエンジンと、2.0Lハイブリッドの2種類が設定されました。

<1.5Lターボエンジン>
最高出力・・・150ps
最大トルク・・・20.7kgf・m

<2.0Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・145ps
エンジン最大トルク・・・17.8kgf・m
モーター最高出力・・・184ps
モーター最大トルク・・・32.1kgf・m

どちらも、必要十分なパワーがあります。

スポンサーリンク

ステップワゴン新旧比較4:燃費

新型ステップワゴンの燃費は、先代から、ほとんど変わっていません。

<新型ステップワゴンの燃費>
ガソリン車・・・13.9km/L
ハイブリッド車・・・20.0km/L

<先代ステップワゴンの燃費>
ガソリン車・・・13.6km/L
ハイブリッド車・・・20.0km/L

燃費はほぼ同じですが、サイズアップしていることを考えれば、優秀といえるのではないでしょうか。

ステップワゴン新旧比較4:先進機能

新型ステップワゴンに搭載されている先進機能は、以下のとおりです。

・近距離衝突軽減ブレーキ
近距離の壁などに衝突するおそれがある時に、自動でブレーキをかける機能

・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
前後に障害物があるにもかかわらずアクセルを強く踏み込んだ時、エンジン出力を抑制、また、自動でブレーキをかける機能

・渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
全車との車間距離を適切に保ち、アクセル、ブレーキを自動で制御する機能

・衝突軽減ブレーキ
車両や歩行者と衝突のおそれがある時、自動でブレーキをかける機能

・歩行者事故低減ステアリング
歩行者と衝突する恐れがある時、ステアリング操作を支援して衝突を回避する機能

・路外逸脱抑制機能
車線から逸脱しそうになった時、ステアリング操作を支援して逸脱を回避する機能

・車線維持支援システム
車線の中央を走行できるようにステアリング操作を支援する機能

・先行車発進お知らせ機能
先行車が発進したときに知らせる機能

・標識認識機能
制限速度、追い越し禁止、一時停止、進入禁止の標識を認識してディスプレイに表示する機能

・オートハイビーム、アダプティブドライビングビーム
対向車や前走車を検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替える機能

・トラフィックジャムアシスト
高速道路での渋滞時など、ドライバーの運転負荷を軽減する機能

・ブラインドスポットインフォメーション
斜め後ろに車両がいる時に知らせる機能

・パーキングセンサーシステム
前後からの障害物の接近を知らせる機能

先代と比較して、近距離衝突軽減ブレーキ、後方誤発進抑制機能、オートハイビーム、トラフィックジャムアシスト、ブラインドスポットインフォメーション、パーキングセンサーシステムなどが追加されました。

スポンサーリンク

ステップワゴン新旧比較5:価格

新型ステップワゴンのエントリー価格は、30万円近く高くなっています。

<新型ステップワゴンの価格>
ガソリン車
AIR(7人乗り)・・・2,998,600円
AIR(8人乗り)・・・3,020,600円

SPADA(7人乗り)・・・3,257,100円
SPADA(8人乗り)・・・3,279,100円

SPADA PREMIUM LINE(7人乗り)・・・3,462,800円

ハイブリッド車
AIR(7人乗り)・・・3,382,500円
AIR(8人乗り)・・・3,404,500円

SPADA(7人乗り)・・・3,641,000円
SPADA(8人乗り)・・・3,663,000円

SPADA PREMIUM LINE(7人乗り)・・・3,846,700円

<先代ステップワゴンの価格>
ガソリン車
G・Honda SENSING・・・2,714,800円
G・EX Honda SENSING・・・2,919,400円
SPADA・Honda SENSING・・・2,920,500円
SPADA Cool Spirit Honda SENSING・・・3,122,900円

ハイブリッド車
SPADA G・Honda SENSING・・・3,427,600円
SPADA G・EX Honda SENSING・・・3,641,000円

新型ステップワゴンは、当初予想されていたよりは、装備を考えれば値上がり幅は小さく、正当進化だと評価されています。

スッキリしたデザインと、大きくなったサイズが受け入れられるかどうか、注目ですね。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

ステップワゴン関連記事

【新型 ステップワゴン 納期最新情報 2022年9月】ステップワゴンエアー/スパーダ、納期早まる見込みは? 燃費、予約、発売日、デザイン、サイズ、価格など
【新型ステップワゴン グレード 違い、比較】エアー、スパーダ、スパーダプレミアムラインの、主要装備、価格を比較