半導体不足により、中古車相場が高騰中です。
下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。一度、査定をしてみてください!

カローラクロス、マイナーチェンジ時期、一部改良は、いつ?2022~2023年にも。変更点予想。値上げの可能性も。

スポンサーリンク

カローラツーリング、スポーツ、セダンに続き、カローラクロスもマイナーチェンジ(一部改良)が実施されると期待されています。

このページでは、カローラクロスのマイナーチェンジ、一部改良に関する最新情報、予想情報を紹介します。

カローラクロスのマイナーチェンジ、一部改良は、いつ?

カローラクロスのマイナーチェンジ(一部改良)は、2023年秋ごろ実施されると予想されています。

現行カローラクロスは、ガソリン車、ハイブリッド車ともに受注停止されています。

ハリアーで改良後モデルに注文をスライドしなければならない事態が発生してしまっていたため、早めに受注を終了しているのでしょう。

カローラツーリング、カローラスポーツでは、マイナーチェンジではなく、一部改良という位置づけでしたから、カローラクロスも一部改良という位置づけになるでしょう。

現行カローラクロスの納期に関する情報は、こちらのページで紹介しています。

【カローラクロス 納期最新情報】2022年11月時点。納期遅れ発生中。納期早まる見込みは?受注停止の情報も。受注再開、マイナーチェンジは、いつ?

新型カローラクロスのデザイン

新型カローラクロスのデザインは、ヘッドランプ、フロントロアグリルなどのデザインが一部変更されると予想されています。

カローラクロスは、日本仕様と海外仕様でデザインが違います。

海外仕様の方がかっこいいから、マイナーチェンジで変えてほしい。との声もありますが、今のところ、海外仕様のデザインになるという情報はありません。

日本仕様のデザイン

海外仕様のデザイン

スポンサーリンク

新型カローラクロスのパワートレイン

新型カローラクロスには、2.0Lガソリンエンジンと、1.8Lハイブリッドシステムが搭載されると予想されています。

先に改良されたカローラスポーツと同じパワートレインが採用されると予想されています。

一部では、2.0Lハイブリッドシステムが採用されるという情報もあります。

2.0Lハイブリッドシステムは、レクサスUX250hに搭載されています。

新型カローラクロスの先進機能

新型カローラクロスでは、先進機能が以下のようにアップデートされると予想されています。

・プリクラッシュセーフティ
交差点右折時の対向直進車、右左折時の対向方向から横断してくる歩行者に対応

・プロアクティブドライビングアシスト採用

新型カローラクロス、その他の変更点

その他、以下のような変更が予想されています。

・ドライブレコーダー標準装備
・バックガイドモニター標準装備
・録画機能付バックガイドモニターオプション設定
・車内Wi-Fiのオプション設定

新型カローラクロスの価格予想

新型カローラクロスのガソリンエンジンが1.8Lから2.0Lに変更されるのであれば、エントリー価格は20万円~30万円ほど高くなると予想されています。

現行モデルのエントリー価格は199万円~と、バーゲンプライスとも言える価格設定ですが、値上げされる可能性が高いでしょう。

あたらしい情報が入りましたら、また更新します。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
半導体不足により、中古車相場が高騰中です。

下取りよりも数十万高く売れることも珍しくありません。


必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク