新型ソリオの、先進機能(予防安全装備、スズキセーフティサポート)について。機能はどう変わった?電動パーキングブレーキ採用はなし。

スポンサーリンク

11月26日似発表された、スズキ・新型ソリオ。

【新型 ソリオ/バンディッド フルモデルチェンジ】発売日、デザイン、カラー、サイズ、エンジン、燃費、価格など、最新情報!

新型ソリオでは、先進機能(スズキセーフティサポート)が進化するにはするのですが、少し物足りない。という声が多く挙がっています。

このページでは、新型ソリオのスズキセーフティサポートの機能は、現行モデルと比べてどう変わったのか?また、どんな点が物足りないのか?について紹介します。

新型ソリオのスズキセーフティサポート

新型ソリオに搭載される先進機能(スズキセーフティサポート)を紹介します。

・デュアルカメラブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・標識認識機能
・アダプティブクルーズコントロール
・先行車発進お知らせ機能
・ハイビームアシスト
・全方位モニター用カメラ
・ヘッドアップディスプレイ

現行モデルに追加されたのは、ヘッドアップディスプレイだけです。

ヘッドアップディスプレイは、ワゴンRにも採用されていまが、速度、シフト位置、ブレーキ警告、カーナビと連動した案内を表示することができる機能です。

フロントガラス下部に表示されるので、視線の移動を減らすことができます。

また、現行モデルから変わっている機能として、アダプティブクルーズコントロールの作動速度の下限が、40km/h~から、0km/h~に拡大(渋滞追従型)されています。

ちなみに、スズキセーフティサポートの機能はグレードによって異なり、アダプティブクルーズコントロールはHYBRID MXグレード以上、ヘッドアップディスプレイはHYBRID MZグレードに標準装備となっています。

新型ソリオ、各グレードの主な装備についてはこちらで紹介しています。

フルモデルチェンジ版、新型ソリオ(バンディッド)の主な装備を紹介。G、HYBRID MX、HYBRID MZ、HYBRID MV

停止保持機能が欲しかったという声が多い

新型ソリオの先進機能で一番残念がられているのが、アダプティブクルーズコントロールに停止保持機能(オートブレーキホールド機能)の搭載がない。という点です。

新型ソリオのアダプティブクルーズコントロール機能は、対応速度が0km/h~の渋滞追従型になったのですが、停止状態を保てるのは2秒だけです。

基本的に、電動パーキングブレーキが採用されていない車では、数秒で停止状態が解除されてしまうのですが、残念ながら、新型ソリオにも電動パーキングブレーキは採用されないと聞いています。

さきほども紹介したとおり、現行ソリオのアダプティブクルーズコントロールは、40km/h以下になると解除されてしまうので、現行モデルよりは性能が向上しているのですが、それでも残念だ。という声が多いです。

他にもコレが欲しかった。という機能がいくつか

停止保持機能以外にも、フルモデルチェンジされるなら搭載してほしかった。という機能をいくつかピックアップします。

・レーントレーシングアシスト機能
車線中央維持支援機能などとも呼ばれる、車線の中央を走行することができるように、ステアリング操作を補助する機能のことです。

新型ソリオには、そういった機能は搭載されません。

・ブラインドスポットモニター機能
後側方の死角から車が接近している時に、ドアミラー内などのインジケーターで知らせる機能のことです。

車線変更時の安全に役立つ機能ですが、これも新型ソリオには搭載されません。

ライバルは、軽自動車も含め、停止保持機能やレーントレーシングアシスト機能、ブラインドスポットモニター機能の採用が広がっている中で、ソリオも今後の改良やマイナーチェンジの機会に採用されると良いですね。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする