スポンサーリンク


スバルの予防安全機能、アイサイトが進化して、「アイサイト・ツーリングアシスト」になります。

今回は、アイサイト・ツーリングアシストを詳しく紹介していきます。

eyesight3.jpg

アイサイト、ツーリングアシストの新機能

アイサイト、ツーリングアシストには、全く新しい機能というものはありません。
細かい点でアイサイトver3から変わっている部分もあるので、変更点を紹介します。

・全車速追従機能付クルーズコントロール
<アイサイトver3>
0km/h~100km/h

<アイサイトツーリングアシスト>
0km/h~120km/h

・アクティブレーンキープ
<アイサイトver3>
60km/hまたは65km/h~100km/h

<アイサイトツーリングアシスト>
0km/h~120km/h

と、スペック上変わった点は、動作速度域くらいですが、細かな画像分析、制御の改良などにより、、より精度の高いドライビングアシスト機能として仕上がっています。

従来からある機能

・プリクラッシュブレーキ
自動車、歩行者、自転車を認識し、対象物との速度差が50km/h以内であれば、衝突回避、それ以上の場合、被害軽減をすることができる機能です。

・誤発進抑制制御
ステアレオカメラが前方の障害物を検知し、アクセルペダルが不必要に踏み込まれた場合、注意を換気するとともにエンジン出力を抑えます。

・誤後進抑制制御
シフトがRレンジのときにアクセルが急に踏み込まれた時、約3秒間エンジンの出力を抑えます。

・ふらつき警報
ふらつきを検知した場合、警報音と警告表示で注意を喚起します。

・先行車発進お知らせ
先行車が発信して3m以上離れても自車が発進しない場合、音と表示でお知らせします。

・車線逸脱警報
走行中に車線から逸脱しそうになると、警報音と警告表示で注意を喚起します。

これらが、アイサイト搭載車には、基本的に標準装備されている、「アイサイトコアテクノロジー」と呼ばれるものです。

アイサイトセイフティプラス

この他に車種によっては、「アイサイトセイフティプラス」と呼ばれる付加的な機能を、オプションで選択することができます。

・スバルリヤビークルディテクション
自車の後側方から接近する車両を検知し、車線変更時などに衝突の危険があると判断した場合、ドライバーに注意を促します。

・ハイビームアシスト
フロントウインドウ内側の単眼カメラが前方の光を検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えます。

・スマートリヤビューミラー
リヤゲートガラスの内側に取り付けられたカメラの映像をルームミラーに表示します。

・フロント&サイドビューモニター
フロントグリルおよび助手席側ドアミラーに装着されたカメラの映像を、マルチファンクションディスプレイに表示します。

搭載車種

さて、アイサイトツーリングアシストは、まず、「レヴォーグ」と、「WRX S4」に搭載されます。

新型レヴォーグと、新型WRX S4の発売日は、2017年8月7日の予定です。

詳しくは、こちらのページをご覧ください。
レヴォーグ D型 2017年モデル デザイン、画像、発売日、価格など

プロモーションムービー

アイサイトツーリングアシストのプロモーションムービーが公開されています。



動画内では、以下のポイントが紹介されています。

・安心して使える性能
渋滞やカーブなどでも、機能がキャンセルされることなく、安定して車線中央を維持することができる。

機能の作動状況が直感的に分かる。

あるシーンでは動かない。といったものではなく、全体的にきちんと動くものに仕上がっている。

・気持ちよく使える性能
機械的でぎこちない動きや、急な制御が少なく、人の感覚に近い、自然でなめらかな制御を実現した。


動画内では、アイサイトツーリングアシストは、世界一のレーンキーピングアシストに仕上がっていると思います。というコメントがあります。

日産のプロパイロットを上回っている自信がある。という証拠でしょう。

また、日産は、積極的に「自動運転機能」というアピールをしていますが、スバルは、「ツーリングアシスト」として、あくまで運転を補助する機能である。というアピールにとどまっています。

これには、堅実なスバルの社風が現れていますね。

車の買い替えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>愛車の最高価格を知る!最短30秒で入力完了

必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク




画像はスバル様HPより引用
関連記事
 カテゴリ
 タグ
None