新型 ハリアー フルモデルチェンジ時期は、2019年?価格、内装、外装、サイズ、スペックなど、予想情報!

スポンサーリンク
タケシ
ハリアーは、いつフルモデルチェンジされるのかな?TNGAになるのかな。
N氏
2019年~2020年頃にされるみたいだぞ。もちろん、TNGAが採用されるだろう。

このページでは、ハリアーのフルモデルチェンジ予想情報を紹介します。

・フルモデルチェンジ時期は、2019年末~2020年ごろ
・デザインはキープコンセプトと予想
・新トヨタセーフティセンス採用
・価格は15万円ほどアップか

新型ハリアーの発売時期

新型ハリアーのフルモデルチェンジ時期は、2019年末~2020年中と予想されています。

現行ハリアーは、2013年に発売され、2017年にマイナーチェンジされています。

早ければ、2019年の東京モーターショーでワールドプレミアされ、2019年中にも発売されるでしょう。

N氏
一般的な車のフルモデルチェンジ周期は、6年くらいだな。

新型ハリアーのデザイン

新型ハリアーのデザインは、キープコンセプトになると予想されています。

まだ詳しいデザインまでは分かっていないものの、現行ハリアーは、価格の割にデザインの質感が高い。と好評でした。

新型ハリアーも、質感の高さ、高級感をコンセプトに開発がされてることでしょう。

質感の高い、現行ハリアー


出典https://newsroom.toyota.co.jp ”

N氏
RAV4が日本でも発売されるから、差別化のためにはなおさらだな。

TNGAプラットフォーム採用

現行ハリアーは、「高級SUV」というにはちょっと乗り心地など、物足りない部分もありました。

フルモデルチェンジされる、新型ハリアーには、TNGAプラットフォームが採用されます。

TNGAプラットフォームが採用されれば、走りや乗り心地が大幅に向上するはずです。

実際、今までTNGAプラットフォームが採用されたプリウス、C-HR、カムリ、カローラスポーツ、クラウンなどは、どれも走りや乗り心地の評価はとても高いものとなっています。

新型ハリアーは、先日発売されたレクサスUXと同じプラットフォームが採用されるはずです。

レクサスUXは、走り、乗り心地ともに非常に高いレベルに仕上がっていて、上位モデルのレクサスNXよりも良いくらいです。

このプラットフォームが使われるのなら、新型ハリアーも乗り心地、走りのレベルアップは間違いないですね。

高級SUVとしての走行性能と乗り心地を向上させることができれば、見た目も中身も良いSUVとして、さらに価値が高まりそうです。

タケシ
現行ハリアーは、走りと乗り心地がウィークポイントだったから、改善されるといいね。

新型ハリアーのパワートレイン

タケシ
新型ハリアーのエンジンは新しくなるのかな?
N氏
2.0Lガソリンエンジンとハイブリッドは新しくなるだろう。

フルモデルチェンジされる、新型ハリアーのパワートレインは、2.0Lガソリンエンジン、2.0Lターボエンジン、2.5Lハイブリッドの3種類がラインナップされると予想されています。

種類自体は同じですが、2.0Lガソリンエンジン、2.5Lハイブリッドは、新しいものが搭載されるでしょう。

2.0Lガソリンエンジン、2.5Lハイブリッドは、新型RAV4に搭載されるものと同じものが搭載されると予想されています。

それぞれのパワートレインの予想スペックを紹介します。

<2.0Lガソリンエンジン>
最高出力・・・174ps/6600rpm
最大トルク・・・21.3kgm/6600rpm

<2.5Lハイブリッド>
エンジン最高出力・・・130kW(176ps)/5700rpm
エンジン最大トルク・・・220Nm(22.4kgm)/3600-5200rpm
モーター最高出力・・・150ps
モーター最大トルク・・・28kgm

<2.0Lターボ>
最高出力・・・231ps/5200-5600rpm
最大トルク・・・35.7kgm/1650-4000rpm

タケシ
先に発表されるRAV4のスペックも要チェックだね!

新型ハリアーのボディサイズ

タケシ
新型ハリアーは、サイズが大きくなるのかな?
N氏
国内専用車だから、同じくらいの大きさになるはずだ。

ハリアーのボディサイズは、全長4,725mm×全幅1,835mm×全高1,690mmです。

フルモデルチェンジされる新型ハリアーは、全幅がわずかに大きくなるかもしれませんが、基本的なサイズは現行と同程度になると予想されています。

ハリアーは、引き続き国内専用車なので、これ以上大きくすることはないとみられています。

現行ハリアーは、ボディの全長に比べて、ホイールベースが短いという特徴がありました。

これは、もともとレクサスRXの兄弟車だったハリアーが、フルモデルチェンジでRAV4やレクサスNXとシャシーを共有するようになったのですが、ホイールベースはレクサスNXと同等ながら、車格感を失わないようボディサイズを大きくしたためです。

新型ハリアーでは、ホイールベースが30mm延長されて、2,690mmになるのとみられているですが、30mm程度の延長では、やはり他の車よりはちょっとオーバーハングが長いデザインは変わらなさそうです。

新トヨタセーフティセンス採用

フルモデルチェンジされる新型ハリアーには、新しいトヨタセーフティセンスが採用されると予想されています。

新しいトヨタセーフティセンスの機能は、以下のとおりです。

・プリクラッシュセーフティ
・レーントレーシングアシスト
・レーンディパーチャーアラート
・レーダークルーズコントロール
・アダプティブハイビームシステム
・ロードサインアシスト
・先行車発進告知機能

現行ハリアーには、トヨタセーフティセンスPが採用されていますが、正直時代遅れ感が否めません。

<トヨタセーフティセンスP>
・プリクラッシュセーフティ
・レーンディパーチャーアラート
・アダプティブハイビームシステム
・レーダークルーズコントロール

ライバルのSUVと比べても比較的価格が高めの割に、予防安全性能は劣っていましたが、これでライバルにも見劣りしないくらいの予防安全性能を獲得できるでしょう。

タケシ
ここ数年で、予防安全性能の進化はすごいもんね。

新型ハリアーの価格

タケシ
ずいぶん進化するみたいだから、値段は高くなるのかな?
N氏
そうだな。現行型よりは高くなりそうだ。

新型ハリアーは、各パワートレインともに、現行型よりも15万円ほど高くなると予想されています。

<新型ハリアー予想価格>
2.0Lガソリン車・・・310万円~
2.0Lターボ車・・・350万円~
2.5Lハイブリッド車・・・390万円~

N氏
新しい情報が入ったら、また更新するぞ。

車の買い換えを検討中の方へ

お得に車を買い換えるには、今乗っている車をいかに高く売るかが大切です。

以下のリンクから、自分の車が最高いくらで売れるのかを知ることができます。

>>あなたの愛車、今いくら? 30秒で完了無料査定
必ず売らないといけないということはありませんし、もちろん無料なので、一度試してみてください。

スポンサーリンク

特別仕様車、STYLE BLUEISH登場!

■発売日

ハリアー特別仕様車、STYLE BLUEISHの発売日は、2018年9月3日です。

■特別装備

ハリアー特別仕様車、STYLE BLUEISHの特別装備を紹介します。

・専用シート表皮(ブラック×ブルー)
・ブルー木目ドアスイッチベース
・ブルー木目シフトパネル
・ブルーステッチ(シート表皮、インストルメントパネル、ドアトリム、コンソール、ステアリング)
・専用18インチ切削光輝ブラック塗装アルミホイール
・ヘッドランプエクステンション
・漆黒メッキフードモール
・漆黒メッキサイドプロテクションモール

STYLE BLUEISHという名前からも分かるように、ブルーがアクセントとして入っている特別仕様車です。

ドアスイッチベースやシフトパネルのブルー木目は結構目立つので、乗る人を選ぶかもしれません。

■価格

ハリアー特別仕様車STYLE BLUEISHは、最上級グレード、PROGRESSがベースとなるので、価格は結構高くなると予想されています。

<PROGRESSベース>
ガソリン車・・・3,810,240円
ターボ車・・・4,080,240円
ハイブリッド車・・・4,634,280円

<PREGRESS メタルアンドレザーパッケージベース>
ガソリン車・・・4,160,160円
ターボ車・・・4,410,720円
ハイブリッド車・・・4,605,120円

ベース車両よりも、3万円ほど高くなっています。

2017年マイナーチェンジ情報

■発売日

ハリアーのマイナーチェンジは、2017年6月8日です。

新型ハリアーの納期は1~2ヶ月と、フルモデルチェンジ直後に比べればさほど伸びていません。

■デザイン

エクステリアは、フロントグリルやブレーキランプ、ホイールのデザインが若干変更されます。

これまでのハリアーは、グレードによってホイールやインテリアのデザインなどが差別化されていましたが、新型ハリアーでは、グレードに加え、ターボ車とそれ以外でもデザインが差別化されています。

大きな違いを紹介すると、

エレガンス・・・ハロゲンハイビーム
プレミアム以上・・・三眼LEDヘッドライト、シーケンシャルウインカー、上級ホイール
メタル&レザーパッケージ・・・プレミアムナッパ本革シート
ターボ車・・・スモーク調ヘッドランプ、専用フロントグリル、専用アルミホイール、カーボン、レッドステッチの専用インテリア

全車共通・・・メーカーオプションナビが9.2インチに拡大

ざっくりですが、こんな違いがあります。

画像で見てみましょう。

ガソリン車、ハイブリッド車 エレガンス

ha1.jpg
出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”

ガソリン車、ハイブリッド車、プレミアム以上

ha2.jpg
出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”

ターボ車

ha3.jpg
出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”

リヤ

ha4.jpg
出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”

ガソリン車、ハイブリッド車のインテリア

ha5.jpg
出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”

ターボ車のインテリア

ha6.jpg
出典https://newsroom.toyota.co.jp/ ”

グレードやパワートレインによって細かな違いが色々と設けられています。

スポンサーリンク

■カラーラインナップ

新色として、ダークレッドマイカメタリック、ダークブルーマイカメタリックが追加されます。

ダークレッドマイカメタリック

ダークブルーマイカメタリック

また、ブラッキッシュアゲハガラスフレーク、ブラッキッシュレッドマイカ、ダークブラウンメタリックが廃止されました。

■パワートレイン

マイナーチェンジと同時に、2.0Lターボエンジンが追加されました。

搭載されるエンジンは、レクサスNXに搭載されるものとほぼ同じで、

最高出力・・・231ps/5200-5600rpm
最大トルク・・・35.7kgm/1650-4000rpm
燃費・・・13km/L
です。

NAエンジンではちょっと非力だという声も多かったですが、ターボエンジンはハイブリッド以上の加速を実現します。

■ターボ車専用装備

ハリアーのターボ車は、スポーティーなグレードという位置づけで、走りを良くするための専用装備が採用されます。

・専用スポーツモードを追加
・フロント、リヤにパフォーマンスダンパーを採用

といった、パフォーマンスに関わる部分も強化されており、高速走行時の優れた安定性や操縦安定性を確保しています。

スポンサーリンク

■トヨタセーフティセンスP搭載

新型ハリアーには、トヨタセーフティセンスPが採用されます。

トヨタセーフティセンスPは、
・プリクラッシュセーフティシステム
・レーンディパーチャーアラート
・オートマチックハイビーム
・レーダークルーズコントロール

のパッケージです。

新型ハリアーには、トヨタセーフティセンスPが全グレード標準装備になりました。

従来のハリアーにも自動ブレーキなどが搭載されていましたが、大幅な性能の向上を実現しました。

■その他注目点

・シフトレバーと連動して、自動で作動、解除ができる電動パーキングブレーキの採用

・インテリジェントクリアランスソナーの性能が向上

・ウインカーやステアリング操作と連動する、LEDコーナリングランプを採用

など、細かい部分も改良されています。

■価格

マイナーチェンジを機に、ベースグレードのGRANDが廃止、最上級グレードとしてプログレスが設定されます。

また、プレミアムとプログレスには、メタル&レザーパッケージというパッケージも用意されます。

ベースグレードの廃止に合わせて、トヨタセーフティセンスPが全車標準装備となることもあり、価格は全体的に高くなりました。

新型ハリアーのグレード別価格は、

ガソリン車
エレガンス・・・2,949,480円
プレミアム・・・3,249,720円
プレミアム メタル&レザーパッケージ・・・3,599,640円
プログレス・・・3,780,000円
プログレス メタル&レザーパッケージ・・・4,129,920円

ターボ車
エレガンス・・・3,380,400円
プレミアム・・・3,519,720円
プレミアム メタル&レザーパッケージ・・・3,850,200円
プログレス・・・4,050,000円
プログレス メタル&レザーパッケージ・・・4,380,480円

ハイブリッド車
エレガンス・・・3,774,600円
プレミアム・・・4,074,840円
プレミアム メタル&レザーパッケージ・・・4,424,760円
プログレス・・・4,604,040円
プログレス メタル&レザーパッケージ・・・4,953,960円

です。

また、マイナーチェンジに合わせて特別仕様車、Style ASHと、G’sは販売終了となります。

G’sは、後からGR(?)と名前を変えて復活する予定です。

■カスタムモデル

新型ハリアーには、3種類のスタイリングパッケージと、2種類のモデリスタカスタムモデル、2種類のTRDカスタムモデルが用意されています。

スポンサーリンク

ハリアーの魅力

ハリアーは、ラグジュアリーSUVの先駆者として、インテリア、エクステリアの高級感が魅力的な車です。

現行ハリアーは、シャシーをRAV4と共有し、2.0Lエンジンを搭載するなど、走行性能は割り切った部分がありますが、インテリア、エクステリアは先代ハリアーを上回る質感を持っています。

このクラス、この価格帯のSUVで、ハリアーを上回る質感を実現している車は今のところないので、走りよりも見た目の高級感を重視する人に大人気となっています。

現行ハリアーがフルモデルチェンジされたばかりの時は、納期がとても長くなりました。

現在の納期は1ヶ月程度と特に長くありませんが、マイナーチェンジ直後は、再び2~3ヶ月程度になると予想されています。

オーダーを受け付けていない時期も含めると、これから数ヶ月間、ハリアーを手に入れることは難しくなるので、早めにほしい方は今のうちに駆け込みで注文するのが良いでしょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする