半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

【2022年 シエンタ 新旧比較】サイズ、大きさ、広さ、燃費、先進機能、価格など。進化した点、変わったところまとめ

トヨタのコンパクトミニバン、シエンタがフルモデルチェンジされました。

新型シエンタは、先代から、どういったところが変わったのでしょうか。

このページでは、新型シエンタと、先代シエンタの新旧比較をしていきましょう。

シエンタ新旧比較その1:デザイン

先代シエンタは涙目デザインが特徴的でしたが、新型シエンタは涙目デザインではなくなり、先々代にあたる初代シエンタの雰囲気も感じるデザインに生まれ変わりました。

シエンタ新旧比較その2:サイズ、広さ

新型シエンタと先代シエンタのサイズを比較すると、新型は全高が20mm高くなっています。

<新型シエンタのサイズ>
全長4,260mm✕全幅1,695mm✕全高1,695mm

<先代シエンタのサイズ>
全長4,260mm✕全幅1,695mm✕全高1,675mm

室内寸法は、室内長、室内幅、室内高どれも広くなっています。

<新型シエンタの室内寸法>
5人乗り
室内長2,030mm×室内幅1,530mm×室内高1,300mm

7人乗り
室内長2,545mm×室内幅1,530mm×室内高1,300mm

<先代シエンタの室内寸法>
5人乗り
室内長1,900mm×室内幅1,490mm×室内高1,280mm

7人乗り
室内長2,535mm×室内幅1,470mm×室内高1,280mm

先代モデルと比較すると、1列目と2列目シートの間隔は80mm広くなっています。

2列目シートの頭上空間は20mm、上側方は60mm広くなっています。

コンパクトミニバンは、3列目のスペースがどうしても狭くなりガチですが、3列目のヒップポイントは360mmと、このクラスにしては高めに確保されており、2列目シートの背面を凹ませることで、3列目の膝前空間も確保されています。

シエンタの大きな特徴である、3列目シートが2列目シートの下に滑り込むように収納することができる、サードシートダイブイン機構は引き続き採用されています。

シエンタ新旧比較その3:パワートレイン

新型シエンタ、先代シエンタともに、パワートレインの排気量は1.5Lガソリンエンジンと1.5Lハイブリッドです。

しかし、その中身は大幅に進化しています。

<新型シエンタ>
・1.5Lガソリンエンジン

最高出力・・・120ps/6600rpm
最大トルク・・・14.8kgm/4800-5200rpm

・1.5Lハイブリッド
エンジン最高出力・・・91ps/5500rpm
エンジン最大トルク・・・12.2kgm/3800-4800rpm
モーター最高出力・・・80ps
モーター最大トルク・・・14.4kgm
システム出力・・・116ps

<先代シエンタ>
・1.5Lガソリンエンジン

最高出力・・・109ps/6000rpm
最大トルク・・・13.9kgm/4400rpm

・1.5Lハイブリッド
エンジン最高出力・・・74ps/4800rpm
エンジン最大トルク・・・11.3kgm/3600-4400rpm
モーター最高出力・・・61ps
モーター最大トルク・・・17.2kgm
システム出力・・・100ps

シエンタ新旧比較その4:燃費

新型シエンタには、ダイナミックフォースエンジンが採用されたことにより、ガソリン車、ハイブリッド車ともに燃費が向上しています。

FF、ガソリン車、7人乗りの燃費を比較してみましょう。

<新型シエンタの燃費>
ガソリン車
WLTCモード燃費・・・18.3km/L
市街地モード・・・14.1km/L
郊外モード・・・19.1km/L
高速道路モード・・・20.3km/L

ハイブリッド車
WLTCモード燃費・・・28.5km/L
市街地モード・・・27.5km/L
郊外モード・・・30.3km/L
高速道路モード・・・27.9km/L

<先代シエンタの燃費>
ガソリン車
WLTCモード燃費・・・17.0km/L
市街地モード・・・13.1km/L
郊外モード・・・17.7km/L
高速道路モード・・・19.0km/L

ハイブリッド車
WLTCモード燃費・・・22.8km/L
市街地モード・・・22.7km/L
郊外モード・・・23.9km/L
高速道路モード・・・22.1km/L

特に、ハイブリッド車の燃費向上率が高くなっています。

この燃費の差で、どれくらい走れば元が取れるのか。などは、こちらのページで紹介しています。

【2022年 新型シエンタ】ガソリン車、ハイブリッド車、どっちがいい?何万キロで元が取れるのか。加速力など

シエンタ新旧比較その5:先進機能

新型シエンタでは、先代シエンタにはなかった、以下のような機能が進化しています。

・プリクラッシュセーフティの機能が向上し、昼間の自動二輪車、右折時の対向直進車や、横断歩行者にも対応するようになりました

・プロアクティブドライビングアシストの採用

・アドバンストパークの採用

今後、ソフトウェアアップデートにより、性能の向上を図っていくとのことです。

シエンタ新旧比較その6:価格

新型シエンタの価格は、全体的に値上げされています。エントリー価格は13万円ほどの値上がりです。

<新型シエンタの価格>
ガソリン車
X(5人乗り)・・・1,950,000円
X(7人乗り)・・・1,990,000円
G(5人乗り)・・・2,300,000円
G(7人乗り)・・・2,340,000円
Z(5人乗り)・・・2,520,000円
Z(7人乗り)・・・2,560,000円

ハイブリッド車
HYBRID X(5人乗り)・・・2,380,000円
HYBRID X(7人乗り)・・・2,420,000円
HYBRID G(5人乗り)・・・2,650,000円
HYBRID G(7人乗り)・・・2,690,000円
HYBRID Z(5人乗り)・・・2,870,000円
HYBRID Z(7人乗り)・・・2,910,000円

<先代シエンタの価格>
ガソリン車
ファンベースX(5人乗り)・・・1,818,500円
X(7人乗り)・・・1,859,200円
ファンベースG(5人乗り)・・・2,066,000円
G(7人乗り)・・・2,107,000円
ファンベースGクエロ(5人乗り)・・・2,173,000円
Gクエロ(7人乗り)・・・2,214,000円

ハイブリッド車
ファンベースX(5人乗り)・・・2,236,500円
X(7人乗り)・・・2,277,200円
ファンベースG(5人乗り)・・・2,432,000円
G(7人乗り)・・・2,473,000円
ファンベースGクエロ(5人乗り)・・・2,539,000円
Gクエロ(7人乗り)・・・2,580,000円